お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-29
16:35
宮城 東北大学 [特別招待講演]光アクセス技術の新たな展開に向けて
三木哲也電通大NS2016-81 IN2016-42 CS2016-33
現在普及している光アクセス技術について、研究開発の初期からを振り返り今日までの歴史を述べる。今後の光アクセス技術は、移動... [more] NS2016-81 IN2016-42 CS2016-33
pp.39-44(NS), pp.35-40(IN), pp.17-22(CS)
NS, CS, IN
(併催)
2010-09-02
17:50
宮城 東北大学 [記念講演]通信方式研究50年:広帯域通信への道
三木哲也電通大NS2010-61 IN2010-45 CS2010-29
通信方式研究会の発足から50周年の節目に当たり、この半世紀の通信方式研究会に関連した研究会の拡大と情報通信技術の進歩を概... [more] NS2010-61 IN2010-45 CS2010-29
pp.73-78(NS), pp.9-14(IN), pp.9-14(CS)
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2010-05-28
11:30
東京 電気通信大学 工科系大学におけるPBL型専門的キャリア教育
中野和司前佛 栄竹内利明三木哲也電通大SITE2010-3
大学におけるキャリア教育の必要性が強く認識されるようになり、多くの大学で取り組まれている。これは、学生に対して、早期に社... [more] SITE2010-3
pp.19-24
IN, PN
(併催)
2008-10-10
15:50
東京 東京大学(駒場) Real-Time Allocation Scheme in Burst Switching Photonic Network
Nattapong KitsuwanEiji OkiNaoto KishiTetsuya MikiUniv. of Electro-Comm.PN2008-30
 [more] PN2008-30
pp.31-36
OFT 2008-01-24
14:45
広島 広島工業大学 波長分割多重伝送における最適単一伝送容量の一検討
奥 秀樹來住直人三木哲也電通大OFT2007-51
波長分割多重伝送における、種々の変調符号に対する最適な単一伝送速度を計算機シミュレーションにより評価した。最適な単一伝送... [more] OFT2007-51
pp.15-18
SITE 2007-11-02
13:55
東京 電気通信大学 工科系大学におけるキャリア教育とプロジェクト学習
三木哲也前佛 栄竹内利明電通大SITE2007-40
 [more] SITE2007-40
p.7
OFT 2007-03-02
13:25
東京 機械振興会館 多段接続型波長変換素子による信号再生可能な広帯域波長変換ならびにマルチキャスティング
松浦基晴來住直人三木哲也電通大OFT2006-71
利得波長帯の異なる半導体光増幅器で構成された3段カスケード接続型波長変換素子を利用し、波長動作範囲320 nmを超える広... [more] OFT2006-71
pp.5-8
ITE-BCT, IEE-CMN, OCS, OFT
(併催) [詳細]
2006-11-16
14:20
東京 機械振興会館 地下3階2号会議室 半導体光増幅器による広帯域波長変換素子を用いた広波長域ホップ型マルチキャスティング
松浦基晴來住直人三木哲也電通大OFT2006-42
全光型マルチキャスティングは、単一波長の光信号を複数の異なる波長を持つ光信号に変換する技術である。これまで、1.55-μ... [more] OFT2006-42
pp.11-14
ICM 2006-07-14
09:50
秋田 秋田大学 MPLS網におけるリアルタイム通信のための無瞬断プロテクション方式の一検討
早坂光雄三木哲也電通大TM2006-32
インターネット網を介したリアルタイム通信は増大することが予想され,MPLSのようなコネクション指向型網がその要求品質をよ... [more] TM2006-32
pp.65-70
CS, OCS, PN
(併催)
2006-05-26
13:00
静岡 静岡大学 JGNII光テストベッドを用いた160Gbit/s伝送システムの実証実験
村井 仁藤井浩三OKI)・橋本陽一NEC)・松本正行阪大)・梶川 實テレコム先端技術研究支援センター)・三木哲也電通大OCS2006-16
160Gb/s超高速光伝送技術は、次世代大容量フォトニックネットワークを構築する上で重要な基盤技術になると期待される。わ... [more] OCS2006-16
pp.37-42
OFT 2006-05-11
16:20
福岡 九州大学 半導体光増幅器を多段接続させた非線形偏波回転スイッチによる超広帯域波長変換
松浦基晴來住直人三木哲也電通大OFT2006-7
光ファイバの低損失波長帯を有効活用し、1000 波を越える光信号を波長多重(WDM)伝送させる超広帯域光ネットワークでは... [more] OFT2006-7
pp.25-30
PN 2006-03-16
11:20
沖縄 石垣島(大濱信泉記念館) 半導体光増幅器を用いたパルス幅可変多波長信号源の伝送特性
松浦基晴來住直人三木哲也電通大
半導体光増幅器を用いたパルス幅可変多波長信号源で生成された光信号の伝送特性を調べた。累積分散値の異なる伝送路において、そ... [more] PN2005-101
pp.17-20
PN 2006-03-17
16:15
沖縄 石垣島(大濱信泉記念館) 光バーストネットワークにおける動的帯域制御の実装と評価
村端良平高岡和音吉野俊哉松浦基晴來住直人三木哲也電通大
 [more] PN2005-123
pp.139-142
LQE, PN, OPE, OFT, EMT
(共催)
2006-02-02
15:55
兵庫 神戸大学 多段接続型半導体波長変換素子による広帯域波長変換
松浦基晴來住直人三木哲也電通大
将来の光通信ネットワークでは、伝送容量の増大により、使用される通信波長帯域も大幅に拡大されることが予想される。この際、よ... [more] PN2005-97 OFT2005-84 OPE2005-145 LQE2005-160
pp.65-68
IN 2005-06-17
09:25
愛知 愛知県立大学 バーストパケット損失補償のためのFECマトリクス構成法の一検討
早坂光雄マノーダ ガマゲ三木哲也電通大
インターネットを使ったリアルタイム通信は今後ますます増加することが期待され,エンド間の品質が要求される.ジッタへの要求も... [more] IN2005-23
pp.53-58
RCS, AP, WBS, MW, MoNA
(共催)
2005-03-04
17:20
神奈川 YRP 電源を不要とするROF型無線エントランス方式の検討
中嶋信生三井 宗長田 滋森本憲一川野晴子中山 健三木哲也河野勝泰來住直人電通大
 [more] WBS2004-143 AP2004-324 RCS2004-411 MoMuC2004-194 MW2004-321
pp.127-132
NS, OCS
(共催)
2005-01-28
15:35
鹿児島 鹿児島大学(郡元キャンパス) バースト型フォトニックネットワークにおける帯域可変範囲拡大法の一検討
佐藤正規菅原真司來住直人三木哲也電通大
WDM(波長分割多重)技術と光バーストスイッチ技術を組み合わせたバースト型フォトニックネットワークにおいて全体の伝送効率... [more] NS2004-198 OCS2004-158
pp.51-54
CS 2004-07-09
10:50
新潟 長岡技術科学大学 オン・デマンド型動画像配信における効果的なパケット損失補償方式の一検討
早坂光雄マノーダ ガマゲ三木哲也電通大
インターネットを使用したリアルタイム通信は増加しており,今後,特にオン・デマンド型動画像配信の増加が期待される.動画像配... [more] CS2004-31
pp.13-18
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会