お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2021-12-16
16:35
千葉 千葉大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
太陽条件にロバストなイベントカメラステレオ視の実験的検討
川路晃汰東大)・福田盛介JAXA
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MBE, NC
(併催)
2021-10-28
15:05
ONLINE オンライン開催 スパイキングニューラルネットワークの時空間符号化性能の向上と宇宙機の着陸における障害物検知への適用
木下英明木村真一東京理科大)・福田盛介JAXANC2021-21
スパイキングニューラルネットワーク(SNN)は,神経模倣型の計算アーキテクチャとして,低消費電力性等からエッジデバイスへ... [more] NC2021-21
pp.16-21
SANE 2021-06-25
13:30
ONLINE オンライン開催 太陽条件変化に強い特徴点検出法の考察
石田貴行福田盛介JAXASANE2021-9
着陸探査では画像を用いた自律的な位置推定手法が実用化されつつあるが,未知天体へ着陸する場合その天体表面の特徴は事前にわか... [more] SANE2021-9
pp.1-5
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
14:45
沖縄 宮古島マリンターミナル クレータ分類を例としたニューロモ―フィックコンピューティングの宇宙機航法に対する適用
狩谷和季総研大)・福田盛介JAXANC2019-66
 [more] NC2019-66
pp.39-44
SANE, SAT
(併催)
2019-02-14
14:40
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター 畳み込みニューラルネットワークを用いた照明および形状変化に頑健なクレータ抽出法
石田貴行JAXA)・高橋正樹慶大)・福田盛介JAXASANE2018-125
惑星探査において高精度着陸の需要が高まっているが,その技術解として挙げられるのがカメラによる撮像画像とマップを照合する画... [more] SANE2018-125
pp.83-88
SANE 2018-01-25
16:35
長崎 長崎県美術館 地表特性を用いた深層学習による月惑星探査機搭載着陸レーダの速度測定精度向上
日髙萌子髙橋正樹慶大)・石田貴行JAXA)・狩谷和季総研大)・水野貴秀福田盛介JAXASANE2017-95
 [more] SANE2017-95
pp.53-58
SANE 2016-06-24
13:50
茨城 JAXAつくば宇宙センター 高位合成による探査機搭載画像処理アルゴリズムのFPGA化スキーム
石田貴行JAXA)・狩谷和季総研大)・福田盛介JAXA)・木下智雄梶原邦弘ソリトンシステムズSANE2016-15
近年,宇宙機搭載用のアルゴリズムは複雑化しており,高位合成を用いることによるハードウェア設計期間の短縮化が求められている... [more] SANE2016-15
pp.31-36
SANE 2015-05-29
12:55
神奈川 JAXA相模原キャンパス 高安全リチウムイオン電池の衛星への搭載検討
田中康平総研大)・鶴田佳宏東大)・松井正安次世代宇宙技術システム研究組合)・石川正司山縣雅紀関西大)・河野通之アイ・エレクトロライト合同会社)・木村真一東京理科大)・白坂成功慶大)・中須賀真一東大)・曽根理嗣福田盛介JAXASANE2015-9
近年民生分野では,高エネルギー密度を誇るリチウムイオン電池の中でも,特に難燃性であると言う特徴を有する高安全な電池が開発... [more] SANE2015-9
pp.19-22
SANE 2015-05-29
15:20
神奈川 JAXA相模原キャンパス ERG衛星へ向けた初期スピン・ニューテーション制御の低コスト化に関する検討
坂井真一郎福田盛介澤井秀次郎浅村和史高島 健JAXASANE2015-13
 [more] SANE2015-13
pp.39-44
SANE 2015-05-29
16:50
神奈川 JAXA相模原キャンパス SLIMで実証するピンポイント月面着陸と小型探査機技術
福田盛介澤井秀次郎坂井真一郎佐藤英一水野貴秀佐伯孝尚久木田明夫宮澤 優岡崎 峻中塚潤一JAXA)・鎌田弘之明大)・高玉圭樹電通大SANE2015-15
 [more] SANE2015-15
pp.51-55
SANE 2014-05-23
11:15
神奈川 JAXA 相模原キャンパス 科学衛星小型バス技術の研究開発状況 ~ ひさき(SPRINT-A)の成果と今後 ~
福田盛介JAXASANE2014-12
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)は,2013年9月に惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A... [more] SANE2014-12
pp.13-17
SANE 2014-05-23
13:40
神奈川 JAXA 相模原キャンパス MicroXSARミッションのためのオリビン型リチウムイオン電池の充放電サイクル評価
田中康平総研大)・曽根理嗣福田盛介齋藤宏文JAXASANE2014-14
 [more] SANE2014-14
pp.25-30
SANE 2013-01-24
16:25
長崎 長崎県美術館 多周波CW方式を用いた近距離着陸レーダのフィージビリティ検討
中島大輔稲葉敬之電通大)・水野貴秀福田盛介JAXASANE2012-137
 [more] SANE2012-137
pp.61-66
SANE 2012-10-12
11:00
海外 The SONGDO CONVENSIA, Incheon Korea Current status of the SPRINT-A/EXCEED mission under development
Atsushi YamazakiKazunori UemizuKoji NakayaSeisuke FukudaShin-ichiro SakaiShujiro SawaiJAXASANE2012-106
 [more] SANE2012-106
pp.273-276
SANE 2012-05-18
14:15
神奈川 防衛大学校 GPS地表反射波を用いたリモートセンシングにおける偏波情報を考慮した実験的評価
加藤竜太・○江川 光東大)・齋藤宏文福田盛介JAXASANE2012-16
本研究は、GPS を用いたリモートセンシングの基礎実験を行い、GPS リモートセンシングの有効性を 評価することを目的と... [more] SANE2012-16
pp.31-36
SANE 2011-10-17
15:30
海外 Udayana University, Bali, Indonesia SPRINT-A and SPRINT-Series in ISAS/JAXA
Munetaka UenoSeisuke FukudaKoji NakayaShin-ichiro SakaiKazunori UemizuShinsuke TakeuchiHiroyuki ToyotaAkio KukitaTomohiko SakaiShun OkazakiJAXA)・Ichiro YoshikawaUniv. of Tokyo)・Atsushi YamazakiTakeshi TakashimaKazushi AsamuraShujiro SawaiJAXASANE2011-73
 [more] SANE2011-73
pp.53-56
SANE 2011-05-20
15:25
神奈川 防衛大学校 GPS信号地表反射波の偏波特性を利用したリモートセンシングの実験的評価
加藤竜太東大)・齋藤宏文福田盛介JAXASANE2011-14
GPSリモートセンシングとは、GPS衛星を信号の送信機として用いるリモートセンシング手法である。その現状としては、GPS... [more] SANE2011-14
pp.25-30
SANE 2011-04-22
11:35
長野 JAXA 臼田宇宙空間観測所 GPS信号地表反射波の偏波特性を利用したリモートセンシングの実験的評価
加藤竜太東大)・齋藤宏文福田盛介JAXA
 [more]
SANE 2010-10-28
14:20
海外 Ramada Hotel, 済州島(韓国) Landing radar simulation with actual lunar DEM
Seisuke FukudaTomohiko SakaiTakahide MizunoJAXA
 [more]
SANE 2008-10-31
17:05
神奈川 JAXA宇宙科学研究所(相模原) 月探査機搭載用着陸レーダBBMにおける近距離測定に関する問題点
岸本健児明大)・水野貴秀JAXA)・鶴岡 勉東京計器)・坂井智彦福田盛介JAXA)・岡 栄一明大SANE2008-61
月惑星を対象とした着陸機を使った本格的な科学観測を行うためには,分散誤差100m程度のピンポイント着陸技術が要求される.... [more] SANE2008-61
pp.47-51
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会