電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CCS, IN
(併催)
2019-08-02
14:20
北海道 KIKI 知床 ナチュラルリゾート エコーステートネットワークの予測能力に関する活性化関数の影響
張 瀚天筑波大)・中岡慎治北大)・安東弘泰筑波大CCS2019-23
Echo State Network は近年注目を集めているReservoir Computing のモデルの1つであり... [more] CCS2019-23
pp.27-30
ASN 2019-01-29
14:25
鹿児島 休暇村 指宿 [ポスター講演]シミュレーションを用いた高精度3次元再構成のためのドローン飛行計画最適化の試み
小林竜也張 鶴鳴河合 新延原 肇筑波大ASN2018-95
現状のドローンによる3次元再構成のスキームにおいて、ドローンの撮影位置、枚数などの各種パラメータはオペレータの勘や経験に... [more] ASN2018-95
pp.89-93
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2018-05-26
14:30
愛知 名古屋工業大学 Γロバスト最適化における最悪シナリオ
張 佳宝名大)・○呉 偉成蹊大)・柳浦睦憲名大COMP2018-1
解のロバスト性を考慮した組合せ最適化問題に関する研究が近年盛んになっており,経済,建築,都市計画,化学など多くの分野で応... [more] COMP2018-1
pp.17-24
PRMU, IE, MI, SIP
(共催)
2016-05-20
09:00
愛知 名古屋大学 Pedestrian Detection using Mid-level Body Parts
Cong CaoGuanwen ZhangYu WangJien KatoKenji MaseNagoya Univ.SIP2016-17 IE2016-17 PRMU2016-17 MI2016-17
 [more] SIP2016-17 IE2016-17 PRMU2016-17 MI2016-17
pp.91-94
MSS, SS
(共催)
2015-01-27
10:25
鳥取 ブランナールみささ ワークフローネットのリファクタリングに対するimplicitプレースに着目したアプローチ
張 佳豊嶋伊知郎山口真悟山口大MSS2014-84 SS2014-48
ワークフローネットをその振舞いを保ったままサブクラスのネットへ変換することをリファクタリングという.アサイクリック拡張自... [more] MSS2014-84 SS2014-48
pp.91-96
SWIM 2014-11-29
10:05
東京 東京工芸大学 社会システムにおいて継続進化するモデルのデザイン技法 ~ 人間の認識と価値観および動的モデルの構図 ~
長 香奈恵 SWIM2014-15
3・11直後, 被災地や各所で, 「スマートシティ」計画に注目が集まった. 約3ヶ月後, 2011年6月のSWIM研究会... [more] SWIM2014-15
pp.1-8
SDM 2014-06-19
15:20
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー [依頼講演]ナノドットを電極に用いたNi/SiOx/Niダイオードの抵抗変化特性評価
大田晃生劉 冲荒井 崇竹内大智張 海牧原克典宮崎誠一名大SDM2014-56
 [more] SDM2014-56
pp.69-73
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2014-01-24
15:30
大阪 大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟 People Re-identification with Auxiliary Knowledge
Guanwen ZhangJien KatoYu WangKenji MaseNagoya Univ.PRMU2013-114 MVE2013-55
 [more] PRMU2013-114 MVE2013-55
pp.251-255
BioX
(第二種研究会)
2013-08-28
13:30
大阪 大阪大学 産業科学研究所 [招待講演]顔・人体照合技術の捜査支援ツールへの応用
勞 世竑・○張 海虹オムロン
 [more]
SDM 2013-06-18
13:15
東京 機械振興会館 リモートH2プラズマ支援によるCoPtナノドットの高密度形成と帯電・帯磁特性評価
牧原克典福岡 諒張 海壁谷悠希名大)・大田晃生広島大)・宮崎誠一名大SDM2013-53
 [more] SDM2013-53
pp.47-50
SS, IPSJ-SE
(連催)
2012-11-01
13:15
広島 広島市立大学、講堂 小ホール ネットワークの振る舞いに依存するシステムへの形式的手法の適用の検討
吉田信明京都高度技研)・張 漢明沢田篤史南山大)・中村行宏京都高度技研SS2012-39
無線などの通信機能を持つデバイスを分散配置し,そのデバイスを通じてエリア内を移動する利用者の端末にサービス提供するシステ... [more] SS2012-39
pp.35-40
SS, IPSJ-SE
(連催)
2012-11-01
13:40
広島 広島市立大学、講堂 小ホール 並行システム記述におけるフォールトパターンに関する考察
張 漢明野呂昌満沢田篤史吉田 敦蜂巣吉成横森励士南山大SS2012-40
モデル検査では,デッドロックや仕様が満たされないことを検出した場合,反例が提示されるが,その原因となるフォールトの特定は... [more] SS2012-40
pp.41-46
PRMU 2012-10-04
09:30
千葉 幕張メッセ People Re-identification Using Local Similarity Estimation
Guanwen ZhangJien KatoYu WangKenji MaseNagoya Univ.PRMU2012-52
 [more] PRMU2012-52
pp.7-11
SWIM 2011-11-18
11:45
東京 東海大学 高輪キャンパス スマートソサエティのコンセプチュアルモデル形成に向けたモデルの継続的進化の提案 ~ 基調講演 IPA/SEC統合系プロジェクトの取組み 研究会講義を参考に ~
長 香奈恵 SWIM2011-22
3・11 以降, 被災先をはじめ, スマートシティ計画に注目が集まり, 各地でジャパン・モデルの確立に向けて, 急速な活... [more] SWIM2011-22
pp.25-29
NLP 2011-11-09
14:55
沖縄 宮古島マリンターミナル2F研修室 乱流熱対流モデルとしての拡張ローレンツ方程式の可能性について
宮野尚哉長 憲一郎鳥山寿之立命館大NLP2011-102
Rayleigh-B\'{e}nard対流の物理機構を真似て実現されるカオスガスタービンの運動方程式を無次元化すると,$... [more] NLP2011-102
pp.61-64
SWIM 2011-08-26
17:35
東京 機械振興会館 人間の認識に基づく継続管理の検討課題と意識に関わる問題および今後のモデルへの展望の提案 ~ 人間の認識とモデリングの視点から ~
長 香奈恵 SWIM2011-17
2011 年6 月、SWIM 第一回研究会において、私は『事業継続管理の今日の状況および「継続管理」のイメージング』とい... [more] SWIM2011-17
pp.37-40
SWIM 2011-06-17
11:10
東京 機械振興会館 事業継続管理の今日の状況および「継続管理」のイメージング ~ 人間の認識とモデリングの視点から ~
長 香奈恵 SWIM2011-1
モデリングは、人間の認識とシステムの認識を合わせるコミュニケーションのシーンに活かすことができる。本稿では、人間の認識の... [more] SWIM2011-1
pp.1-5
SS 2010-03-08
10:00
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス E-AoSAS++における振舞い検証の枠組み
張 漢明沢田篤史野呂昌満南山大SS2009-64
アスペクト指向に基づくソフトウェアアーキテクチャの設計では,複数の関心事をモジュールとして分離することができる反面,全体... [more] SS2009-64
pp.97-102
SS 2010-03-08
16:30
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 遅延パーサを用いた軽量なXQuery処理系
蜂巣吉成野呂昌満沢田篤史張 漢明南山大SS2009-74
 [more] SS2009-74
pp.157-162
ET 2009-05-23
11:00
東京 電気通信大 WebからのUnknown Awarenessによる旅行体験増幅
尾形 賢古長克彦柏原昭博電通大ET2009-2
旅行体験を通して得られた知識を増幅するために,体験した物事に関連した未知情報に対する気づき(Unknown Awaren... [more] ET2009-2
pp.7-12
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会