お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 97件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-01
10:45
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) クラウドソーシングを用いた動画品質評価における行動経済学の効果検証
永来翔太早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大CQ2020-108
クラウドソーシングを用いて不特定多数の被験者に対してコンテンツの主観評価実験を行うことで,様々な環境における体感品質Qo... [more] CQ2020-108
pp.6-9
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
10:45
ONLINE オンライン開催 歩車間危険通知システムにおける位置情報誤差と危険通知誤差の関係
鈴木貴大早大)・矢守恭子朝日大)・三好 匠芝浦工大)・田中良明早大CQ2020-56
歩行者と車両の交通事故を未然に防ぐためには,歩行者と車両間(以下,歩車間)でお互いの接近を知らせ,衝突を回避する行動を促... [more] CQ2020-56
pp.50-55
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-05
11:10
東京 構造計画研究所(本所新館東京) 自動車から歩行者への危険通知と行動分析
矢守恭子朝日大)・岩井孝法金友 大里田浩三NEC)・田中良明早大SeMI2019-66
 [more] SeMI2019-66
pp.23-26
CQ
(第二種研究会)
2019-09-04
15:00
東京 大学セミナーハウス [ポスター講演]自律移動Access Point最適配置のためのQoE関数の推定
林 佑紀早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大
無線LANは広く普及したが,その結果,通信品質を満たすのは難しく,多くの課題がある.無線LANでは物理層においてマルチレ... [more]
SeMI, IPSJ-ITS, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(連催)
2019-05-23
14:10
鹿児島 奄美市社会福祉センター IoT時代におけるQoSの検討
岩井孝法NEC)・新熊亮一京大)・矢守恭子朝日大)・里田浩三大西健夫信清貴宏金友 大NECSeMI2019-3
多種多様なデバイスがネットワークに接続されるIoT(Internet of Things)の普及に伴い,自動車,ドローン... [more] SeMI2019-3
pp.85-90
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
14:45
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 拡張現実のQoE評価実験
萬亀山奈々早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大CQ2018-101
拡張現実ARを用いたアプリケーションが普及しつつある.目的や用途に応じてARを用いて表示する情報は様々であり,表示の仕方... [more] CQ2018-101
pp.49-54
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
09:00
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス アクセスポイント周辺画像提示による無線LANユーザ誘導
石田 翼早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大CQ2018-106
ユーザの行動には時間依存性や場所依存性がある.駅や空港などユーザが集中しやすい場所や時間帯では,特定のアクセスポイントに... [more] CQ2018-106
pp.79-82
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
09:25
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス SNSを用いた混雑状況提示による無線LANユーザ誘導
髙橋侑子早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大CQ2018-107
無線ネットワークにおいて,通信品質についての適切な情報をユーザに提示して誘導することで,ユーザ効用を保ちながらネットワー... [more] CQ2018-107
pp.83-86
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
09:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス SNSを用いた通信品質推定のための単語分類
切替尊明早大)・矢守恭子朝日大/早大)・田中良明早大CQ2018-108
ユーザ体感品質QoEは,アプリケーション,ユーザの状況,利用目的などと関わり合いがあるので, 単純な品質測定だけでは評価... [more] CQ2018-108
pp.87-90
CNR
(共催)
MoNA, IN
(併催) [詳細]
2018-11-15
14:40
佐賀 唐津市民交流プラザ IoTにおけるQoSに関する調査と体系化
岩井孝法NEC)・新熊亮一京大)・矢守恭子朝日大)・里田浩三大西健夫信清貴宏NECMoNA2018-29 CNR2018-26
 [more] MoNA2018-29 CNR2018-26
pp.43-48(MoNA), pp.49-54(CNR)
CNR
(共催)
MoNA, IN
(併催) [詳細]
2018-11-15
15:05
佐賀 唐津市民交流プラザ IoTにおけるQoSに関する考察
矢守恭子朝日大)・岩井孝法信清貴宏大西健夫里田浩三NEC)・新熊亮一京大MoNA2018-30 CNR2018-27
 [more] MoNA2018-30 CNR2018-27
pp.49-54(MoNA), pp.55-60(CNR)
CS 2018-07-11
17:15
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) [招待講演]自由な研究スタイルの提案
矢守恭子朝日大CS2018-11
 [more] CS2018-11
pp.3-4
CQ, CS
(併催)
2018-04-20
16:55
広島 広島工業大学 自律移動Access Pointによる無線LANのSocial Welfare最大化
林 佑紀早大)・矢守恭子朝日大)・張 成田中良明早大CQ2018-17
無線LANでは,アクセスポイントの配下に伝送速度の異なる端末が混在する場合,スループットは遅い端末の影響を受ける.これを... [more] CQ2018-17
pp.93-96
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-09
14:50
沖縄 沖縄産業支援センター MNOとMVNOのユーザ行動の差異を利用したトラヒックシフト
谷口文隆早大)・矢守恭子朝日大)・張 成早大)・古 博工学院大)・田中良明早大CQ2017-127
MVNO (Mobile Virtual Network Operator)は,MNO (Mobile Network ... [more] CQ2017-127
pp.137-140
CQ 2018-01-18
11:35
東京 国立情報学研究所 共創品質を実現するための経済学的アプローチ ~ 通信ネットワークとユーザが共に創り上げる品質 ~
矢守恭子朝日大)・岩井孝法信清貴宏大西健夫里田浩三NECCQ2017-90
無線ネットワークにおいて,ネットワークからユーザに適切な情報を与えることで,ユーザ効用を保ちつつネットワーク資源の効率的... [more] CQ2017-90
pp.29-34
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2017-11-16
10:20
香川 高松センタービル 移動通信サービスにおけるユーザ誘導のためのユーザ行動分析
谷口文隆早大)・矢守恭子朝日大)・張 成早大)・古 博工学院大)・田中良明早大CQ2017-76
あらまし 近年,MNO (Mobile Network Operator)から通信資源を借りてサービスを提供するMV... [more] CQ2017-76
pp.35-38
CQ
(第二種研究会)
2017-10-17
11:20
福岡 九州大学西新プラザ [ポスター講演]無線LANのシステムスループット向上を目的とした自律移動APの試作
古堅智仁矢守恭子曽我部雄樹奥山 徹朝日大
 [more]
CQ
(第二種研究会)
2017-08-27
13:50
埼玉 日本工業大学 [ポスター講演]端末間提携によるPerformance Anomaly軽減法
施 承佑早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大
 [more]
CS, CQ
(併催)
2017-04-21
11:05
北海道 千歳科学技術大学 瑞穂市における水害時避難支援のためのナビゲーションアプリの開発
藤澤英和・○矢守恭子朝日大CQ2017-7
 [more] CQ2017-7
pp.31-35
CS, CQ
(併催)
2017-04-21
15:35
北海道 千歳科学技術大学 Economic Analysis of Carrier-grade Wirless Local Area Network Deployment
Cheng ZhangWaseda Univ.)・Bo GuKogakuin Univ.)・Zhi LiuShizuoka Univ.)・Kyoko YamoriAsahi Univ.)・Yoshiaki TanakaWaseda Univ.CQ2017-13
With rapid increases in demand for mobile data, mobile data ... [more] CQ2017-13
pp.65-68
 97件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会