お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT 2021-10-07
17:50
ONLINE オンライン開催 A potential cause of pulsive noises in receiving BS signals
Ryouichi NishimuraByeongpyo JeongHajime SusukitaTakashi TakahashiNICTSAT2021-46
The level of receiving BS signals is affected by various fac... [more] SAT2021-46
pp.17-22
IE, EMM, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2019-09-19
14:45
新潟 新潟大学 駅南キャンパス サンプルホールド信号に対する最適読み取り間隔に関する検討
西村竜一NICTLOIS2019-10 IE2019-23 EMM2019-67
MEMS センサーは小型かつ安価に利用できることから,IoT での応用が期待されている.一般に MEMS センサーで観測... [more] LOIS2019-10 IE2019-23 EMM2019-67
pp.19-24
RCS, SAT
(併催)
2019-08-23
09:30
愛知 名古屋大学 インターネット衛星回線を用いる音声通話システムと衛星携帯電話の音質比較
鄭 炳表西村竜一薄田 一高橋 卓NICTSAT2019-32
大規模自然災害が発生すると,基地局等の物理的被害,停電,輻輳等により,携帯電話は使えなくなる.また,道路,港湾,通信イン... [more] SAT2019-32
pp.79-83
EMM 2019-03-13
16:50
沖縄 沖縄県青年会館 インフラサウンドの多点観測による音源位置推定
崔 正烈笹原稜翼東北大)・西村竜一NICT)・鈴木陽一東北大EMM2018-110
インフラサウンドは津波より伝搬速度が速く,インフラサウンドの計測により津波の早期検出が可能となる.インフラサウンドの計測... [more] EMM2018-110
pp.101-104
SANE, SAT
(併催)
2019-02-14
13:20
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター 機械学習を用いた衛星放送電波モニタリングに基づく降雨推定の試み
西村竜一鄭 炳表川崎和義高橋 卓NICTSAT2018-79
衛星放送の受信アンテナにおける受信電波強度は,降雨の影響を受けて減衰する.したがって,逆に受信電波強度から降雨状況の推定... [more] SAT2018-79
pp.123-128
ASN
(第二種研究会)
2018-11-29
17:20
海外 ハノイ工科大学、ベトナム [依頼講演]漁業ICTのための水中定置型360カメラおよびWiFiデータ送信ブイの試作
服部聖彦埼玉工大)・天間克宏西村竜一NICT
(事前公開アブストラクト)  [more]
EA 2018-10-11
14:30
福島 いわき産業創造館(いわき市) 深層学習を用いた音紋による船種同定の試み
西村竜一天間克宏NICT)・服部聖彦埼玉工大)・金子健司東北マリン)・伊藤彰則東北大)・藤井豊展東北マリン)・木島明博東北大EA2018-54
近年,食文化のグローバル化による需要の高まりとそれに伴う価格高騰から,密漁が問題となっている.乱獲による生態系への将来的... [more] EA2018-54
pp.1-6
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]防災行政無線屋外拡声レベルのU50に基づく最適設計
西村竜一NICT)・坂本修一東北大)・苣木禎史千葉工大)・崔 正烈東北大EA2017-146 SIP2017-155 SP2017-129
防災行政無線屋外拡声器による放送は,迅速な報知ばかりでなく,地震により公衆無線回線網のシステム障害やアクセス集中による通... [more] EA2017-146 SIP2017-155 SP2017-129
pp.245-250
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]屋外拡声システムにおける回復力のあるノード間ネットワークの設計と実装
上田祐己苣木禎史千葉工大)・坂本修一東北大)・西村竜一NICT)・崔 正烈東北大EA2017-147 SIP2017-156 SP2017-130
屋外拡声放送には,隣接している子局からの放射音の重複により明瞭度が低下する問題が存在する。
明瞭度の低下を軽減する一案... [more]
EA2017-147 SIP2017-156 SP2017-130
pp.251-254
EA 2015-07-03
11:00
東京 電気通信大学 創立80周年記念会館 超解像度を用いた音声信号復元の試み
西村竜一榎本成悟加藤宏明NICTEA2015-4
 [more] EA2015-4
pp.17-22
EMM 2014-03-08
14:20
石川 北陸先端大(3/7), 近江町交流プラザ(3/8) 高臨場感ヘッドホン再生のための制約条件・重み付き最小二乗法によるサラウンド信号合成
西村竜一NICT)・薗田光太郎長崎大EMM2013-118
映画の DVD や Blu-ray のパッケージメディアでは,サウンドトラックを含んでいるものが少なくない.今後,ネット... [more] EMM2013-118
pp.111-116
EA, US
(併催)
2012-01-26
16:00
大阪 関西大学 [招待講演]3D音響技術の実用化へ向けた研究の現状 ~ 情報通信研究機構での取り組み ~
西村竜一榎本成悟加藤宏明カラン明子木村敏幸竹本浩典Parham MokhtariNICTUS2011-94 EA2011-112
立体音響技術の実用化に向けては,解決しなければならない研究課題が多くある.その中で,情報通信研究機構では,知覚的な側面と... [more] US2011-94 EA2011-112
pp.47-52(US), pp.49-54(EA)
EMM 2011-11-15
15:00
宮城 東北大通研 スペクトル距離相関と正中面音像定位の関係性
西村竜一加藤宏明竹本浩典Parham MokhtariNICTEMM2011-54
立体音響技術は,従来のステレオやサラウンド技術と比較して,より豊かな空間情報を音響メディアに与えることができ,コンテンツ... [more] EMM2011-54
pp.83-88
EMM 2011-05-30
16:30
東京 国立情報学研究所 [パネル討論]EMMが目指すマルチメディア情報処理の未来
西村 明東京情報大)・越前 功NII)・西村竜一NICT)・新見道治九工大)・日置尋久京大)・青木直史北大EMM2011-7
 [more] EMM2011-7
pp.37-40
EA 2010-07-16
13:00
東京 リオン(株) マルチチャネル球形スピーカアレイのための独奏音合成手法の検討
山肩洋子京大)・西村竜一勝本道哲木村敏幸NICTEA2010-38
我々は,楽器の独奏を4π全方向に忠実に再現することを目的とし,
26個のスピーカユニットを備えた球形スピーカアレイの開... [more]
EA2010-38
pp.1-6
EA 2008-12-04
14:45
福島 アルパイン ヘッドホン聴取時における外耳道伝達関数について
西村竜一竹本浩典加藤宏明NICT/ATREA2008-104
頭部伝達関数は,一般に外耳道をふさいだ状態における,音源から外耳道入口までの特性で与えられる.しかし,実環境と同じ聴感を... [more] EA2008-104
pp.19-24
EA 2008-08-05
09:30
宮城 東北大学 聴覚手がかりによる話し手の向きの知覚
加藤宏明竹本浩典西村竜一NICT/ATR
聴覚を手がかりとして話し手の向きがどれほどの精度で分かるかを調査した。無響室の中で,1名の男性話者が回転椅子にすわり,8... [more]
EA 2007-08-09
13:30
宮城 東北大学工学部 マイクロホン間の振幅比に基づく近傍場音源分離の検討
西村竜一NICT/ATR)・北村達也甲南大)・井ノ上直己NICT/ATREA2007-40
頭部伝達関数に基づく仮想立体音響再生技術は,実測あるいは合成した聴取者の頭部伝達関数を利用している.この関数の形状は,音... [more] EA2007-40
pp.7-12
EA 2006-08-09
10:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館4階 大会議室 RAP-MUSICを用いた反射音に頑健な音源位置推定
岡本拓磨西村竜一岩谷幸雄東北大
ある空間の音空間をそっくりそのまま別の空間で再構成するFIR^3 (FIeld Recording, Recogniti... [more] EA2006-34
pp.1-6
EA 2005-08-19
11:00
宮城 東北大学 青葉山キャンパス [招待講演]両耳受聴のための多点拘束ビームフォーミングアルゴリズム
西村竜一鈴木陽一東北大
両耳受聴のためのマイクロホンアレー処理は,人間の両耳聴効果を利用することで,入力音の増幅量を同じくして雑音感を軽減したり... [more] EA2005-42
pp.13-18
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会