お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
17:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ドローン搭載LEDとカメラを用いた可視光通信におけるドローン検知精度の評価
小野寺幸仁東京農工大)・高野宏紀久野大介阪大)・中山 悠東京農工大
 [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
17:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ネットワークエッジでの軽量なDDoS緩和におけるキュー割り当て方法の検討
八重樫 遼東京農工大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大
 [more]
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-09
15:00
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]深層学習を用いたSIR推定によるブラインドアダプティブアレー干渉抑圧効果
丸田一輝東工大)・小島 駿千葉大)・久野大介阪大)・中山 悠東京農工大RCC2020-8 NS2020-37 RCS2020-71 SR2020-16 SeMI2020-8
伝搬路情報等の事前情報を用いることなく同一チャネル干渉を抑圧する手段として,ブラインドアルゴリズムを用いたアレーアンテナ... [more] RCC2020-8 NS2020-37 RCS2020-71 SR2020-16 SeMI2020-8
pp.37-41(RCC), pp.37-41(NS), pp.79-83(RCS), pp.43-47(SR), pp.31-35(SeMI)
CS, OCS
(併催)
2020-01-17
14:15
大分 別府豊泉荘(大分) 波長スワップ方式を適用した一波長双方向WDM-PONにおける冗長化に関する検討
久野大介紫尾田 将三科 健阪大)・丸田一輝千葉大)・中山 悠東京農工大)・丸田章博阪大CS2019-96
(事前公開アブストラクト) ユーザが波長チャネルを占有するWDM-PON システムでは,大容量・低遅延な通信が実現できる... [more] CS2019-96
pp.45-50
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]無線信号の可視化情報を用いた深層学習によるSIR推定
丸田一輝小島 駿千葉大)・中山 悠東京農工大)・久野大介阪大)・安 昌俊千葉大RCC2019-27 NS2019-63 RCS2019-120 SR2019-39 SeMI2019-36
モバイルトラフィックの増大に伴うスモールセル化,周波数資源の枯渇等に起因し,無線通信における電波干渉は深刻な問題となりつ... [more] RCC2019-27 NS2019-63 RCS2019-120 SR2019-39 SeMI2019-36
pp.85-86(RCC), pp.111-112(NS), pp.107-108(RCS), pp.117-118(SR), pp.99-100(SeMI)
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
14:35
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]時間領域シンボル拡散を用いたブラインド型アダプティブアレー
丸田一輝千葉大)・西森健太郎新潟大)・中山 悠青学大)・安 昌俊千葉大RCS2018-296
未知の同一チャネル干渉を抑圧する手段として,ブラインドアルゴリズムを用いたアレーアンテナが有効である.その中で,尖度最大... [more] RCS2018-296
pp.77-82
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター ユーザ提供型モバイルネットワークにおける通信速度の測定
小野寺 俊中山 悠戸辺義人青学大
 [more]
HPB
(第二種研究会)
2019-02-15
14:05
東京 東京大学生産技術研究所(変更になりました) LF/HF値と使用携帯アプリケーションの関係について
濱田佳那青学大)・駒澤真人WINフロンティア)・石塚宏紀KDDI)・柏本幸俊KDDI総合研究所)・○原 道樹中山 悠戸辺義人青学大
本研究では,COCOLOLOを利用してストレス指標の一つであるLF/HF値を取得し,無線データ層の通信ログに当たる端末と... [more]
HPB
(第二種研究会)
2019-02-15
16:20
東京 東京大学生産技術研究所(変更になりました) 天候を考慮した都市交通マルチエージェントシミュレーション
渡辺大貴青学大)・尾山武史富山県立大)・中山 悠戸辺義人青学大)・榊原一紀富山県立大
人口減少や高齢化が進んでいる現代社会のまちづくりにおいて,交通手段の設計は重要な課題である.都市交通インフラの設計には交... [more]
RCS 2018-10-19
10:30
東京 機械振興会館 適応的モバイルネットワークにおける高周波数帯車載スモールセル基地局の歩車間通信特性
丸田一輝千葉大)・中山 悠青学大)・本田一暁慶大)・久野大介阪大)・田中 健neko 9 Lab.)・安 昌俊千葉大RCS2018-167
増大するモバイルトラフィックを限られた周波数資源下で効率的に収容する手段として無線基地局のスモールセル化が有効である.一... [more] RCS2018-167
pp.89-94
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-06
16:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 [依頼講演]5G/IoT時代のマルチサービス収容レイヤ2ネットワーク制御技術
鵜澤寛之久保尊宏中山 悠久野大介柴田直剛深田陽一寺田 純NTTNS2018-94 IN2018-28 CS2018-47
5G/IoT (Internet of Things) 時代の無線アクセスシステムの経済的構築のために,モバイルネットワ... [more] NS2018-94 IN2018-28 CS2018-47
pp.35-40
CS, CAS
(共催)
2018-03-12
10:20
福岡 九州大学 西新プラザ 光ファイバ数削減に向けたモバイルフロントホールの無線リンク収容
久野大介阪大)・中山 悠東大)・丸田一輝千葉大)・丸田章博阪大CAS2017-135 CS2017-89
Centralized radio access network(C-RAN)は,モバイル基地局のアンテナ部を含むDis... [more] CAS2017-135 CS2017-89
pp.13-17
CS, CAS
(共催)
2018-03-12
14:00
福岡 九州大学 西新プラザ 有線・無線協調ネットワーク復旧システムにおけるリカバリノード配置法
中山 悠東大)・丸田一輝千葉大)・堤 卓也neko 9 Lab.)・瀬崎 薫東大CAS2017-141 CS2017-95
自然災害時の通信インフラ損傷によるFTTH (Fiber To The Home)等の有線ネットワークの広範囲障害に対し... [more] CAS2017-141 CS2017-95
pp.47-52
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-07
09:25
宮城 東北大学 電気通信研究所 5G/IoT時代のレイヤ2ネットワーク技術
久保尊広中山 悠久野大介深田陽一寺田 純大高明浩NTTCS2017-43
モバイル通信技術の進展に伴い,Internet of Things(IoT)を活用したサービスへの期待が大きくなっている... [more] CS2017-43
pp.7-12
CS 2017-07-27
14:10
長崎 福江文化会館 [招待講演]TDD-based Mobile Fronthaulと他サービスの同一TDM-PON収容実現へ向けた実験評価
久野大介鵜澤寛之中山 悠島田達也寺田 純大高明浩NTTCS2017-25
モバイルシステム全体の経済化を図るために,モバイルフロントホール(MFH)へのTDM-PON適用が検討されている.その一... [more] CS2017-25
pp.59-64
MWP, OPE, EMT, MW, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-07-20
09:40
北海道 帯広商工会議所 [招待講演]IoTサービスを支える有無線プラットフォームにおけるレイヤ2技術
清水達也・○久保尊広中山 悠久野大介寺田 純大高明浩NTTEMT2017-7 MW2017-32 OPE2017-12 EST2017-9 MWP2017-9
無線通信技術の進展に伴い,IoT機器を活用したサービスへの期待が大きくなっている.IoT機器は,2020年には500億台... [more] EMT2017-7 MW2017-32 OPE2017-12 EST2017-9 MWP2017-9
pp.5-9
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-20
11:05
北海道 北海道大学 [ポスター講演]有線・無線協調ネットワーク復旧システムのMACレベルスループット特性
丸田一輝千葉大)・中山 悠東大)・堤 卓也京大RCC2017-26 NS2017-47 RCS2017-118 SR2017-41 ASN2017-35
自然災害時の通信インフラ損傷によるFTTH (Fiber To The Home) 等の有線ネットワークの広範囲障害に対... [more] RCC2017-26 NS2017-47 RCS2017-118 SR2017-41 ASN2017-35
pp.91-92(RCC), pp.105-106(NS), pp.145-146(RCS), pp.103-104(SR), pp.123-124(ASN)
OCS, CS
(併催)
2017-01-19
13:55
福岡 九州産業大学 TDD-based Mobile Fronthaulと他サービスの同一TDM-PON収容の提案と評価
久野大介島田達也王 寛小林孝行中山 悠寺田 純大高明浩NTTCS2016-66
(事前公開アブストラクト) モバイルシステム全体の経済化を図るために,Mobile FronthaulにTDM-PONを... [more] CS2016-66
pp.13-18
CS, CQ, NV
(併催)
2016-04-21
11:35
東京 機械振興会館 NG-PON2の波長切替およびDBAシミュレーション
中山 悠安永遼真中村浩崇寺田 純大高明浩NTTCS2016-3
将来のアクセスネットワーク技術として,NG-PON2(Next-Generation Passive Optical N... [more] CS2016-3
pp.13-18
CS, OCS
(併催)
2016-01-22
10:50
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) ユーザ収容数最大化手法を適用したSPBMに対する階層マルチリングトポロジにおける性能評価
安永遼真中山 悠持田武明木村康隆吉田智暁鈴木謙一NTTCS2015-82
自律的な経路構築によるトポロジの柔軟性と,高速な経路切換による高い信頼性を特徴とするSPBM(Shortest Path... [more] CS2015-82
pp.55-60
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会