お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, IEE-MBE
(連催)
2021-06-25
15:25
ONLINE オンライン開催 ラット海馬における、カルバコール誘導ベータ振動の概日調節メカニズムには抑制性神経が関与している
重本昌也大坪義孝夏目季代久九工大MBE2021-10
海馬依存の記憶学習機能は概日リズムによって変化するが,記憶学習と関連性の高い海馬内脳波の概日調節機構はまだ不明確な点が多... [more] MBE2021-10
pp.10-15
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
17:10
ONLINE オンライン開催 てんかんモデルラット潜伏期の行動変容及び、高周波数振動に着目した自発発火とβ振動の脳波変化
新井博文前田龍生夏目季代久九工大NLP2021-14 CCS2021-14
健常者の高周波数振動(High Frequency Oscilllation: HFO)は100-250Hzの低周波のR... [more] NLP2021-14 CCS2021-14
pp.67-72
NC, NLP
(併催)
2021-01-22
15:05
ONLINE オンライン開催 Siamese Neural Networksを用いたヒト・ロボット協調作業中のエラー関連電位の検出
中村健太郎夏目季代久九工大NLP2020-52
 [more] NLP2020-52
pp.64-69
NC, NLP
(併催)
2021-01-22
15:30
ONLINE オンライン開催 ラット海馬スライスにおけるカルバコール誘導脳波ダイナミックスの日内変化と照明環境条件の関連性
重本昌也夏目季代久九工大NLP2020-53
 [more] NLP2020-53
pp.70-75
NC, NLP
(併催)
2021-01-22
15:55
ONLINE オンライン開催 高周波数振動から比較したラット海馬スライスてんかん様発火パターン変化
澤田豊宏新井博文前田龍生夏目季代久九工大NLP2020-54
脳波は様々な種類の周波数で分類されており、生理的なものから病理的なものまで様々である。海馬における100Hz~500Hz... [more] NLP2020-54
pp.76-81
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-30
09:50
ONLINE オンライン開催 てんかんモデル動物海馬スライスにおける脳波とNMDA受容体の関与
新井博文Blanco Negrete SalvadorRollyn Labuguen柴田智広夏目季代久九工大CAS2020-13 NLP2020-34
 [more] CAS2020-13 NLP2020-34
pp.9-14
NLP 2020-09-10
10:55
ONLINE オンライン開催 ラット海馬スライスにおけるベータ周波数帯バースト電気刺激とシータ周波数帯バースト電気刺激によるてんかん様発火抑制の差
澤田豊宏夏目季代久九工大NLP2020-23
脳状態を反映するとされている脳波は様々な種類の周波数で観察されている。以前、神経疾病であるてんかんに関与する脳波のてんか... [more] NLP2020-23
pp.7-12
CCS, NLP
(共催)
2020-06-05
14:50
ONLINE オンライン開催 てんかんモデル動物海馬スライスにおける脳波とアセチルコリンの効果
新井博文Blanco Negrete SalvadorRollyn Labuguen柴田智広夏目季代久九工大NLP2020-18 CCS2020-8
生物の脳は、興奮/抑制のバランスが保たれて正常に機能するが、興奮/抑制のバランスが保たれなくなると、様々な精神疾患を引き... [more] NLP2020-18 CCS2020-8
pp.35-40
NLP 2020-05-15
15:50
ONLINE オンライン開催 ラット海馬カルバコール誘導ベータ振動及びベータ波様電気刺激のてんかん様発火抑制 ~ 内因性アデノシン受容体との関与 ~
澤田豊宏重本昌也夏目季代久九工大NLP2020-9
 [more] NLP2020-9
pp.43-47
NLP 2020-05-15
16:15
ONLINE オンライン開催 カルバコール誘導β振動周波数の概日調節と抑制性神経機構の関連性
重本昌也大坪義孝夏目季代久九工大NLP2020-10
生物は外界の明暗サイクルにより睡眠等の生理機能が調節されて おり 日周リズムを持って いる 海馬が関わる 記
憶学習 ... [more]
NLP2020-10
pp.49-54
CCS, NLP
(共催)
2019-06-09
09:50
新潟 まちな かキャンパス長岡 音楽嗜好性判別特徴として脳波位相差と脳波周波数パワーを比較する
早田孝明・○夏目季代久九工大NLP2019-30 CCS2019-13
 [more] NLP2019-30 CCS2019-13
pp.59-64
NLP 2019-05-10
13:00
大分 J:COM ホルトホール大分 恒常暗条件下におけるラット海馬内脳波と概日リズムの関連性
重本昌也夏目季代久九工大NLP2019-1
 [more] NLP2019-1
pp.1-6
NLP 2019-05-10
13:25
大分 J:COM ホルトホール大分 ロボットの環境地図作成時、ロボットが間違った行動をした時のヒト脳波の研究
中村健太郎夏目季代久九工大NLP2019-2
 [more] NLP2019-2
pp.7-12
MBE 2019-01-31
15:50
佐賀 佐賀大学 音楽嗜好性脳波の位相同期解析
早田孝明定久裕和辻 湧弥夏目季代久九工大MBE2018-68
 [more] MBE2018-68
pp.51-56
MBE, NC
(併催)
2018-11-22
17:05
京都 京都大学 前頭脳波の非対称性を用いた音楽嗜好性脳波の分類とパワー値を用いた分類との比較
定久裕和辻 湧弥夏目季代久九工大MBE2018-49
情動・気分に関する脳波研究では,左前頭の活性化は正の感情に関与し,右前頭の活性化は負の感情に関与すると報告されている.ま... [more] MBE2018-49
pp.65-70
NLP 2018-04-27
13:20
熊本 熊本大学 気分変化と音楽嗜好脳波の関係
定久裕和辻 湧弥夏目季代久九工大NLP2018-20
本研究では,気分変化するタスクを経験した時に音楽嗜好及び音楽嗜好脳波へどのように影響するかを調査した.近年では,音楽嗜好... [more] NLP2018-20
pp.95-100
NLP 2018-04-27
13:45
熊本 熊本大学 海馬スライスで観察される、日周リズムによる脳波の周波数調節
重本昌也夏目季代久九工大NLP2018-21
生物は日周リズムと呼ばれる約1日のリズムを持っており,外界の明暗サイクルにより睡眠等の生理機能が調節されている.また,動... [more] NLP2018-21
pp.101-106
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-26
16:55
福岡 九州工業大学 音楽嗜好性脳波の脳波特徴について
早田孝明定久裕和辻 湧弥夏目季代久九工大NLP2017-87
私達は以前より脳波(Electroencephalogram:EEG)を用いて操作出来る音楽プレーヤーの開発を行っている... [more] NLP2017-87
pp.7-12
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-27
13:35
福岡 九州工業大学 海馬スライスにおけるカルバコール誘発振動と日周リズムの関連性
重本昌也夏目季代久九工大MBE2017-76
脳波β波とθ波は記憶学習に関連する脳波であり,ラットの海馬スライスにアセチルコリン作動薬であるカルバコールを投与すること... [more] MBE2017-76
pp.53-58
MBE, BioX
(共催)
2017-07-29
11:15
徳島 徳島大学 視覚定常性誘発電位を用いたブレインコンピュータインターフェースシステムの実用化を目指して
定久裕和夏目季代久九工大BioX2017-14 MBE2017-23
将来的なヒューマンインターフェースとして脳波が考えられているが,その実用化にあたっては様々な問題がある.本研究では,視覚... [more] BioX2017-14 MBE2017-23
pp.25-30
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会