お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-06
09:20
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
顔の3次元点群からの対称面検出と対称性解析
細木大祐陸 慧敏金 亨燮九工大)・木村菜美子大河内孝子野添悦郎中村典史鹿児島大IMQ2019-66 IE2019-148 MVE2019-87
 [more] IMQ2019-66 IE2019-148 MVE2019-87
pp.263-266
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
15:15
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 対称性解析に基づく3次元データから顔の対称面検出
細木大祐陸 慧敏金 亨燮九工大)・木村菜美子大河内孝子野添悦郎中村典史鹿児島大IMQ2018-74 IE2018-158 MVE2018-105
口唇裂は日本において約500人に1人の割合で発生する.左右対称な外鼻を形成することを目的として治療が行われているが,医師... [more] IMQ2018-74 IE2018-158 MVE2018-105
pp.285-286
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
15:40
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 対称性解析に基づく口唇裂3次元点群からの正中面の抽出法
山田真志陸 慧敏金 亨燮九工大)・木村菜美子大河内孝子野添悦郎中村典史鹿児島大IMQ2018-75 IE2018-159 MVE2018-106
口唇裂治療において審美性の向上は,患児の心理的,社会的ストレスを低減させるためにも重要視される問題の一つである.本論文で... [more] IMQ2018-75 IE2018-159 MVE2018-106
pp.287-290
WIT, SP
(共催)
2018-10-28
12:10
福岡 九工大・百周年中村記念館 ニューラルネットワークを用いた構音特徴分析手法とその口蓋裂患児への適用
江藤彰洋荒川大貴手塚征宏中村典史坂田 聡上田裕市熊本大SP2018-47 WIT2018-35
構音障害の臨床やリハビリの現場では,医師や言語聴覚士により症状の診断がされており,聴覚評価は聞き手の聴覚経験に左右され主... [more] SP2018-47 WIT2018-35
pp.79-84
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会