お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 114件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS 2021-07-16
10:35
ONLINE オンライン開催 IoTデバイスをIoTサービス間で柔軟に共用する機構の開発
高橋圭介金井謙治中里秀則早大)・中村健一パナソニックCS2021-34
 [more] CS2021-34
pp.80-81
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
09:00
ONLINE オンライン開催 低背な空中超音波トランスデューサの放射特性
信太仰平和田有司・○中村健太郎東工大US2020-77
センシング用途に加え,微小物体の非接触マニピュレーションやハプティックデバイスなどへ空中超音波の応用が広がっている.そこ... [more] US2020-77
pp.1-6
PN 2021-03-01
16:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ブリルアン散乱に基づく分布型光ファイバセンサの高性能化
水野洋輔横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大PN2020-47
光ファイバに沿った任意の位置で歪や温度を測定できるセンサを「分布型光ファイバセンサ」と呼ぶ。ビルの内壁やトンネル、ダム、... [more] PN2020-47
pp.30-37
DC 2021-02-05
14:50
ONLINE オンライン開催 テスト容易化機能的時間展開モデルの情報を用いたテスト生成法
中村健太石山悠太細川利典日大DC2020-76
 [more] DC2020-76
pp.42-47
NC, NLP
(併催)
2021-01-22
15:05
ONLINE オンライン開催 Siamese Neural Networksを用いたヒト・ロボット協調作業中のエラー関連電位の検出
中村健太郎夏目季代久九工大NLP2020-52
 [more] NLP2020-52
pp.64-69
SRW 2021-01-18
11:15
ONLINE オンライン開催 Wireless Poweredリレー伝送における中継局数の影響について
中村健志佐々木重信新潟大SRW2020-44
本報告では,無線センサネットワークの中継局にRFエネルギーハーベスティング(RF-EH)機能を導入したWireless ... [more] SRW2020-44
pp.13-17
US 2020-12-14
15:15
ONLINE オンライン開催 接着された圧電素子の遠隔励振による非接触でのボルト緩み検出
長谷部和彦和田有司中村健太郎東工大US2020-53
ボルトの定期的な点検は構造物の健全性を保つために重要であり、簡便な検査方法が求められている。非接触での検査手法は、実現で... [more] US2020-53
pp.18-23
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2020-11-12
13:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]傾斜利用BOCDRの最新展開
李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2020-37
(事前公開アブストラクト) 我々は、ブリルアン散乱を用いた分布型光ファイバセンサの機能進化を推進している。特に、光ファイ... [more] OFT2020-37
pp.1-6
OFT 2020-10-08
10:50
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]プラスチック光ファイバに描画したFBGの動作波長帯の劇的拡大
元石直樹野田康平東工大)・李 ひよん芝浦工大)・セオドシオ アントリースカリ キリアコスキプロス工科大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2020-18
光ファイバ・ブラッグ・グレーティング(FBG)を用いた高速歪測定として、ブラッグ波長の周波数シフトを、反射スペクトルのス... [more] OFT2020-18
pp.37-40
OFT 2020-10-09
15:20
ONLINE オンライン開催 OCDRを用いた偏波状態の分布測定
野田康平東工大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2020-36
光ファイバセンサは、長距離計測が可能であり、軽量・細径で取り回しが良いなど多くの利点を有するため、世界中で精力的に研究さ... [more] OFT2020-36
pp.118-121
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2020-07-31
16:15
ONLINE オンライン開催 データ量に基づく可検査性尺度を用いたテスト容易化機能的時間展開モデル生成法
中村健太細川利典石山悠太日大)・藤原秀雄阪学院大CPSY2020-13 DC2020-13
 [more] CPSY2020-13 DC2020-13
pp.81-86
EA, US
(併催)
2020-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]超音波型液晶レンズの透過光特性評価
福井鞠奈小山大介原田裕生同志社大)・江本顕雄徳島大)・中村健太郎東工大)・松川真美同志社大US2019-81 EA2019-94
液晶は固体と液体の中間状態であり,その中でもnematic液晶は流動性が高く,電界等の外力により容易に分子配向を制御可能... [more] US2019-81 EA2019-94
pp.63-66
CS 2019-11-01
10:35
鹿児島 霧島ホテル Things as a Serviceを実現するFed4IoTプラットフォームの研究開発
金井謙治早大)・吉田英聖金沢工大)・金光永煥東京工科大)・中里秀則早大)・横谷哲也向井宏明金沢工大)・中村健一上杉 充パナソニックCS2019-69
 [more] CS2019-69
pp.39-44
RCS, IN, NV
(併催)
2019-05-16
10:45
神奈川 慶應義塾大学 [依頼講演]スマートシティアプリケーションに拡張性と相互運用性をもたらす仮想IoT-クラウド連携基盤の研究開発 ~ "仮想サイロ"アーキテクチャの検討 ~
中村健一上杉 充パナソニック)・金井謙治中里秀則金光永煥早大)・横谷哲也向井宏明金沢工大IN2019-2 RCS2019-23
スマートシティで展開されるIoTアプリケーションを低コストで連携運用すべく、筆者らはスマートシティアプリケーションに拡張... [more] IN2019-2 RCS2019-23
pp.7-12(IN), pp.19-24(RCS)
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]Noise reduction in POF-based Brillouin sensing
Heeyoung LeeKohei NodaYosuke MizunoKentaro NakamuraTokyo TechOFT2019-1
 [more] OFT2019-1
pp.1-6
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]外部変調方式を用いたブリルアンOCDR
野田康平李 煕永水野洋輔中村健太郎東工大OFT2019-2
従来のブリルアン光相関領域反射計(ブリルアンOCDR; BOCDR)は、レーザの駆動電流の直接変調に基づいて動作していた... [more] OFT2019-2
pp.7-10
OFT 2019-05-16
16:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]mmオーダのプラスチック光ファイバ中の多モード干渉の観測
萩原園子野田康平松谷夏樹李 煕永水野洋輔中村健太郎東工大OFT2019-10
我々は,多モード光ファイバ(MMF)中の多モード干渉に基づく温度センサについて研究を進めている. 本研究では,MMFとし... [more] OFT2019-10
pp.41-44
NLP 2019-05-10
13:25
大分 J:COM ホルトホール大分 ロボットの環境地図作成時、ロボットが間違った行動をした時のヒト脳波の研究
中村健太郎夏目季代久九工大NLP2019-2
 [more] NLP2019-2
pp.7-12
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
10:45
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス [招待講演]リアルタイムHEVCエンコーダLSIの開発とその展開
中村 健NTTCQ2018-110
2015年にIPTV,CS放送にて4K放送が始まり2018年には4K/8K衛星放送の本放送が開始されるなど,超高精細映像... [more] CQ2018-110
p.97
IN, NS
(併催)
2019-03-05
10:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター 通信および計算資源の有効活用のためのIoTデバイス仮想化の性能評価
小川啓吾金井謙治中村健一金光永煥甲藤二郎中里秀則早大NS2018-224
スマートシティIoTアプリケーションの容易な展開,開発実現のため,通信帯域や計算資源を効率良く活用するプラットフォームが... [more] NS2018-224
pp.183-188
 114件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会