お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 152件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2022-08-18
17:45
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
宇宙‐地上間光通信の光地上局構築と着実な技術獲得 ~ 宇宙光直接通信技術 ~
向井達也橋本洋輔水田栄一荒木智宏宇宙機構)・高山佳久東海大
 [more]
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-15
10:10
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]新幹線回送線におけるローカル5G検証試験
洞井裕介山下真弘石間礼次JR東日本)・仙田航基松永博也坂本洋介NEC
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICM 2022-07-07
14:15
北海道 とかちプラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
環境適応処理における配置再構成の提案
山登庸次NTTICM2022-13
 [more] ICM2022-13
pp.15-20
SC 2022-03-11
14:10
ONLINE 機械振興会館 (ハイブリッド開催)からオンライン開催に変更 環境適応ソフトウェアにおけるアプリケーション最適配置
山登庸次NTTSC2021-41
ヘテロハードウェアを活用するには,プログラマーはOpenMP,CUDA,OpenCL等の十分な技術スキルが必要であった.... [more] SC2021-41
pp.33-38
IBISML 2022-01-17
11:20
ONLINE オンライン開催 特定クラスのリコール改善のための加法的角度マージン損失による分類器学習
西山大輝筑波大)・福地一斗秋本洋平佐久間 淳筑波大/理研IBISML2021-22
多クラス分類モデルの実世界応用では誤判定が重大な損失に繋がるクラスのRecallをより高くしたいニーズがある。本研究では... [more] IBISML2021-22
pp.29-36
IBISML 2022-01-18
13:20
ONLINE オンライン開催 分類器の説明に有効な因果コンセプトの自動発見
チャン クァン ティエン福地一斗秋本洋平佐久間 淳筑波大/理研IBISML2021-24
我々は「データXはクラスYと識別されたのは、Xが概念A,概念Bを持って、かつ概念Cを持たないから」のような形式でブラック... [more] IBISML2021-24
pp.45-53
QIT
(第二種研究会)
2021-11-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]サニャック型回転シア干渉計を用いた光の軌道角運動量密度測定
神田涼吾伊波雅生宮本洋子電通大
 [more]
SWIM, SC
(共催)
2021-08-27
15:55
ONLINE オンライン開催 (FIT2021との併催) ヘテロデバイス自動オフロード時の電力使用量削減評価
山登庸次NTTSWIM2021-25 SC2021-23
近年,少コアCPUだけでなく,GPU,FPGA,メニーコアCPU等のヘテロなデバイスを利用したシステムが増えている.しか... [more] SWIM2021-25 SC2021-23
pp.75-80
EA, ASJ-H
(共催)
2021-07-16
09:55
ONLINE オンライン開催 SuperColliderの様々な活用について ~ 個人的実践から ~
森本洋太cotonEA2021-13
主にコンピュータ音楽の制作ツールとして知られるSuperColliderであるが、筆者は創作のみならず企業や研究機関との... [more] EA2021-13
pp.61-65
ICTSSL 2021-07-08
15:00
ONLINE オンライン開催 COVID-19の感染リスクを考慮した飲食店における着座管理モデル
柿本陽平大前佑斗豊谷 純原 一之日大)・高橋弘毅東京都市大ICTSSL2021-11
新型コロナウイルス(COVID-19)が流行し,多くの飲食店では感染症対策ガイドラインに従った店舗の運用を行っている.営... [more] ICTSSL2021-11
pp.17-21
ICTSSL 2021-07-08
15:25
ONLINE オンライン開催 数理モデルを活用したCOVID-19接触確認アプリCOCOAの感染者数削減に対する効果検証 ~ GoToトラベルキャンペーンでの利用を推奨させた場合を例に ~
前橋亮太長岡璃杏二越友香林 悠河森口竜平豊中高校)・柿本陽平豊谷 純原 一之日大)・高橋弘毅東京都市大)・大前佑斗日大ICTSSL2021-12
2021年6月現在,COVID-19の感染拡大に歯止めのかからない状況が続いている.日本政府は当初より,感染対策の徹底と... [more] ICTSSL2021-12
pp.22-26
IN, NS
(併催)
2021-03-04
09:30
ONLINE オンライン開催 ネットワーク化された状態遷移ベースの制御システム向け可用性向上手法の一検討
井川昂輝塚本洋平遠山 治高橋克佳三菱電機NS2020-128
近年産業分野において,制御対象への信号制御を行う入力/出力ノードと,制御論理を持つコントローラノードとをネットワーク接続... [more] NS2020-128
pp.31-36
AI 2021-02-12
09:05
ONLINE オンライン開催 一斉外出自粛の解除戦略がCOVID-19感染者数と外出者数に与える影響 ~ マルチエージェントシミュレーションによる戦略評価 ~
大前佑斗日大)・柿本陽平法政大)・豊谷 純原 一之權 寧博日大)・高橋弘毅東京都市大AI2020-22
2020年11月現在,世界中で COVID-19 が猛威を振るっている.
この対策の一つに,国民の一斉外出自粛が存在す... [more]
AI2020-22
pp.1-6
QIT
(第二種研究会)
2020-12-10
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]電子線描画による複屈折光学素子の作製
新田虎太朗関 奏太宮本洋子電通大
光の空間モードを変換するq-plateを作製するため、複屈折を示すと期待される周期構造を設計し、電子ビーム露光装置で試作... [more]
SWIM 2020-11-28
15:40
ONLINE オンライン開催 アプリケーション自動オフロードにおけるリソース量設定の検討
山登庸次NTTSWIM2020-11
 [more] SWIM2020-11
pp.34-39
KBSE, SC
(共催)
2020-11-13
10:05
ONLINE オンライン開催+機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
多様な移行元言語からの共通的GPU自動オフロード検討
山登庸次NTTKBSE2020-9 SC2020-13
 [more] KBSE2020-9 SC2020-13
pp.1-6
IN, ICTSSL, NWS
(連催)
2020-10-22
11:20
ONLINE オンライン開催 移行先混在環境における自動オフロード方式の検討
山登庸次NTTIN2020-30
 [more] IN2020-30
pp.1-6
IBISML 2020-10-22
14:50
ONLINE オンライン開催 深層学習における不適切なコンセプトによる説明の抑制
宗政友洋筑波大)・福地一斗秋本洋平佐久間 淳筑波大/理研IBISML2020-32
人間が直感的に理解できる概念 (concept) を用いた説明法である TCAV は,concept に基づく post... [more] IBISML2020-32
pp.61-68
LOIS, IPSJ-DC
(連催)
2020-07-10
14:35
ONLINE オンライン開催 メディア授業用動画配信の実施 ~ COVID-19への緊急対応 ~
檜垣泰彦藤本茂雄高瀬浩一武内八重子松本暢平池田晶子千葉大)・清水健一ブルーリンクシステムズ)・岡田聡志千葉大LOIS2020-3
千葉大学では2020年度のメディア授業の導入を目指して準備を進めてきたが,COVID-19の発生により,その役割は大きく... [more] LOIS2020-3
pp.1-6
RECONF 2020-05-28
16:05
ONLINE オンライン開催 Xilinx Alveo U250を用いた電子ホログラフィ専用計算機の実装
山本洋太千葉大)・増田信之東京理科大)・下馬場朋禄角江 崇伊藤智義千葉大RECONF2020-9
電子ホログラフィは人間が奥行きを知覚する為に必要な奥行き手がかりをすべて再現可能であり,理想的な3次元映像提示技術として... [more] RECONF2020-9
pp.49-53
 152件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会