お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2018-11-22
09:55
京都 京都大学 グレリン投与による睡眠・覚醒および覚醒中枢の活動評価
但馬俊貴奥村亮典向 拓也山下大海柿澤太一金 主賢中島一樹富山大MBE2018-37
 [more] MBE2018-37
p.7
MBE, NC
(併催)
2018-03-14
13:35
東京 機械振興会館 補高便座に組み込み型の排尿測定システムに関する研究
中島一樹飯國高弘池上駿介井上大輔金 主賢富山大)・萩原 衛リッチェル)・金山義男NECMBE2017-105
健康に生活するためには摂食と同様に排泄も重要である.計測対象が不潔であるためか計測機器の開発が十分に進んでおらず,定量デ... [more] MBE2017-105
p.125
MBE 2017-09-23
14:55
長野 長野工業高等専門学校 高齢者見守り機器を用いたテレビ使用状態と活動度の関係
舟根利恵子金 主賢・○中島一樹富山大MBE2017-38
現在の日本は高齢化や核家族化が進み,独居高齢者やその家族は孤独死などの不安を抱えている.そこで我々は家庭への普及率が高い... [more] MBE2017-38
pp.21-22
MBE, BioX
(共催)
2017-07-29
15:35
徳島 徳島大学 可搬型バリアフリー対応薄板を用いた歩行時振動による個人識別
杉本涼輔飯國高弘富山大)・金 主賢NEC)・金山義男中島一樹富山大BioX2017-19 MBE2017-28
 [more] BioX2017-19 MBE2017-28
pp.53-56
MBE 2017-06-16
13:50
北海道 北海道大学 オス犬用尿吸収量評価のためのオムツカバー型センサの開発
山本慎太郎金 主賢中島一樹富山大MBE2017-16
犬は排尿によって室内を汚してしまうことがある.この問題を防止するために飼い主は犬にオムツを着用させる.オムツ内の尿吸収量... [more] MBE2017-16
pp.27-30
MBE, NC
(併催)
2017-05-26
16:10
富山 富山県立大学 ラット側脳室内へのグレリン投与が睡眠・覚醒行動に及ぼす作用
但馬俊貴金 主賢中島一樹富山大MBE2017-9
中枢神経系における睡眠・覚醒の制御は生命維持に重要な生理機能である.内因性ペプチドであるグレリンが睡眠・覚醒行動に関与す... [more] MBE2017-9
pp.45-48
MBE, NC
(併催)
2017-05-26
16:35
富山 富山県立大学 嚥下性無呼吸に着目した飲み込み検出のための呼吸波形解析法の基礎的検討
折谷直耶斎藤匡浩金 主賢中林美奈子富山大)・坪内奈津子林 一枝梨雲苑)・中島一樹富山大MBE2017-10
本研究は,介護者の食事介助時の負担を軽減するセンサの開発を目的とした.我々は,ウェアラブルセンサを用いて被介護者の飲み込... [more] MBE2017-10
pp.49-52
MICT 2016-11-05
09:00
大阪 大阪国際交流センター [招待講演]嚥下と排泄のセンサ開発
中島一樹富山大MICT2016-55
社会の高齢化に伴い,介護施設に入所する高齢者数や要介護度が高くなり,ケアスタッフの負担も増大している.食事介助の必要な高... [more] MICT2016-55
pp.43-46
MBE 2016-09-24
14:55
新潟 新潟大学 骨格筋の交流電気インピーダンス・アドミタンス計算のための新規な差分法計算法
平川博将中村晃平野村智弘金沢大)・中島一樹富山大)・淺井 仁山崎俊明宮地利明古荘浩司関根克尚金沢大MBE2016-28
交流電気インピーダンス,アドミタンスの計測を骨格筋の非侵襲的構造解析の手段として活用するためには,骨格筋の構造とインピー... [more] MBE2016-28
pp.25-28
ITE-ME, ITE-IST
(共催)
BioX
(連催) [詳細]
2016-06-20
14:40
石川 石川四高記念文化交流館 歩行時の床振動特徴による個人識別
杉本涼輔眞野悠磨金 主賢中島一樹富山大BioX2016-1
疾病の早期発見・治療のため,家庭内のトイレや浴槽から生理情報を自動取得するセンサシステムが研究・開発されている.しかし,... [more] BioX2016-1
pp.15-18
MBE, NC
(併催)
2016-05-21
16:35
富山 富山大学 トイレ立ち上がり時の転倒防止を目指したセンサシステム開発に関する研究
飯國高弘池田一生金 主賢中島一樹富山大MBE2016-8
入院患者は個室トイレでの立ち上がり時に転倒することがある.転倒を防止するためには,入院患者が立ち上がる前に看護師へ自動報... [more] MBE2016-8
pp.41-44
MBE 2015-05-23
10:20
富山 富山県立大学 ブラックライトを用いた高齢者の徘徊防止システム用衣服への蛍光印刷法に関する研究
明石拓斗山本 彪山本みづき金 主賢中島一樹富山大MBE2015-1
ブラックライトを用いた高齢者の徘徊防止支援システムが開発されている.このシステムで使用した蛍光塗料には二つの問題がある。... [more] MBE2015-1
pp.1-5
MBE 2014-05-24
10:45
富山 富山大学 オムツ吸収量を評価するセンサ開発に関する基礎的研究
紺野秀士郎山下幸太金 主賢中島一樹富山大MBE2014-1
本研究はオムツの尿吸収量を評価するセンサの開発を目指した基礎的研究である.絶縁フィルムに銀と炭素ペーストで印刷された電極... [more] MBE2014-1
pp.1-4
MBE 2014-05-24
11:10
富山 富山大学 トイレ排尿量評価のための温度センサに関する研究
藤田紘也勝井峻平金 主賢中島一樹富山大MBE2014-2
排泄される尿温はヒトの中枢温である.排尿を検出し排尿量を評価するために非接触マトリクス温度計が便座下に設置された.マトリ... [more] MBE2014-2
pp.5-8
MBE 2013-05-24
09:50
富山 富山県立大学 グレリンは視床下部結節乳頭核ニューロンを脱分極する
若林祐次金 主賢中島一樹富山大MBE2013-3
胃や脳で産生される内因性ペプチドであるグレリンは摂食行動の亢進や成長ホルモン分泌を促進させる働きで知られる.またグレリン... [more] MBE2013-3
pp.11-13
MBE 2013-05-24
10:15
富山 富山県立大学 荷重センサから得られた歩行パターンによる個人識別
那須圭馬金 主賢中島一樹富山大MBE2013-4
各種の生理情報を家庭内のトイレや風呂で自動取得するセンサシステムが開発されている.トイレや風呂を共同利用する同居者がいる... [more] MBE2013-4
pp.15-18
BioX
(第二種研究会)
2013-05-24
17:40
富山 富山県立大学 [ポスター講演]食事介助のためののみ込みセンサ開発の基礎的研究
西谷光世折戸亮輔金 主賢中島一樹富山大
日本では介護度の高い介護施設利用者が年々増加している.先の研究では,介護施設職員が利用者に提供する介護技術の中で「食事介... [more]
BioX
(第二種研究会)
2013-05-24
17:40
富山 富山県立大学 [ポスター講演]ブラックライトを用いた認知症高齢者の施設外出通報システムの基礎的研究
西垣祐貴金 主賢中島一樹富山大
介護施設などにおける認知症高齢者の徘徊による外出は,介護者への大きな負担となっている.このため要介護者の危険な外出を防止... [more]
BioX
(第二種研究会)
2013-05-24
17:40
富山 富山県立大学 [ポスター講演]視床下部結節乳頭核ニューロンに対するグレリンの作用
若林祐次金 主賢中島一樹富山大
グレリンは成長ホルモン分泌促進因子受容体(GHS-R: growth hormone secretagogue rece... [more]
BioX
(第二種研究会)
2013-05-24
17:40
富山 富山県立大学 [ポスター講演]重心軌跡と荷重変化を用いた個人識別
那須圭馬金 主賢中島一樹富山大
各種の生理情報を家庭内のトイレや風呂で自動取得するセンサシステムが開発されている.トイレや風呂を共同利用する同居者がいる... [more]
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会