お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, VRSJ-SIG-CS, VRSJ-SIG-MR, HI-SIG-DeMO, IPSJ-EC
(連催)
2021-10-29
10:50
ONLINE オンライン開催 光学透過型ヘッドマウントディスプレイにおけるテキストの提示距離が歩行中の可読性および頭の鉛直方向の揺れに与える影響
山内孔貴福嶋政期ハウタサーリ アリ苗村 健東大MVE2021-28
光学透過型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を利用することで,スマートフォンのように手で持つことなく,歩きながらテキス... [more] MVE2021-28
pp.13-18
MVE, VRSJ-SIG-CS, VRSJ-SIG-MR, HI-SIG-DeMO, IPSJ-EC
(連催)
2021-10-29
14:50
ONLINE オンライン開催 英単語学習時の実演効果を誘発するVRアプリケーションのデザイン ~ 背景描画の効果 ~
宮澤要二福嶋政期ハウタサーリ アリ苗村 健東大MVE2021-29
 [more] MVE2021-29
pp.19-24
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-06
14:15
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
【オンライン】歩行時のスマートグラスにおける縦書きと横書きの可読性に関する比較
宗 健智九鬼慧太ハウタサーリ アリ東大)・福嶋政期東大/JST)・苗村 健東大IMQ2019-65 IE2019-147 MVE2019-86
近年,スマートグラスの普及が進み,利用シーンが拡大している.これに伴い,歩行時の情報閲覧を想定したスマートグラス上の文章... [more] IMQ2019-65 IE2019-147 MVE2019-86
pp.257-262
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-15
13:25
沖縄 琉球大学医学部 AR用ヘッドマウントディスプレイでのテキストの提示座標系が可読性に与える影響
福嶋政期東大/JST)・濱田健夫ハウタサーリ アリ東大HIP2019-78
AR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の普及が進み、HMDの利用シーンが拡大している。今後、屋外でもHMDを使った情... [more] HIP2019-78
pp.7-10
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) Skypeグループビデオ通話における自動生成字幕による非母語話者の支援
山口紗穂石山薫太郎松井克文ハウタサーリ アリ苗村 健東大
本研究の目的は,母語が異なる人々が共通言語である英語で会話する場合におけるコミュニケーションの円滑化である.このような場... [more]
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
15:45
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 英語のテキストチャットにおけるメッセージの感情価に基づく自動フォント選択システムの提案
米倉遼太崔 セミ吉橋亮太松井克文ハウタサーリ アリ東大IMQ2018-45 IE2018-129 MVE2018-76
 [more] IMQ2018-45 IE2018-129 MVE2018-76
pp.131-136
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
11:40
沖縄 沖縄産業支援センター 場所に関連した単語の音声提示による偶発的語彙学習手法
濱田健夫東大)・福嶋政期JST/産総研)・ハウタサーリ アリ東大IMQ2017-29 IE2017-121 MVE2017-71
第二言語の習得に伴い語彙学習には多くの時間を要する。本研究は、第二言語学習の初期段階における最初の語彙習得の支援を目的と... [more] IMQ2017-29 IE2017-121 MVE2017-71
pp.29-33
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会