お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SITE 2019-12-06
13:00
神奈川 神奈川大学(横浜キャンパス) 畳み込みニューラルネットワークを用いた知覚ハッシュのための中間層の分析
中谷 憲孟 昭雄森住哲也木下宏揚神奈川大SITE2019-80
本研究は、安全性と利便性を両立する新たなデジタルコンテンツの著作権管理の手法を探索する
ため、コンテンツの冗長性を利用... [more]
SITE2019-80
pp.1-6
SITE 2019-12-06
13:25
神奈川 神奈川大学(横浜キャンパス) 2つの確率モデルの組み合わせによるMulti-Label Learningの解釈について ~ ラベルを教師データとみなし、評価テクストを解釈するアプローチ ~
紅林宏祐森住哲也木下宏揚神奈川大SITE2019-81
我々は既にAIアーキテクチャを三層とする構造によるセキュリティモデルについて提案した。しかし、人間の定めたセキュリティポ... [more] SITE2019-81
pp.7-12
SITE 2019-12-06
14:15
神奈川 神奈川大学(横浜キャンパス) A Scheme of Digital Copyright Management System Based on Blockchain and Digital Watermarking -- Research on Improvement Method of Perceptual Hashing based on Machine Learning --
Zhaoxiong MengTetsuya MorizumiKU)・Sumiko MiyataSIT)・Hirotsugu KinoshitaKUSITE2019-83
 [more] SITE2019-83
pp.21-27
SITE 2019-12-06
15:40
神奈川 神奈川大学(横浜キャンパス) 論理空間の存在者及び確率測度空間の中の存在者として“存在する事” ~ 身体性の必要条件としての言語ゲーム上の分有ロゴス ~
森住哲也神奈川大SITE2019-86
AIは情報セキュリティとどの様に関わるべきであろうか?AIは大量のテクストに対して,そのクラスターを確率変数とする確率分... [more] SITE2019-86
pp.41-46
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
09:30
高知 高知工科大学 Boid的アノーテーションとLabeled-LDAによる家族的類似の推論規則生成 ~ 推論攻撃分析とcovert channel攻撃分析を統合する機械学習的アプローチ ~
紅林宏祐森住哲也木下宏揚神奈川大ISEC2019-42 SITE2019-36 BioX2019-34 HWS2019-37 ICSS2019-40 EMM2019-45
「推論攻撃とcovert channelを推論する規則」に類似する単語の類似的連鎖(Similar chain of w... [more] ISEC2019-42 SITE2019-36 BioX2019-34 HWS2019-37 ICSS2019-40 EMM2019-45
pp.243-249
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
10:55
高知 高知工科大学 必ずしも完全に分有されないロゴスと言語ゲームをつなぐ確率的存在者 ~ セキュリティモデルの限界と人工知能の可能性 ~
森住哲也神奈川大ISEC2019-49 SITE2019-43 BioX2019-41 HWS2019-44 ICSS2019-47 EMM2019-52
covert channel, inference channelをベイズ推定するための人工知能的システに於いて入力デー... [more] ISEC2019-49 SITE2019-43 BioX2019-41 HWS2019-44 ICSS2019-47 EMM2019-52
pp.317-324
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2019-03-07
16:15
徳島 グランドエクシブ鳴門 情報理論的尺度に基づく家族的類似クラスターの順序関係の学習可能性について ~ ベイジアン逆強化学習の報酬を家族的類似度と見做すこととは何か? ~
森住哲也神奈川大SITE2018-76 IA2018-68
本論文では,<私>という視点を人工知能的システムに組み込むアプローチを示す.「それぞれの<私>が他者性を如何に解釈するか... [more] SITE2018-76 IA2018-68
pp.133-140
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-26
12:10
北海道 札幌コンベンションセンター 確率測度空間に於いて脱構築装置を内在するアクセス制御について
森住哲也木下宏揚神奈川大ISEC2018-36 SITE2018-28 HWS2018-33 ICSS2018-39 EMM2018-35
ソクラテスの言葉:「ただ生きるのではなく,善く生きる」は,その文節のみ取り上げれば二項対立的である.しかしそうであろうか... [more] ISEC2018-36 SITE2018-28 HWS2018-33 ICSS2018-39 EMM2018-35
pp.281-287
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2018-03-06
12:05
栃木 鬼怒川温泉ホテル 論理学的存在者から見る確率的存在者の倫理とは何か
森住哲也神奈川大SITE2017-76 IA2017-87
SCIS2018[14]に於いて,従来のセキュリティモデルにおける論理学的アプローチを批判し,確率的モデルによって「隠れ... [more] SITE2017-76 IA2017-87
pp.213-219
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-14
15:45
東京 内田洋行東京本社ショールーム テクストの相互情報量により非文字オントロジー間を接続する概念の提案とそのケーススダディ ~ 潜在的テクストを確率変数として見る場合 ~
宋 先波森住哲也木下宏揚神奈川大ISEC2017-26 SITE2017-18 ICSS2017-25 EMM2017-29
本研究は,神奈川大学で研究されている「非文字資料」をデータベース化するテーマに連関する.しかし本論文では「非文字」とはテ... [more] ISEC2017-26 SITE2017-18 ICSS2017-25 EMM2017-29
pp.135-140
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-03
13:25
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) 機械学習を用いた推論を考慮した情報漏えいの検出
松下智樹木下宏揚森住哲也神奈川大SITE2016-65 IA2016-95
 [more] SITE2016-65 IA2016-95
pp.29-32
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-03
14:15
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) トピックモデルによる潜在的関連性を考慮した情報検索
矢田一貴木下宏揚森住哲也神奈川大SITE2016-67 IA2016-97
近年,個人や企業が扱う情報量は増加している.インターネットのデータの検索を行う上でユーザが入力したキーワードから画像が検... [more] SITE2016-67 IA2016-97
pp.37-40
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2016-11-07
13:00
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA 6階601(BC)研修室 『離見の見』の持続,そのシステムと倫理について
森住哲也神奈川大ISEC2016-50 SITE2016-40 LOIS2016-28
この試論では,『離見の見』を,<私>の振舞いを他者がどの様に見ているのか<私>が<私>の内面に於いて直観的に見る事である... [more] ISEC2016-50 SITE2016-40 LOIS2016-28
pp.1-4
SITE 2016-10-03
14:55
東京 日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館122号室 『離見の見』に於いて他者とは何か ~ 『離見の見』の構造 ~
森住哲也神奈川大SITE2016-37
振舞いの言語ゲームに他者性を組み込む概念装置は『離見の見]』である.言語ゲームに於いて,「離見の見」は『~として見られて... [more] SITE2016-37
pp.27-30
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-04
13:50
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) アスペクトとしてのパターンランゲージの解釈と倫理
森住哲也神奈川大SITE2015-77 IA2015-109
ベイズ主義に基礎づけられたトピックモデルと局所相対的な振舞の群知能を組み合わせ,テクストのパターンを交換・検索するパター... [more] SITE2015-77 IA2015-109
pp.279-284
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2015-03-06
13:30
福島 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) デジタルアーカイブ作成を前提とした民具データベースの構築
羽生敏英宮田純子神奈川大)・森住哲也ネッツエスアイ東洋)・木下宏揚神奈川大SITE2014-77 IA2014-109
近年, 博物館でのデジタル化が進んでいるが, 各博物館の持つ資料情報をインターネット上で公開するデジタルアーカイブの公開... [more] SITE2014-77 IA2014-109
pp.215-220
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2015-03-06
13:55
福島 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) ACOを用いた検索過程および検索履歴を考慮した検索手法
小泉 駿宮田純子神奈川大)・森住哲也ネッツエスアイ東洋)・木下宏揚神奈川大SITE2014-78 IA2014-110
近年,インターネットの普及により,容易に情報を検索することが可能になっている.
しかし,この検索から得られる情報は多数... [more]
SITE2014-78 IA2014-110
pp.221-226
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2015-03-06
14:45
福島 小名浜オーシャンホテル (福島県いわき市) 相互類似による引力と斥力を表現した群知能を用いた情報リソースの管理
石田克憲小泉 駿宮田純子神奈川大)・森住哲也ネッツエスアイ東洋)・木下宏揚神奈川大SITE2014-80 IA2014-112
 [more] SITE2014-80 IA2014-112
pp.233-238
SITE 2014-10-14
14:25
東京 日本大学駿河台キャンパス理工学部1号館 振舞いの<仮面>の調和とは何か ~ 「世阿弥の『花の哲学』」による進化的多元言語ゲームのユーザインタフェース概念の解釈について ~
森住哲也ネッツエスアイ東洋SITE2014-43
振舞いの群れは<仮面>である.<私>の振舞いとは<私>の<仮面>である.世阿弥の「離見の見」は自他を意識する「進化的多元... [more] SITE2014-43
pp.5-10
SITE, IPSJ-EIP, IPSJ-DCC
(連催)
2014-05-14
15:15
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 Ontology用いた非文字資料の検索
羽生敏英宮田純子神奈川大)・森住哲也ネッツエスアイ東洋)・木下宏揚神奈川大SITE2014-4
本研究では,神奈川大学21 世紀COE プログラム「人類文化研究のための非文字資料の体系化」による民
俗学研究資料の情... [more]
SITE2014-4
pp.53-58
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会