お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 100件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2022-05-20
10:55
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
車載アンテナに関する検討 ~ -同一周波数フルデュプレックスに向けたアンテナ間結合評価- ~
山口 良豊見本和馬ソフトバンク)・埜々考平藤元美敏福井大AP2022-24
 [more] AP2022-24
pp.74-78
AP, WPT
(併催)
2022-01-20
14:00
鳥取 鳥取県立生涯学習センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]レイトレース法を用いたチャネル容量推定における室内構造および物性値の影響
池田友典藤元美俊福井大AP2021-143
屋内MIMO通信の解析手法の一つとして,レイトレース法が挙げられる.マクスウェルの方程式に基づき電磁界の変化をシミュレー... [more] AP2021-143
pp.49-52
AP, RCS
(併催)
2021-11-12
13:35
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]協調MU-MIMOにおける行列式を用いた簡易チャネル容量推定によるユーザ選択法の検討
佐々木翔太郎藤元美俊福井大AP2021-127 RCS2021-173
本報告では基地局間干渉を考慮した行列式演算に基づくユーザ選択法を提案する.第5世代移動通信システム(5G)では,周波数利... [more] AP2021-127 RCS2021-173
pp.137-141(AP), pp.159-163(RCS)
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-28
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]TDL-ICAによる単素子アンテナで受信した複数ディジタル変調信号の分離
清水優也藤元美俊福井大
 [more]
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-29
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]機械学習による複数波の変調方式推定に関する検討
新美貴教藤元美俊長谷川達人福井大
 [more]
AP 2021-10-07
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]屋内無線電力伝送の実用化に向けたレトロディレクティブを用いた人体への放射回避に関する研究
西村海都藤元美俊福井大)・河合克敏田中裕也京セラAP2021-81
 [more] AP2021-81
pp.54-55
AP 2021-10-07
14:25
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]FDTD法におけるRCSを用いた周辺地物モデル化手法の検討
埜々考平藤元美俊福井大)・山口 良豊見本和馬ソフトバンクAP2021-94
同一周波数 Full Duplex の実現には,約 110 dB の自己干渉除去が必要となり,移動体では実質的に不可能で... [more] AP2021-94
pp.102-103
AP 2021-10-07
14:25
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ITS通信における路車間電波伝搬の一検討
坂本歩美藤元美俊福井大)・小川真人鈴木 剛京セラAP2021-95
近い将来,自動車は通信インフラや交通管制センターと常に通信しながら走行する自動運転が実現されようとしている.その通信手段... [more] AP2021-95
pp.104-105
AP 2020-03-26
14:05
福井 福井高専
(開催中止,技報発行あり)
ゼロ要素除去圧縮センシングによるDOA-TOA同時推定の高速化
下茂清峰立神光洋藤元美俊福井大AP2019-199
 [more] AP2019-199
pp.13-16
AP 2020-03-27
09:40
福井 福井高専
(開催中止,技報発行あり)
LOS市街地ストリートセル環境における複数環境下での20GHz帯伝搬特性解析
立神光洋藤元美俊福井大)・北尾光司郎須山 聡NTTドコモAP2019-204
第5世代移動通信システム(5G)では,高速・大容量化を目的として,比較的広い帯域の確保が容易な高周波数帯である6GHz~... [more] AP2019-204
pp.41-46
AP 2019-10-17
12:30
大阪 大阪大学 [ポスター講演]切り替えFISTAによるDOA-TOA同時推定の高速化
下茂清峰藤元美俊福井大AP2019-84
近年,無線通信品質を改善するため,様々なDOAおよびTOA推定法が提案されている.特に,1サンプリングのデータによる推定... [more] AP2019-84
pp.25-28
AP 2019-10-17
12:30
大阪 大阪大学 [ポスター講演]機械学習を用いた受信電力に基づく到来波数推定
納庄尭大立神光洋長谷川達人藤元美俊福井大AP2019-85
従来のアレーアンテナを用いて電波の到来方向や到来波数を推定する手法として,MUSICやAIC, MDLなどが挙げられる.... [more] AP2019-85
pp.29-32
AP 2019-10-17
12:30
大阪 大阪大学 [ポスター講演]実市街地ストリートセル環境におけるサブアレーを用いた圧縮センシングによる2D-DOA推定
立神光洋藤元美俊福井大)・北尾光司郎今井哲朗NTTドコモAP2019-86
 [more] AP2019-86
pp.33-37
AP 2019-08-22
10:00
北海道 北海学園大学 車載用指向性アンテナによる伝搬スプレッド低減効果
安藤由純藤元美俊福井大)・豊見本和馬山口 良ソフトバンクAP2019-53
コネクテッドカーなど の移動通信では , 周囲の環境によりマルチパス伝搬となる . この ような 環境 では , ドップ... [more] AP2019-53
pp.35-38
AP 2019-08-22
10:25
北海道 北海学園大学 MU-MIMOにおける一般逆行列を用いたブロック対角化
内田圭耶藤元美俊福井大)・北尾光司郎今井哲朗NTTドコモAP2019-54
第5世代移動通信システムでは,超高速・高品質を達成するためにMU-MIMOの利用が検討されている.また,ミリ波等の高周波... [more] AP2019-54
pp.39-42
AP, RCS
(併催)
2017-11-08
15:20
福岡 福岡大学 [依頼講演]遮蔽物体を考慮したストリートセルモデルにおけるMIMO基地局アンテナの最適指向性
松田 司堀 俊和藤元美俊福井大)・北尾光司郎今井哲朗NTTドコモAP2017-118 RCS2017-215
次世代移動通信システムでは,市街地において基地局を周囲の建物より低い位置に設置することで形成されるストリートセルの構築が... [more] AP2017-118 RCS2017-215
pp.55-58(AP), pp.59-62(RCS)
AP 2017-10-20
10:50
青森 八戸商工会館 直交偏波変換パッチ型メタ・サーフェスの帯域特性
冨井康宏堀 俊和藤元美俊福井大AP2017-101
タ・サーフェスはメタマテリアルの一種で,周波数選択板(Frequency Selective Surface: FSS)... [more] AP2017-101
pp.35-38
AP 2017-08-25
14:20
北海道 函館工業高等専門学校 広帯域で反射波低減可能なメタ・サーフェスの設計法
永田 将堀 俊和藤元美俊福井大AP2017-87
周波数選択板(FSS : Frequency Selective Surface)と地板で構成されたメタ・サーフェスは電... [more] AP2017-87
pp.105-108
AP 2017-05-18
14:20
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) ストリートセルにおけるMIMO基地局アンテナ構成がチャネル容量に及ぼす影響
松田 司堀 俊和藤元美俊福井大)・北尾光司郎今井哲朗NTTドコモAP2017-32
次世代移動通信システムでは,市街地において基地局を周囲の建物より低い位置に設置することで形成されるストリートセルの構築が... [more] AP2017-32
pp.55-58
AP 2017-05-19
09:30
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) 双曲線および楕円による物体位置推定精度の向上
岩田拓也藤元美俊間宮拓朗福井大)・田端隆伸小島プレスAP2017-34
無線電力伝送における異物検出において, 電波を用いた位置推定技術が提案されている. しかし, 従来の位置推定法では物体の... [more] AP2017-34
pp.65-68
 100件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会