お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
11:45
ONLINE オンライン開催 ノイズを含むデータからの仮説検定問題に対する情報スペクトル的アプローチ
野村 亮堀井俊佑早大IT2020-75 SIP2020-53 RCS2020-166
 [more] IT2020-75 SIP2020-53 RCS2020-166
pp.69-74
IT 2020-12-02
13:20
ONLINE オンライン開催 fダイバージェンスに基づくIntrinsic RandomnessレートのSmooth最小エントロピーによる表現
野村 亮早大)・八木秀樹電通大IT2020-37
 [more] IT2020-37
pp.73-78
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 1μm帯イメージングに向けたGaAs/InGaP光集積フェーズドアレイ素子の設計
土屋里穂子ヤンワチラークン ワラーコン加藤豪作田之村亮汰福井太一郎種村拓夫中野義昭東大OPE2020-66 LQE2020-46
光フェーズドアレイは, 機械的駆動部分を持たないことから, 低消費電力かつ高速に駆動できる光偏向素子として近年注目を集め... [more] OPE2020-66 LQE2020-46
pp.106-109
IT 2019-07-25
16:40
東京 NATULUCK飯田橋東口 駅前店 正規化f-ダイバージェンスに基づく情報源Resolvabilityと固定長情報源符号化
野村 亮早大IT2019-21
 [more] IT2019-21
pp.31-36
NLP 2019-05-10
15:20
大分 J:COM ホルトホール大分 重畳リカレンスプロットを用いたニューロンへの共通入力再構成に関する一検討
野村亮太・○池口 徹東京理科大NLP2019-6
複数の力学系の出力から作成したリカレンスプロットを用いて共通入力を再構成する手法が提案されている.また,この手法を拡張し... [more] NLP2019-6
pp.29-34
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-07
10:20
東京 電気通信大学 f-ダイバージェンスを誤差尺度とした二次情報源Resolvabilityレート
野村 亮専修大IT2018-91 ISEC2018-97 WBS2018-92
 [more] IT2018-91 ISEC2018-97 WBS2018-92
pp.97-102
LQE, OPE, SIPH
(共催)
2018-12-06
17:10
東京 慶應義塾大学 多ポート方向性結合器を利用した4チャネルユニタリ光モード変換器の実証
田之村亮汰唐 睿種村拓夫中野義昭東大OPE2018-113 LQE2018-123 SIPH2018-29
Siチップ上へ集積した多ポート方向性結合器による4チャネルユニタリ変換器の実証結果について報告する. 焼きなまし法のアル... [more] OPE2018-113 LQE2018-123 SIPH2018-29
pp.77-81
PN 2018-11-21
15:50
山梨 山梨大学 大村智記念学術館 大村記念ホール [招待講演]全光MIMO処理に向けた光集積任意ユニタリ変換デバイス
種村拓夫唐 睿田之村亮汰中野義昭東大PN2018-26
多数の直交した入力光信号を互いに直交した異なる基底に変換して出力する素子を光ユニタリ変換器と呼ぶ.変換行列を任意に再構成... [more] PN2018-26
pp.21-25
IT 2018-07-20
14:20
奈良 やまと会議室 f-ダイバージェンスの部分クラスと情報源Resolvability
野村 亮専修大IT2018-25
情報源Resolvability問題とは,任意に与えられた情報源に対して,可能な限り小さなサイズの一様乱数を用いてその情... [more] IT2018-25
pp.73-78
IT 2017-09-08
10:50
山口 セントコア山口 微少な誤り確率を許容する可変長符号化における楽観的符号化定理
野村 亮専修大)・八木秀樹電通大IT2017-42
 [more] IT2017-42
pp.21-26
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
12:10
東京 東海大学 高輪キャンパス 微少な誤り確率を許容する可変長符号化におけるオーバーフロー確率について
野村 亮専修大)・八木秀樹電通大IT2016-126 ISEC2016-116 WBS2016-102
可変長符号化において符号長が与えられたしきい値を超える確率はオーバーフロー確率と呼ばれ,従来オーバーフロー確率に関する種... [more] IT2016-126 ISEC2016-116 WBS2016-102
pp.173-178
BioX, ITE-ME, ITE-IST
(連催)
2015-06-29
10:15
石川 金沢大学 自然科学研究科 心拍波形の振幅と面積を用いた個人認証の提案
野村涼子石川由羽高田雅美城 和貴奈良女子大BioX2015-3
本稿では,無線通信のセキュリティ強化のため,心拍波形を利用したバイオメトリクス認証の提案を行う.各ユーザの心拍には,それ... [more] BioX2015-3
pp.11-16
PRMU 2014-12-12
16:15
福岡 九州大学 生理指標に基づく搭乗者の快適性を考慮した車椅子ロボットの経路設計
野村亮太橋本稜平浮田宗伯神原誠之奈良先端大/ATR)・池田徹志Yoichi Morales渡辺敦志ATR)・篠沢一彦ATR/阪教大)・萩田紀博奈良先端大/ATRPRMU2014-86
車椅子ロボット搭乗者の快適性を向上させるためには,ストレスを感じる状況に応じて回避することが重要である.ストレスは搭乗後... [more] PRMU2014-86
pp.123-128
HCS 2014-10-23
14:00
東京 東京農工大学(小金井) 演芸における観客どうしの相互作用を推定する
野村亮太岡田 猛東大HCS2014-62
近年,映画や落語の鑑賞者のまばたきが互いに同期しうることが知られてきた。本研究では,まばたき同期に影響する観客の相互作用... [more] HCS2014-62
pp.13-18
CNR 2014-09-27
09:55
北海道 北海道地区 生理指標に基づいた車椅子ロボットの挙動情報共有による搭乗者の快適性向上の検証
橋本稜平野村亮太神原誠之浮田宗伯奈良先端大/ATR)・池田徹志Yoichi Morales渡辺敦志ATR)・篠沢一彦ATR/阪教大)・萩田紀博奈良先端大/ATRCNR2014-14
近年,自動走行する車椅子ロボットに関する研究が多く行われているが, その多くは物理的な衝突を回避する安全性や,目的地まで... [more] CNR2014-14
pp.27-32
IT 2014-07-17
16:40
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 微少な歪み超過確率を許す固定長有歪み符号化定理
野村 亮専修大)・八木秀樹電通大IT2014-24
 [more] IT2014-24
pp.71-76
IT 2014-07-17
17:05
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 微小なオーバフロー確率を許容する忠実度規範付き符号化
八木秀樹電通大)・野村 亮専修大IT2014-25
本稿では,オーバフロー確率を$varepsilon$まで許容する可変長符号に対して,忠実度規範を導入した新しい符号化問題... [more] IT2014-25
pp.77-82
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-10
11:25
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 定常無記憶通信路のε通信路容量
八木秀樹電通大)・野村 亮専修大IT2013-57 ISEC2013-86 WBS2013-46
複数の定常無記憶通信路の混合によって通信路確率が与えられる混合通信路に対して,$varepsilon$通信路容量のシング... [more] IT2013-57 ISEC2013-86 WBS2013-46
pp.19-26
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2013-03-15
16:05
奈良 東大寺総合文化センター Wi-Fi/Bluetooth通信が引き起こす位置プライバシー問題に関するフィールド実験
折尾彰吾上田 浩京大)・上原哲太郎情報セキュリティ研)・津田 侑京大)・吉村豪康山村智英野村怜一富士ゼロックスシステムサービスSITE2012-71 IA2012-109
Wi-FiやBluetoothの通信ではその仕様上,デバイス固有に割り当てられたアドレスが暗号化されることなくやりとりさ... [more] SITE2012-71 IA2012-109
pp.249-254
IBISML 2012-11-08
15:00
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 漸近展開による近似精度の予測可能性
野村亮介東大)・日野英逸村田 昇早大)・吉田朋広東大IBISML2012-79
デリバティブの価格付けはファイナンス分野で重要な問題である.高精度であるが計算コストの高いモンテカルロ法に対して,決定論... [more] IBISML2012-79
pp.319-325
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会