電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 117件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
13:35
東京 東京工業大学 カルマンフィルタに基づくスパースチャネル推定のOFDM逐次受信への適用と正規化パラメータの最適化
菊地陽介府川和彦張 裕淵東工大
 [more]
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
14:50
東京 東京工業大学 無線通信におけるPolar符号の符号化と逐次除去復号の検討
荒木駿生張 裕淵府川和彦東工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
14:30
東京 東京工業大学 [依頼講演]定振幅OFDM方式に関する検討
張 裕淵府川和彦東工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SAT, SANE
(併催)
2020-02-19
14:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) 並列干渉キャンセラを用いた衛星搭載AISチャネルにおける衝突パケットの分離検出
高根沢優和張 裕淵府川和彦東工大)・平原大地JAXASAT2019-73
AIS (Automatic Identification System) 信号を公海等遠洋においても受信できる手法とし... [more] SAT2019-73
pp.33-38
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
09:00
愛知 名古屋大学 下り回線MIMO-NOMAにおけるマルチユーザ検出に基づく信号検出
大川貴之張 裕淵府川和彦東工大RCS2019-146
次世代移動通信では,増大するトラフィックに対応するため,MIMOと非直交多元接続(NOMA)を組み合わせたMIMO-NO... [more] RCS2019-146
pp.1-6
RCS, SAT
(併催)
2019-08-23
09:30
愛知 名古屋大学 D2D通信におけるFogNodeを用いるチャネル再利用法
京嶋裕幸張 裕淵府川和彦東工大RCS2019-161
次世代移動通信において,広いサービスエリアでのM2M(machine to machine)通信が検討されている.この様... [more] RCS2019-161
pp.79-84
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-06
16:05
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク シンクノードを有する無線センサネットワークにおけるLT符号を用いたパ ケット伝送方式
樋田有記張 裕淵府川和彦東工大RCS2018-299
無線センサネットワーク(WSN)は,広範囲な領域に多数の無線センサを配置し,無線センサからの情報を伝送及び収集する通信ネ... [more] RCS2018-299
pp.95-100
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
09:25
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク ハイブリッド型Massive MIMOにおけるブロック対角化ビームフォーミングのためのパラメータ推定
柘植健太張 裕淵府川和彦東工大)・須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2018-312
第5世代移動通信(5G)で導入予定のMassive MIMOにおいて,ベースバンド回路とRF回路の数を大幅に削減できる構... [more] RCS2018-312
pp.157-162
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
11:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 衛星搭載AISにおける衝突パケットの逐次分離検出
清水星哉張 裕淵府川和彦東工大)・平原大地JAXARCS2018-316
AIS (Automatic Identification System) 信号は,衛星を用いることにより公海等遠洋にお... [more] RCS2018-316
pp.181-186
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
10:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]ミリ波MU-MIMO OFDMシステムにおける周波数領域位相雑音補償
張 裕淵府川和彦東工大SR2018-138
60 GHzミリ波帯は2 GHz 程度の広い帯域を無免許で使えるため,次世代移動通信の周波数帯候補と考えられている.しか... [more] SR2018-138
pp.97-102
SR 2019-01-24
10:25
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) 高信頼低遅延無線通信システムのためのRTSおよび拡張CTSを用いたメトリック合成型マルチユーザ検出
宗 秀哉東工大)・征矢隼人neko 9 Lab.)・府川和彦張 裕淵東工大SR2018-98
本稿では,伝送遅延時間が厳しく制限されているIoTシステムにおいて,RTSおよび拡張CTS(eCTS)を用いたマルチユー... [more] SR2018-98
pp.5-12
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
17:40
広島 尾道市民会館 [招待講演]時間情報を用いた無線信号処理
府川和彦東工大NS2018-169 RCS2018-230
本報告ではまず,時間情報からディジタル信号を再生するTDC (Time-to-Digital-Converter)につい... [more] NS2018-169 RCS2018-230
p.63(NS), p.69(RCS)
RCS 2018-10-18
11:45
東京 機械振興会館 [依頼講演]位相回転を用いる非直交多元接続方式
張 裕淵府川和彦東工大RCS2018-157
近年,非直交多元接続(NOMA)は高い周波数利用効率が得られるため,次世代無線通信(5G)のマルチアクセス方式の候補とし... [more] RCS2018-157
pp.39-44
RCS 2018-06-22
09:20
長崎 長崎大学 無線通信における定振幅OFDM方式
劉 穎青府川和彦張 裕淵東工大RCS2018-62
本報告では,無線通信におけるOFDM (Orthogonal Frequency-Division Multiplexi... [more] RCS2018-62
pp.161-166
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
09:40
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク MIMO-OFDM通信におけるランダム位相を用いた物理層暗号方式とそのセキュリティレート解析
米田 毅府川和彦張 裕淵東工大RCS2017-327
MISO (Multiple-Input Single-Output) 無線通信の物理層セキュリティ方式として,AN (... [more] RCS2017-327
pp.57-62
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-01
09:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク MIMO小セルネットワークにおけるニューラルネットワークに基づくビームフォーミングと送信電力制御を用いたセル間干渉制御
董 鯉張 裕淵府川和彦東工大RCS2017-347
小セル基地局(BS)の稠密な配置は,隣接するセルのカバーエリアが重なり合うため,セル間干渉を増大させシステム容量を低下さ... [more] RCS2017-347
pp.173-178
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
17:35
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク ハイブリッドビームフォーミングを用いたMassive MIMOにおけるパラメータ制御法
北嶋龍太郎府川和彦張 裕淵東工大RCS2017-394
次世代移動通信において, Massive MIMO のRF 回路を大幅に削減できる構成として,アナログビームフォーミング... [more] RCS2017-394
pp.417-422
SR, SRW
(併催)
2017-10-23
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]ミリ波MU-MIMO OFDMシステムにおける位相雑音補償 ~ 位相雑音に耐性のあるチャネル推定法 ~
張 裕淵府川和彦東工大SR2017-70 SRW2017-23
 [more] SR2017-70 SRW2017-23
pp.19-20(SR), pp.25-26(SRW)
NS, IN
(併催)
2017-03-02
10:40
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル HARQにおける遅延抑制のための最適最大再送回数設定法
樋田有記府川和彦山岡克式東工大IN2016-109
現行の無線LAN通信では,任意のデータに対して,冗長に設定された再送回数まで再送を繰り返し,フレーム訂正を行うため,リア... [more] IN2016-109
pp.73-78
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-01
16:25
東京 東京工業大学 衛星AISにおける衝突パケット分離検出
神澤貴紀府川和彦東工大)・平原大地JAXA)・張 裕淵東工大RCS2016-302
AIS (Automatic Identification System) の情報は,遠洋においても衛星により入手可能と... [more] RCS2016-302
pp.79-84
 117件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会