お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
13:55
ONLINE オンライン開催 RoF技術を用いたミリ波帯自営ネットワークシステムの鉄道環境におけるフィールド実証
川崎 耀伊深和雄ハニズ アズリル松村 武児島史秀NICT)・柴原大樹蒲原健一郎阿部文俊石間礼次豊田晋平渡邊陽一菅原崇司JR東日本)・小川祥吾山口大介岩本功貴中村一城鉄道総研RCS2020-75
鉄道や自動車などの移動体に対し,自営業者がミリ波帯等の周波数資源を活用してローカルサービスを提供する無線ネットワークを検... [more] RCS2020-75
pp.99-104
IT 2012-09-28
10:40
群馬 草津セミナーハウス Signature Code for Multiple-Access Adder Channel
Shan LuJun ChengYoichiro WatanabeDoshisha Univ.IT2012-39
We survey error-correcting signature codes for multiple-acce... [more] IT2012-39
pp.47-52
IT 2012-07-20
17:05
愛知 豊田工業大学 Decoding Scheme for Non-Binary Signature Code
Shan LuJun ChengYoichiro WatanabeDoshisha Univ.IT2012-30
 [more] IT2012-30
pp.125-129
AP 2011-01-20
13:10
佐賀 佐賀大学 六角形アレーを用いたESPRITによる電波到来方向推定における推定精度の理論解析
小澤 純宋 光輝程 俊渡辺陽一郎同志社大AP2010-140
六角形アレーを用いたESPRITアルゴリズムによる電波到来方向推定における推定精度の理論解析を行う.六角形アレーは,幾何... [more] AP2010-140
pp.43-48
AP 2009-12-17
14:10
東京 機械振興会館 拡張ハミルトニアンアルゴリズムによるエスパアンテナの適応制御における解探索の改善
小澤 純程 俊渡辺陽一郎同志社大AP2009-152
エスパアンテナの適応制御に,ハミルトニアンアルゴリズムに運動量減衰を加えた拡張ハミルトニアンアルゴリズムを適用する.
... [more]
AP2009-152
pp.59-64
AP 2009-12-17
15:00
東京 機械振興会館 7素子六角形アレーを用いた選択関数による2D-ESPRITの到来方向推定精度向上
北田智之小澤 純程 俊渡辺陽一郎同志社大AP2009-154
7素子六角形アレーに選択関数を用いて2D-ESPRITアルゴリズムの電波到来方向推定法を提案する.まず,複数のサブアレー... [more] AP2009-154
pp.71-76
IT 2009-07-23
16:10
大阪 関西学院大学(梅田キャンパス) Joint Design of Network and Channel Coding for Multiple-Access Relay Channel
Guanghui SongDoshisha Univ.)・Ying LiXidian Univ.)・Jun ChengYoichiro WatanabeDoshisha Univ.IT2009-16
 [more] IT2009-16
pp.61-66
AP 2009-04-09
13:50
大阪 阪府大 ハミルトニアンアルゴリズムによるエスパアンテナの適応ビーム形成
小澤 純程 俊渡辺陽一郎同志社大AP2009-7
エスパアンテナの適応制御では,1系統でのアンテナ出力が制御リアクタンスの非線形関数であるため,非線形最適化アルゴリズムが... [more] AP2009-7
pp.37-42
WBS, IT, ISEC
(共催)
2006-03-17
15:00
愛知 名古屋大学(東山キャンパスIB電子情報館) 多重接続加算通信路のための誤り訂正可能なsignature符号の再帰的な構成
戸田大策程 俊渡辺陽一郎同志社大
誤り訂正可能なsignature符号の再帰的な構成法を提案する.この符号は,符号長$2^j$,符号語数$2^j$,$2^... [more] IT2005-129 ISEC2005-186 WBS2005-143
pp.201-205
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会