お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
10:00
ONLINE オンライン開催 蔵本モデルを基本とした数理モデルで表される振動子を梯子状に結合した系でみられる位相差の伝搬現象の調査
笠井威志山内将行広島工大NLP2021-1 CCS2021-1
 [more] NLP2021-1 CCS2021-1
pp.1-4
NLP, MSS
(併催)
2021-03-16
11:10
ONLINE オンライン開催 ポアンカレ断面上での電圧の遍歴を用いた発振器を環状に結合した系でみられる5種類の波動現象の比較
平野里佳山内将行広島工大)・西尾芳文徳島大NLP2020-64
 [more] NLP2020-64
pp.53-58
NLP, MSS
(併催)
2021-03-16
11:35
ONLINE オンライン開催 位相波伝搬を伴うTHz帯域軌道角運動量通信用RTD結合発振器のシミュレーション
小柳津恭志広島市大)・濱尾知也広島工大)・藤坂尚登広島市大)・山内将行広島工大NLP2020-65
通信容量増大手段の1つとして,軌道角運動量(OAM)を持つ電磁波の重畳による多重化が考えられている.一方,負性抵抗特性を... [more] NLP2020-65
pp.59-63
NLP 2019-09-24
15:35
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス 位相反転波動もしくは位相波が伝搬している時のポアンカレ断面上での各発振器の電圧の挙動の解析
平野里佳山内将行広島工大)・西尾芳文徳島大NLP2019-62
 [more] NLP2019-62
pp.139-143
NLP, MSS
(併催)
2019-03-14
15:35
福井 福井大学 文京キャンパス 繰り返し誤り検出型のクラスタリング手法に適用したニューラルネットワークのDropout層の効果
渡邉大志山内将行広島工大)・田中 衞上智大NLP2018-130
IoT は大きく発展し続けており,インターネット上の雑然としたビックデータを有効に扱う必要が益々高まりつつある.
この... [more]
NLP2018-130
pp.31-36
NLP, NC
(併催)
2019-01-23
14:30
北海道 北海道大学 百年記念会館 ニューラルネットワークを利用した繰り返し誤り検出型の新しいクラスタリング手法の提案
渡邉大志山内将行広島工大)・田中 衞上智大NLP2018-107
IoTは大きく発展し続けており、インターネット間の雑然としたビックデータを有効に扱う必要が益々高まりつつある。
このビ... [more]
NLP2018-107
pp.63-68
CAS, NLP
(共催)
2018-10-19
11:45
宮城 東北大学 十字型発振器アレー上で位相反転波動が伝搬している時の瞬時有効電力と瞬時無効電力の振る舞いの調査
平野里佳田中幹也高野涼平山内将行広島工大CAS2018-54 NLP2018-89
 [more] CAS2018-54 NLP2018-89
pp.93-98
NLP 2018-08-08
17:05
香川 香川大学 幸町キャンパス 2枚のプリンテッド・スパイラル・インダクタを用いた回転角度測定デバイスの回転軸の移動に伴うデバイス性能の変化
萬谷海月山内将行広島工大NLP2018-63
我々は以前より,プリント基板上に構築したスパイラルインダクタである,プリンテッド・スパイラル・インダクタ(PSI)を2枚... [more] NLP2018-63
pp.51-55
NLP, CCS
(共催)
2018-06-08
11:10
京都 京都テルサ 発振器をインダクタで十字型に結合した系にみられる波動現象の無効電力の遍歴の調査
平野里佳田中幹也山内将行広島工大NLP2018-32 CCS2018-5
 [more] NLP2018-32 CCS2018-5
pp.25-30
NLP 2018-04-26
13:10
熊本 熊本大学 非線形性の強いvan der Pol発振器を環状に結合した系における揺らぎのある位相波動の調査
平野里佳田中幹也山内将行広島工大NLP2018-5
 [more] NLP2018-5
pp.19-24
NLP 2018-04-26
13:35
熊本 熊本大学 回転角度計測システムに用いる2枚のプリンテッド・スパイラル・インダクタの形状の最適化
萬谷海月山内将行走浦晴也広島工大NLP2018-6
 [more] NLP2018-6
pp.25-30
MSS, NLP
(併催)
2018-03-13
11:35
大阪 大阪大学豊中キャンパス 非線形性が強い発振器を環状に結合した系にみられる新たな波動現象の調査
平野里佳高野涼平山内将行広島工大NLP2017-104
 [more] NLP2017-104
pp.13-17
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-26
13:50
福岡 九州工業大学 環状に結合された発振器の系にみられる波動が伝搬する際の各発振器の電圧と電力の振る舞い
高野涼平山内将行広島工大NLP2017-91
自然界において広く確認される現象の一つに同期現象と呼ばれるものがある。我々はvan der Pol発振器をインダクタで環... [more] NLP2017-91
pp.29-34
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-26
14:15
福岡 九州工業大学 約-pi/2を中心とした位相波動に至る波の変化の解析
平野里佳高野涼平山内将行広島工大NLP2017-92
非線形性が強い領域において,8個のvan der Pol発振器を環状に結合した回路において、約-90度、又は約-135度... [more] NLP2017-92
pp.35-38
NLP 2017-11-06
13:45
宮城 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 十字型の系に見られる交互逆相同期を基本とした位相反転波動が中央の発振器を透過する際の位相差と瞬時周波数の挙動の解析
田中幹也山内将行広島工大NLP2017-80
 [more] NLP2017-80
pp.83-87
NLP 2017-05-11
10:20
岡山 岡山理科大学 8個のvan del Pol発振器を環状に結合した系における隣接した発振器間の位相差が伝搬する特殊な波動現象
平野里佳田中幹也高野涼平山内将行広島工大NLP2017-3
近年,様々な分野において,様々な同期現象が観測され研究がなされてきている。我々も,以前の研究で隣接した発振器間の位相状態... [more] NLP2017-3
pp.11-16
NLP 2017-05-11
11:00
岡山 岡山理科大学 3枚のプリンテッド・スパイラル・インダクタと共振現象を用いた可変変圧器の開発
谷廣憲利山内将行広島工大NLP2017-4
近年,システムの小型化により電源ユニットの小型軽量化が求められている.
電源ユニット内の変圧器においては,鉄心を有した... [more]
NLP2017-4
pp.17-22
NLP, CAS
(共催)
2015-10-06
13:45
広島 アステールプラザ(広島市) 8個の発振器で構築された4本の梯子を十字型に結合した系でみられる個別に動く位相反転波
田中幹也山内将行広島工大CAS2015-41 NLP2015-102
我々は,発振器を梯子状などに結合した系において,隣接した発振器間の位相状態を同相同期から逆相同期,
または逆相同期から... [more]
CAS2015-41 NLP2015-102
pp.109-114
NLP, CAS
(共催)
2015-10-06
14:50
広島 アステールプラザ(広島市) 円形のプリンテッド・スパイラル・インダクタを用いた可変変圧器
棚田祐司山内将行広島工大CAS2015-43 NLP2015-104
今日使用される変圧器の多くは,鉄心に複数の導線を巻いた形状をしており,大型で重いものが多い。
特に可変変圧器は,その構... [more]
CAS2015-43 NLP2015-104
pp.121-124
NLP 2015-07-21
16:20
北海道 ピパの湯 ゆ~りん館(北海道美唄市) 環状に9もしくは10個のvan der Pol発振器をインダクタによって結合した系にみられる波動現象の解析
高野涼平藤本昌平山内将行前田俊二田中 武広島工大NLP2015-73
発振器の結合系においては, 様々な同期現象が観測できる。カオス発振器を繋いだような系以外では, 同期状態が常に変化し続け... [more] NLP2015-73
pp.31-36
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会