お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, IN, NV
(併催)
2017-05-11
14:45
東京 機械振興会館 アクセスポイントからの通信を優先した無線LAN MAC制御手法の提案と評価
後 継元中山雅哉若原 恭東大IN2017-1
CSMA/CA に基づく無線LAN の MAC 制御方式では,データ転送速度が速くなると実際のデータ転送時間に対して制御... [more] IN2017-1
pp.1-6
MoNA, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2014-03-14
15:50
神奈川 慶應義塾大学(日吉キャンパス) アドホックネットワークにおけるTCP通信のグッドプットを改善する早期再送
小原知也若原 恭東大MoNA2013-76
近年の車車間通信によるネットワークへの期待や自然災害に対する救助等への応用により,アドホックネットワークの利用の可能性が... [more] MoNA2013-76
pp.119-124
NS, IN
(併催)
2014-03-07
13:00
宮崎 宮崎シーガイア 無線LANのスループットの改善を目的とした端末のグループ化とハイブリッドアクセス制御
道下賢吾若原 恭東大NS2013-272
無線LANにおけるメディアアクセス制御方式のDCFでは,アクセスポイント(AP)の電波到達範囲内でアクティブノードが増え... [more] NS2013-272
pp.555-560
IN, NWS
(併催)
2014-01-23
15:15
愛知 名古屋国際センター [招待講演]マルチホップ無線ネットワークのスループット
若原 恭東大)・ヤオ シンルー(元)東大IN2013-125
マルチホップ無線ネットワークは、ユビキタス時代において益々有力になり、利活用が拡大していくもの考えられている。しかし、既... [more] IN2013-125
pp.45-50
ITS, IEE-ITS, IPSJ-ITS
(連催)
2013-09-02
13:30
東京 電気学会本部 Real Time Traffic Prediction in Urban Traffic Networks
Zilu LiangYasushi WakaharaUniv. of TokyoITS2013-13
 [more] ITS2013-13
pp.27-32
NS, IN
(併催)
2013-03-07
10:50
沖縄 残波岬ロイヤルホテル Comparative study of financial and voting-based reputation systems -- Experiment on feasibility of financial metric using eCommerce data sets --
Marat VyshegorodtsevDaisuke MiyamotoYasushi WakaharaUniv. of TokyoIN2012-173
評判スコアシステムは、P2P ネットワークにおける信用の実現において重要な役割を果たす。そのよ うなスコア計算では、ピア... [more] IN2012-173
pp.113-118
NS, RCS
(併催)
2012-12-13
12:30
愛媛 愛媛大学 Synchronized Multi-Hop Protocol with Fast Transmission Failure Recovery for IEEE 802.11 Multi-Hop Wireless Network under Large Interference Range
Xinru YaoZilu LiangYasushi WakaharaUniv. of TokyoNS2012-120 RCS2012-195
 [more] NS2012-120 RCS2012-195
pp.19-24(NS), pp.71-76(RCS)
NS, RCS
(併催)
2012-12-14
15:20
愛媛 愛媛大学 無線アドホックネットワークにおける信頼性の高いローカル修復
リャン ジールー若原 恭東大NS2012-139
 [more] NS2012-139
pp.133-138
IN, RCS
(併催)
2012-05-18
15:15
東京 東京工業大学 蔵前会館 マルチホップネットワークにおけるスループットの改善手法の提案
姚 忻如リャン ジールー若原 恭東大IN2012-20
 [more] IN2012-20
pp.49-54
NS, IN
(併催)
2012-03-08
11:40
宮崎 宮崎シーガイア P2P Massively Multi-player Online Role Playing Gameにおけるゲーム情報の悪用を防ぐ分散管理手法の提案と評価
山崎弘太郎妙中雄三若原 恭東大IN2011-150
近年オンラインゲームの一つMMORPGが爆発的に普及してきた。しかし、MMORPGにはサーバに大きな負荷がかかり多大なコ... [more] IN2011-150
pp.79-84
CQ, NS, ICM
(併催)
2009-11-13
13:20
石川 金沢工業大学 車車間路車間通信を用いたストリーミング配信におけるパケット到達率最大化のための基地局選択手法
松岡健太郎小川剛史若原 恭東大NS2009-112
近年,路車間通信や車車間通信を用いて安全運転支援や自動運転などを実現するシステムが注目され,盛んに研究開発が行われている... [more] NS2009-112
pp.49-54
IN 2009-07-10
11:00
北海道 北海道大学 悪意ファイル排除のためのP2P管理システム
田 偉早大)・関谷勇司若原 恭東大)・田中良明早大IN2009-33
近年利用が盛んになっているP2Pファイル交換システムでは,開放性と匿名性から,ピアの参加制御及びファイル生成ピアの追跡が... [more] IN2009-33
pp.49-54
IN, NS
(併催)
2009-03-04
11:10
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル Cut-Through Rebroadcasting for Curve Scenarios in Vehicular Ad Hoc Networks
Pakornsiri AkkharaYuji SekiyaYasushi WakaharaThe Univ. of TokyoIN2008-182
 [more] IN2008-182
pp.297-302
NS, IN
(併催)
2008-03-06
11:10
沖縄 万国津梁館(沖縄) 長遅延ネットワークにおいて効率の良いバッファ管理方式
久保 淳中村文隆若原 恭東大NS2007-158
惑星間インターネットのような長遅延環境に適したファイル転送プロトコルとしてCFDPが存在する.CFDPでは中継ノードでの... [more] NS2007-158
pp.155-160
IN 2008-01-17
13:40
愛知 名古屋工業大学 Sub-Marine Attack and its Defense in Ad Hoc Network Routing Protocols
XiaoYang ZhangYasushi WakaharaUniv. of TokyoIN2007-120
最近、アドホックネットワーク安全ルーティングプロトコルに関する研究は注目されている。この論文では、新たに「サブマリン攻撃... [more] IN2007-120
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2007-03-09
13:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター OSPFを利用したIP偽装パケット検知機能FSNの実現方法
大塚俊範中村文隆関谷勇司若原 恭東大NS2006-236
今日のインターネットにおいて、DDoS 攻撃やvirus,worm 等様々なセキュリティ問題が発生している。特にDDoS... [more] NS2006-236
pp.409-414
NS, IN
(併催)
2007-03-09
13:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 相互接続における順逆接続間隔を利用したP2Pトラヒック弁別手法
松田 崇中村文隆若原 恭田中良明早大/国際情報通信研究センターNS2006-237
近年,トラヒック制御や著作権問題,ウイルスによる個人情報流出などの問題から,P2Pトラヒックの弁別手法が求められている.... [more] NS2006-237
pp.415-420
CS 2007-01-12
10:40
沖縄 与那国(沖縄) ISPネットワークにおけるIP偽装パケット検知機能FSNの実装
大塚俊範中村文隆関谷勇司若原 恭東大CS2006-90
今日のインターネットにおいて、webやirc,DNS等をターゲットとしたDDoS攻撃が発生しているが、依然有効な対策法が... [more] CS2006-90
pp.115-120
CQ, NS, ICM
(併催)
2006-11-17
13:10
鳥取 鳥取環境大学 通信の相互性に着目したPureP2Pトラヒック弁別手法
松田 崇早大)・中村文隆若原 恭東大)・田中良明早大NS2006-134
近年ネットワークトラヒック量が逼迫した状況になっており,効率的な安定したネットワーク環境を保つためのトラヒック制御が重要... [more] NS2006-134
pp.61-66
IN, NS, CS
(併催)
2006-09-14
16:40
宮城 東北大学 [招待講演]トラヒック特徴量解析とアプリケーション弁別
中村文隆東大)・松田 崇早大)・若原 恭東大)・田中良明早大NS2006-80 IN2006-60 CS2006-26
TCP/IP 通信において、パケットの第4 層以下の情報を統計的に処理することによって得られる特徴量から、第5層以上の情... [more] NS2006-80 IN2006-60 CS2006-26
pp.57-62(NS), pp.67-72(IN), pp.25-30(CS)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会