電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2016-03-05
17:10
香川 香川大学(幸町キャンパス) 非理工系学生のモデル化能力を高めるための取り組み
成瀬喜則富山高専)・春名 亮金沢学院大)・○宮地 功岡山理科大ET2015-125
筆者らは,非理工系の学生が技術者マインドを身につけることは重要であると考えて,具体的な課題解決の場面を通して,技術者や企... [more] ET2015-125
pp.175-180
ET 2016-03-05
17:50
香川 香川大学(幸町キャンパス) 本の紹介スライドを作成する授業における意識の変化
宮地 功岡山理科大)・吉田幸二湘南工科大ET2015-127
 [more] ET2015-127
pp.187-192
ET 2015-03-14
16:05
徳島 四国大学交流プラザ PowerPointを用いた商品紹介の制作の実践とその意識の変化
宮地 功岡山理科大ET2014-117
問題解決する際にコンピュータを活用できる知識と操作を確実に身に着いたものにするために,大学の授業で,PowerPoint... [more] ET2014-117
pp.181-184
ET 2013-03-29
13:40
愛媛 愛媛大学(城北地区) 演習科目におけるブレンド型授業の授業分析 ~ オペレーションズリサーチの場合 ~
宮地 功岡山理科大ET2012-91
オペレーションズリサーチの授業を演習中心で行っている.この授業において,教科書に基づいて,スライドを投映して,問題とその... [more] ET2012-91
pp.57-62
ET 2012-09-29
10:35
岡山 岡山理科大学 「コンピュータの歴史」における力に関係した意識の変容に役立つ活動
宮地 功岡山理科大)・吉田幸二湘南工科大ET2012-28
「コンピュータの歴史」の授業において,スライドを資料として配付して,スライドによって講義をし,最後に小テストと歴史の流れ... [more] ET2012-28
pp.1-6
ET 2012-09-29
13:25
岡山 岡山理科大学 協調的作問環境を活用したプログラミング教育の試み
新開純子早勢欣和富山高専)・宮地 功岡山理科大ET2012-32
 [more] ET2012-32
pp.23-26
ET 2012-09-29
15:05
岡山 岡山理科大学 簡易脳波計による学習状態の脳波の分析比較
吉田幸二坂本佑太湘南工科大)・宮地 功岡山理科大)・山田圀裕東海大ET2012-35
今までに遠隔教育やブレンディッド・ラーニングによるシステムを開発してきた.そこで,これまでは人間の状態を簡易に測定できる... [more] ET2012-35
pp.37-42
ET 2012-03-10
10:00
香川 香川高等専門学校(詫間キャンパス) ブレンド型授業の設計支援システムの利用評価
清水隼人・○宮地 功岡山理科大ET2011-113
ブレンド型授業は大学等の高等教育機関で,講義とeラーニングを組み合わせて行われる授業方法である.今後,さらにeラーニング... [more] ET2011-113
pp.73-76
ET 2011-03-04
16:30
徳島 徳島大学(変更されました) 題材の違いによるデジタルストリーテリング作成の効果の違い
宮地 功岡山理科大ET2010-106
 [more] ET2010-106
pp.83-88
ET 2010-10-30
11:00
岡山 岡山理科大学 Moodleにおけるプログラム穴埋め問題の生成と活用に関する検討
新開純子早勢欣和富山高専)・宮地 功岡山理科大ET2010-42
eラーニングの形成的テストは,学習者が学習内容の理解度を確認するための主体的学習に利用されている.また,その学習履歴デー... [more] ET2010-42
pp.7-10
ET 2010-10-30
11:30
岡山 岡山理科大学 テレビ会議を用いた日中間の国際合同ゼミによる卒業研究を促進する効果の2年間の比較
宮地 功岡山理科大)・吉田幸二湘南工科大ET2010-43
2007年に日本のA大学と中国のB大学の間で,簡易なテレビ会議システムを用いて,評価活動を取り入れて,母国語で合同ゼミを... [more] ET2010-43
pp.11-14
ET 2010-10-30
15:45
岡山 岡山理科大学 Javaによるゲームプログラム作成のための遠隔教育支援システム
吉田幸二坂本佑太湘南工科大)・宮地 功岡山理科大)・山田圀裕東海大)・藤井 諭松江高専ET2010-48
 [more] ET2010-48
pp.37-41
ET 2008-10-17
10:30
岡山 岡山理科大 eラーニングにおける客観テスト問題の自動生成方法の提案
宮地 功岡山理科大ET2008-39
 [more] ET2008-39
pp.1-4
ET 2008-10-17
10:55
岡山 岡山理科大 Moodleを基盤としたプログラミング教育のための穴埋め問題生成に関する検討
新開純子早勢欣和富山商船高専)・宮地 功岡山理科大ET2008-40
インターネットの普及にともない,eラーニングを活用した教育が増加している.eラーニングにおける小テストは,学習者に理解度... [more] ET2008-40
pp.5-10
ET 2007-03-09
11:55
高知 高知工科大学 eラーニング中心のブレンディッド授業の実践
宮地 功岡山理科大)・吉田幸二湘南工科大
 [more] ET2006-114
pp.49-52
ET 2005-05-14
14:40
東京 電通大 C言語学習を支援するe-ラーニング
宮地 功・○林 青松姚 華平岡山理科大)・吉田幸二湘南工科大
C言語の文法と簡単なプログラミングについて,学習できるスライドを作成した.学習項目ごとに問題を作成した.Web上でスライ... [more] ET2005-6
pp.33-38
ET 2005-03-05
10:25
徳島 徳島大学工学部 ソフトウェア開発における基本事項の理解と確認をする遠隔教育システムの試み
仲田和宏阿久津智則・○道植達哉矢野良和倉敷芸術科学大)・宮地 功岡山理科大)・市村 洋東京高専)・吉田幸二倉敷芸術科学大
 [more] ET2004-104
pp.13-18
ET 2004-10-16
09:00
岡山 倉敷芸術科学大学 情報リテラシー教育における自己紹介文の相互評価の試み
宮地 功岡山理科大
半期の情報リテラシー教育の内容として,「ワープロ」と「表計算」を実施した.3課題ずつ合計6課題を課した.ワープロの課題の... [more] ET2004-36
pp.1-4
ET 2004-10-16
09:25
岡山 倉敷芸術科学大学 講義にe-ラーニングを組み込んだ授業の学習効果
宮地 功・○姚 華平岡山理科大)・吉田幸二倉敷芸術科学大
e-ラーニングを組み込んで,講義スライドによる学習,問題による学習,学生作成教材の相互学習,および報告書の提出がWeb上... [more] ET2004-37
pp.5-10
ET 2004-10-16
11:05
岡山 倉敷芸術科学大学 Flashアニメーションを用いたコンピュータリテラシ授業の問題理解支援の試み
阿久津智則仲田和宏倉敷芸術科学大)・山田圀裕ルネサスソリューションズ)・中村俊一郎日本工大)・宮地 功岡山理科大)・吉田幸二倉敷芸術科学大
 [more] ET2004-41
pp.27-32
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会