お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EST, MW, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2018-07-19
15:00
北海道 洞爺観光ホテル 小型スプリアス抑圧フィルタを有する高効率X帯26W GaN MMIC HPA
神岡 純桑田英悟中原和彦加茂宣卓半谷政毅新庄真太郎三菱電機EMT2018-29 MW2018-44 OPE2018-32 EST2018-27 MWP2018-28
小型スプリアス抑圧フィルタを有する高効率X帯26W GaN MMIC (Monolithic Microwave Int... [more] EMT2018-29 MW2018-44 OPE2018-32 EST2018-27 MWP2018-28
pp.119-124
MW 2017-11-09
14:20
沖縄 宮古島マリンターミナルビル GaAs出力整合回路を用いたX帯30W級GaN-on-Si MMIC増幅器
神岡 純河村由文中原和彦岡崎拓行半谷政毅山中宏治三菱電機MW2017-122
 [more] MW2017-122
pp.57-60
MW, ED
(共催)
2017-01-27
11:20
東京 機械振興会館地下2階1号室 GaN on Siを用いたX帯低損失・高耐電力スイッチ
幸丸竜太半谷政毅中原和彦岡崎拓行山中宏治三菱電機ED2016-106 MW2016-182
GaN on Siを用いた低損失・高耐電力な特性を有するスイッチの試作結果について報告する. 本スイッチにはSi基板上に... [more] ED2016-106 MW2016-182
pp.53-56
MW, OPE, EMT, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-07-17
10:25
北海道 室蘭工業大 2倍波抑圧回路を有するX帯高効率高出力増幅器
桑田英悟山中宏治坂田修一小山英寿加茂宣卓安藤晃洋中原和彦福本 宏三菱電機MW2014-54 OPE2014-23 EST2014-15 MWP2014-12
 [more] MW2014-54 OPE2014-23 EST2014-15 MWP2014-12
pp.7-10
MW 2009-03-06
15:40
東京 NHK技研(世田谷区砧) Ka帯オープン/ショートスタブ切替型ハイパワースイッチ
幸丸竜太半谷政毅中原和彦山口真美子檜枝護重三菱電機MW2008-204
マイクロ波送受信モジュールに用いられるLNA保護スイッチとして,遮断時に高耐電力特性,通過時に低損失特性を有するオープン... [more] MW2008-204
pp.81-86
ICD, VLD
(共催)
2007-03-09
13:00
沖縄 メルパルク沖縄 Java言語をベースにしたオブジェクト指向によるLSI設計手法の提案
枡岡正悟寺井裕幸小山 学近畿大)・中原和彦スパンションジャパン)・山田晃久シャープ)・神戸尚志近畿大
近年、RTレベルより抽象度の高い言語を用いたハードウェア設計が広まり、一方でJava言語が組み込みシステムの分野で世界的... [more] VLD2006-147 ICD2006-238
pp.39-44
MW 2006-11-22
10:10
福岡 早稲田大(北九州市) Ka帯6W MMIC 電力増幅器
大塚浩志山内和久茶木 伸中原和彦遠藤邦浩中山正敏三菱電機
 [more] MW2006-140
pp.51-54
ICD, VLD
(共催)
2006-03-09
16:00
沖縄 メルパルク沖縄 Java言語によるシステムLSI設計環境の提案
小山 学寺井裕幸中原和彦松本真樹近畿大)・山田晃久シャープ)・神戸尚志近畿大
現在、ハードウェア設計の現場ではシステムLSIの設計が効率よく行える高位合成言語による設計手法への関心が高まっている。一... [more] VLD2005-120 ICD2005-237
pp.73-78
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会