お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, AP
(併催)
2018-11-20
11:15
沖縄 沖縄産業支援センター 導電性繊維で構成する楕円型スロットアンテナの指向性に刺繡構造が与える影響
鈴木暉人洞口大夢前田忠彦立命館大AP2018-104
衣服に装着することを想定したテキスタイルアンテナにおいて,柔軟性を重視するために
金属以外の材料として導電性繊維を用い... [more]
AP2018-104
pp.15-18
AP 2017-04-20
16:15
大阪 大阪大学 CSRRフィルターを用いた生体検知技術 ~ 人体内部の立体的電磁応答特性取得による生体電磁マッピング ~
前田忠彦立命館大AP2017-11
生体個人認証は情報化社会の安心・安全のために重要な技術である.一方,他人の指紋をシリコン等で偽造する「なりすまし」行為が... [more] AP2017-11
pp.55-58
RCS, AP
(併催)
2016-11-24
11:10
京都 京都市国際交流会館 異なる刺繍構造をもつ広帯域ウェアラブルアンテナの放射特性
吉川貴之前田忠彦立命館大AP2016-109
近年,衣類に装着することを想定した刺繍工程で形成されるウェアラブルアンテナが報告されている. 刺繍型アンテナは銅に比べて... [more] AP2016-109
pp.11-16
AP 2016-03-10
12:45
山梨 石和温泉(かんぽの宿) 人体近傍に配置された導電性繊維で構成する放射素子の刺繍構造による放射特性への影響
野村啓道前田忠彦立命館大AP2015-207
 [more] AP2015-207
pp.19-24
MBE, BioX, NC
(共催)
2015-10-25
16:50
大阪 大阪電気通信大学 光学式指紋認証装置に搭載することを目的とした透明化生体検知センサの検討
飯島主匡竹割夢之介前田忠彦立命館大BioX2015-38 MBE2015-49 NC2015-33
近年,生体認証技術がそのセキュリティ強度と利便性の高さから普及している.しかしながら,他者の生体情報を模擬した物理的偽装... [more] BioX2015-38 MBE2015-49 NC2015-33
pp.87-90
AP 2015-10-22
10:30
山口 山口県労福協会館 指内部の電磁応答特性を利用する指紋認証セキュリティ強度向上に関する研究
竹割夢之介飯島主匡前田忠彦立命館大AP2015-94
利便性の高さから本人認証に指紋を利用した指紋認証が普及しつつある. しかし, 現状の指紋認証は人体指以外でも指紋の形状を... [more] AP2015-94
pp.9-12
AP 2015-10-22
10:55
山口 山口県労福協会館 1-5 GHz帯域用人体等価ファントム組成設計システムの設計目標電気定数の低域への拡大
倉重貴規許田新太郎前田忠彦立命館大AP2015-95
人体等価ファントムの開発には様々な試薬の特性を把握し,目標組成を見出すための経験が必要とされるため,ファントム専門家であ... [more] AP2015-95
pp.13-18
AP 2014-12-11
16:15
東京 機械振興会館 リアル形状人体頭部ファントムを用いた内部電界分布測定
豊田雄介前田忠彦立命館大AP2014-160
携帯電話などの無線機器によるSAR評価には,電界プローブを走査し液体ファントム内の電界分布を測定する手法が一般的であるも... [more] AP2014-160
pp.55-60
AP 2014-04-18
09:40
京都 立命館大 朱雀キャンパス 半固体多層化人体頭部ファントムを用いた電界分布測定
豊田雄介中島見介前田忠彦立命館大AP2014-10
近年,携帯電話やスマートフォンといった携帯端末が広く普及し,それらの無線機器は人体頭部近傍で使用されるため,無線機器から... [more] AP2014-10
pp.51-54
AP 2014-04-18
11:05
京都 立命館大 朱雀キャンパス 6GHz帯と10GHz帯CSRR-BPFを用いた相対テンプレート判定法による生体検知手法の提案
青木洸一中島見介前田忠彦立命館大AP2014-13
近年,生体認証技術への需要は高まり,「なりすまし」への対策として人体と偽装物を検知可能な生体検知手法が利用されている.特... [more] AP2014-13
pp.65-69
AP 2014-04-18
14:25
京都 立命館大 朱雀キャンパス [依頼講演]ワイヤレスシステム用人体装着型アンテナ ~ 眼鏡型アンテナとファントム組成設計エキスパートシステム ~
前田忠彦吉田 紘寺内一真佐藤勇人小森史哲立命館大AP2014-17
本稿では,まずスルーホール八木・宇田アンテナの誘電体基板と地板構造をパラメータとしてアンテナ特性を解析することで当該アン... [more] AP2014-17
pp.89-94
AP 2013-04-19
10:10
兵庫 関西学院大 西宮上ケ原キャンパス 移動体端末用7周波モノポールアンテナ
植村孝嗣・○橋本典明前田忠彦立命館大AP2013-11
 [more] AP2013-11
pp.61-64
AP 2013-04-19
11:10
兵庫 関西学院大 西宮上ケ原キャンパス マイクロ波レーダイメージング用損失性媒質内装型キャビティバックアンテナ
宮脇和敬・○戸田純一小森史哲中島見介前田忠彦立命館大AP2013-13
 [more] AP2013-13
pp.71-74
AP, RCS
(併催)
2010-11-11
13:05
福井 福井大学 偏波制御機能を有した小形ループアンテナ
宮下功寛パナソニック/立命館大)・小川晃一パナソニック)・前田忠彦立命館大AP2010-102
携帯無線端末向けに,水平面内において偏波を制御できる小形ループアンテナを検討した.左右対称の構造である2つの屈曲したルー... [more] AP2010-102
pp.57-62
EMCJ, ITE-BCT
(共催)
2010-03-12
14:55
東京 機械振興会館 フェライトコアとバランの併用による広帯域アンテナの測定精度の改善と実験的検討
森本康夫前田忠彦立命館大EMCJ2009-131
広帯域アンテナの測定を行う際,しばしばケーブル外導体表面に漏洩する電流が測定結果に影響を及ぼす事が報告されており,漏洩電... [more] EMCJ2009-131
pp.31-36
AP 2009-01-22
13:25
福岡 福岡大学 給電ケーブルのコイル形状化と損失性媒質との併用によるアンテナ入力インピーダンス測定
王 正行荒川 敬前田忠彦立命館大AP2008-167
同軸ケーブルを用いてアンテナの測定を行う際に,測定結果に与える誤差の一因として,給電ケーブル上の漏れ電流が一般的に知られ... [more] AP2008-167
pp.101-106
AP 2008-12-11
14:30
東京 機械振興会館 誘電体装荷による放射素子の小型化を図ったUWB帯指輪型アンテナの放射特性
荒川 敬浅沼健一藤本勝大若林孝行前田忠彦立命館大AP2008-144
本稿ではUWB帯での使用を目的とした人体装着型アンテナの一つである指輪型アンテナの放射特性について検討を行うと共に,従来... [more] AP2008-144
pp.25-30
AP 2008-09-11
13:25
神奈川 防衛大学校 人体の影響を低減することを目的とした自己適応型電力分配方式の広帯域設計法
丹治洋士中村 渉前田忠彦立命館大AP2008-82
近年,携帯端末の小型化,薄型化に伴い,人体を近傍に含む環境下での無線通信の利用が増加することが考えられる.小型化,薄型化... [more] AP2008-82
pp.43-48
AP 2008-03-13
14:15
愛知 南山大 アンテナの配置と人体手部が近距離MIMO通信に及ぼす影響
水野高博小島諭史中村広大吉冨圭一浅沼健一前田忠彦立命館大AP2007-180
無線通信容量を増大させる技術の一つとしてMIMO が注目されている.MIMO では空間多重を行うことから,アンテナ素子の... [more] AP2007-180
pp.43-48
AP 2008-03-13
14:50
愛知 南山大 人体と遮へい物体を含めた2.4GHz/5.2GHz MIMOチャネル測定
小島諭史水野高博中村広大吉冨圭一浅沼健一前田忠彦立命館大AP2007-181
近年,高速かつ大容量通信を実現するMIMO 通信が注目されている.MIMO 通信の性能を向上させるには,受信SNR だけ... [more] AP2007-181
pp.49-54
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会