お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS 2019-11-01
10:35
鹿児島 霧島ホテル Things as a Serviceを実現するFed4IoTプラットフォームの研究開発
金井謙治早大)・吉田英聖金沢工大)・金光永煥東京工科大)・中里秀則早大)・横谷哲也向井宏明金沢工大)・中村健一上杉 充パナソニックCS2019-69
 [more] CS2019-69
pp.39-44
RCS, IN, NV
(併催)
2019-05-16
10:45
神奈川 慶應義塾大学 [依頼講演]スマートシティアプリケーションに拡張性と相互運用性をもたらす仮想IoT-クラウド連携基盤の研究開発 ~ "仮想サイロ"アーキテクチャの検討 ~
中村健一上杉 充パナソニック)・金井謙治中里秀則金光永煥早大)・横谷哲也向井宏明金沢工大IN2019-2 RCS2019-23
スマートシティで展開されるIoTアプリケーションを低コストで連携運用すべく、筆者らはスマートシティアプリケーションに拡張... [more] IN2019-2 RCS2019-23
pp.7-12(IN), pp.19-24(RCS)
IN, NS
(併催)
2019-03-05
10:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター 通信および計算資源の有効活用のためのIoTデバイス仮想化の性能評価
小川啓吾金井謙治中村健一金光永煥甲藤二郎中里秀則早大NS2018-224
スマートシティIoTアプリケーションの容易な展開,開発実現のため,通信帯域や計算資源を効率良く活用するプラットフォームが... [more] NS2018-224
pp.183-188
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
15:15
広島 尾道市民会館 [依頼講演]異なるIoTプラットフォームの相互運用を実現する仮想IoT-クラウド連携基盤(Fed4IoT)の研究開発プロジェクトの紹介
金井謙治中里秀則金光永煥早大)・田崎 創IIJ)・中村健一上杉 充パナソニック)・横谷哲也向井宏明金沢工大)・甲藤二郎早大NS2018-165 RCS2018-226
現在,IoTデバイスの普及やクラウド技術に発展に伴い,スマートシティビジネスの市場拡大が進んでいる.スマートシティビジネ... [more] NS2018-165 RCS2018-226
pp.41-46(NS), pp.47-52(RCS)
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-11-30
11:10
徳島 徳島大学 工業会館 スマートシティアプリケーションに拡張性と相互運用性をもたらす仮想IoT-クラウド連携基盤の研究開発 ~ 全体構想と今後の展望 ~
金井謙治中里秀則金光永煥早大)・田崎 創IIJ)・中村健一上杉 充パナソニック)・横谷哲也向井宏明金沢工大)・甲藤二郎早大CS2018-81 IE2018-60
多様なIoTデバイスの導入や高度情報処理基盤の整備が進む中,スマートシティのさらなる発展において,より多様な事業者がスマ... [more] CS2018-81 IE2018-60
pp.77-82
MoNA, IN
(併催)
2015-11-18
13:30
熊本 熊本大学(黒髪南地区)(桜島の火山活動が活発なため鹿児島市から変更) 情報指向ネットワークの解くべき課題
浅見 徹高木 雅川原圭博東大)・田上敦士KDDI研)・中村健一パナソニック)・柳生智彦NEC)・中里秀則早大IN2015-67
本稿では,通信の秘密,トラヒックエンジニアリング,情報漏洩防止という観点から,現在主流となっているSSL/TLS による... [more] IN2015-67
pp.35-40
LQE, ED, CPM
(共催)
2008-11-28
09:25
愛知 名古屋工業大学 MOVPE法によるAlGaN結晶成長の熱流体計算解析
平子 晃市川晶也中村健一大川和宏東京理科大ED2008-170 CPM2008-119 LQE2008-114
我々はこれまでにGaNおよびAlNのMOVPE法における反応過程を熱化学流体計算で解析してきた。AlN成長では原料の急激... [more] ED2008-170 CPM2008-119 LQE2008-114
pp.89-92
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会