電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC, IPSJ-ICS
(連催)
2019-06-21
14:50
広島 広島経済大学 立町キャンパス 単語間距離を利用した極性判定手法の提案と実装
山田尚志田中 聡ドコモ・テクノロジNLC2019-3
SNSなどに含まれる文からセンチメントの把握や顧客満足度を推計するための感情分析で利用する文の極性判定において,文中に含... [more] NLC2019-3
pp.17-22
SDM 2018-06-25
11:20
愛知 名古屋大学 VBL3F ArまたはHe希釈リモート酸素プラズマCVDによって形成したSiO2/GaN界面の構造・特性比較
グェン スァン チュン名大)・○田岡紀之AIST-NU GaN-OIL)・大田晃生名大)・山田 永高橋言緒AIST-NU GaN-OIL)・池田弥央牧原克典名大)・清水三聡AIST-NU GaN-OIL)・宮崎誠一名大SDM2018-17
 [more] SDM2018-17
pp.5-9
SDM 2018-06-25
11:40
愛知 名古屋大学 VBL3F 高性能GaN MOSFET実現に向けたSiO2/GaN界面制御
細井卓治山田高寛野崎幹人阪大)・高橋言諸山田 永清水三聡産総研)・吉越章隆原子力機構)・志村考功渡部平司阪大SDM2018-18
GaN MOSFETは高耐圧・低損失スイッチング素子として期待されているが、その実現には良質な絶縁膜および絶縁膜/GaN... [more] SDM2018-18
pp.11-14
LQE, CPM, ED
(共催)
2017-12-01
12:30
愛知 名古屋工業大学 リモートO2プラズマ支援CVD SiO2/GaN(0001)の化学結合状態及び電気特性評価
グェンスァン チュン名大)・田岡紀之産総研)・大田晃生名大)・山田 永高橋言緒産総研)・池田弥央牧原克典名大)・清水三聡産総研)・宮崎誠一名大ED2017-61 CPM2017-104 LQE2017-74
SiH4とリモート酸素プラズマ用いたCVD(ROPE-CVD)によって形成したSiO2/GaN構造に対して、600から8... [more] ED2017-61 CPM2017-104 LQE2017-74
pp.61-64
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2013-11-07
15:00
岩手 渡り温泉さつき 動的稼働台数制御によるエレベータ省エネ群管理機能の開発
坂巻慶行田中俊明山田尚史東芝)・杉原俊雄東芝エレベータCAS2013-70 MSS2013-49
エレベータの動的稼働台数制御では一定時間周期毎にかご稼働台数を切り替えることで平均稼働台数を連続値で調整できる.オフィス... [more] CAS2013-70 MSS2013-49
pp.147-150
SDM 2010-06-22
14:10
東京 東京大学(生産研An棟) High-k/III‐V界面の組成・構造とMIS特性との関係
安田哲二宮田典幸卜部友二石井裕之板谷太郎前田辰郎産総研)・山田 永福原 昇秦 雅彦住友化学)・大竹晃浩物質・材料研究機構)・星井拓也横山正史竹中 充高木信一東大SDM2010-42
ゲート長が10 nm以下となる技術世代において駆動力向上と低消費電力化を可能にする技術としてIII-V族半導体をチャネル... [more] SDM2010-42
pp.49-54
MSS 2008-01-28
16:00
徳島 徳島大学 Aアルゴリズムを用いたエレベータ群管理制御の提案と性能評価
山田尚史愛須英之東芝CST2007-43
エレベーター群管理制御は乗客へのサービスを効率化するようにかごを割当てることが主な役割である。この効率化を図るためには、... [more] CST2007-43
pp.43-48
ISEC 2007-12-19
14:15
東京 機械振興会館 2冪算における直接計算法を用いたマルチスカラー倍算の効率性評価
山田尚志高木 剛公立はこだて未来大)・櫻井幸一九大ISEC2007-121
楕円曲線に基づくデジタル署名アルゴリズム(ECDSA)を使った署名検証において最も時間を要する演算は,2つのスカラーを用... [more] ISEC2007-121
pp.59-66
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会