電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
13:30
沖縄 沖縄県青年会館 IoTエッジコンピューティングに向けた省エネルギー・小型なマルチコアプロセッサ
小名木さゆり佐宗 馨原 祐子東工大
本研究では、Internet of Things (IoT) の発展に伴い需要が増加している組込みデバイス向けに、単一命... [more] VLD2018-128 HWS2018-91
pp.211-216
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
13:55
沖縄 沖縄県青年会館 組込みシステムにおける近似計算を用いたデータクラスタリング高速化
君島 舜フランシスクス マルセル サトリア原 祐子東工大
データクラスタリングは,近年のIoT (Internet of Things) や機械学習のアプリケーションの中で,大量... [more] VLD2018-129 HWS2018-92
pp.217-222
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2015-06-17
10:45
北海道 小樽商科大学 単一命令セットコンピュータの拡張とその評価
酒本典明タンビア アーメド東工大)・ジェイソン アンダーソントロント大)・原 祐子東工大
チューリング完全であり,単一命令のみからなる命令セットプロセッサとしては,Subleqコンピュータが最も良く知られている... [more] CAS2015-4 VLD2015-11 SIP2015-35 MSS2015-4
pp.19-24
VLD 2015-03-04
13:50
沖縄 沖縄県青年会館 ルックアップテーブルを用いたapproximate computing向けアーキテクチャの実装と評価
杉山翔一郎タンビア アーメド原 祐子東工大
これまで、計算機の高性能化に関して、様々な手法が提案されてきたが、そのほとんどは「計算機は常に正しい処理をする」というこ... [more] VLD2014-183
pp.171-176
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
14:05
鹿児島 鹿児島県文化センター PPCに基づく高歩留まり回路の発見的設計手法
早苗駿一原 祐子奈良先端大)・山下 茂立命館大)・中島康彦奈良先端大
PPC (Partially-Programmable Circuit)は組み合わせ回路の一部をLUT(Look Up ... [more] VLD2013-65 DC2013-31
pp.27-32
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-29
11:15
鹿児島 鹿児島県文化センター 高位合成における制御回路の構成方法の定量的評価
祖父江亮哉立命館大)・原 祐子奈良先端大)・谷口一徹冨山宏之立命館大
 [more] VLD2013-96 DC2013-62
pp.257-262
DC, CPSY
(併催)
2013-08-02
18:30
福岡 北九州国際会議場 永久故障回避のための等価命令列置換手法
國本将也原 祐子中島康彦奈良先端大
今後の実用化が期待される酸化亜鉛等新素材回路は,経年劣化が早く,永久故障が起こりやすいとされる.本論文では,新素材デバイ... [more] CPSY2013-30
pp.121-126
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-27
11:20
福岡 九州大学百年講堂 クロック周波数向上のための動作合成におけるコントローラ設計手法
祖父江亮哉立命館大)・原 祐子奈良先端大)・稗田拓路谷口一徹冨山宏之立命館大
 [more] VLD2012-78 DC2012-44
pp.111-116
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2008-03-27
11:15
鹿児島 屋久島 離島総合開発センター 関数レベル並列性を活用した動作記述分割手法
原 祐子冨山宏之本田晋也高田広章石井克哉名大
本論文では,大規模動作記述プログラムからハードウェアを効率良く生成する動作合成手法を提案する.本提案手法は,いくつかの並... [more] DC2007-90 CPSY2007-86
pp.37-42
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会