お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2015-10-09
15:50
石川 金沢工業大学 ScAlN圧電薄膜から励起されたコヒーレントフォノンのBrillouin散乱
趙 恩慧川部昌彦高柳真司同志社大)・鈴木雅視柳谷隆彦早大)・松川真美同志社大US2015-63
Brillouin散乱とは,入射したフォトンと物質内の熱的な格子振動であるフォノンとの非弾性衝突により,入射光の周波数が... [more] US2015-63
pp.27-30
IE, ICD, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-10-02
13:50
宮城 東北大学 さくらホール 低電力プログラマブル遅延素子と遅延同期回路を用いた製造後クロックスキュー調整手法
室岡大二郎張 宇董 青中武繁寿北九州市大VLD2014-62 ICD2014-55 IE2014-41
 [more] VLD2014-62 ICD2014-55 IE2014-41
pp.13-18
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2014-05-29
08:55
福岡 北九州国際会議場 11会議室 チャネル分割によるプログラマブル遅延素子の特性検証
室岡大二郎永尾滉二張 宇中武繁寿北九州市大VLD2014-2
 [more] VLD2014-2
pp.7-12
RCS, SIP
(共催)
2014-01-23
14:15
福岡 九州大学 2値係数バイラテラルフィルタによる画像の雑音除去
張 宇浦浜喜一九大SIP2013-103 RCS2013-273
 [more] SIP2013-103 RCS2013-273
pp.107-112
ITE-AIT, ITE-ME
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2013-11-26
10:55
福岡 久留米高専 2値係数バイラテラルフィルタによる画像の計算量軽減平滑化
張 宇浦浜喜一九大IE2013-68
 [more] IE2013-68
pp.39-42
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2013-05-16
09:00
福岡 北九州国際会議場 レイアウト依存効果を考慮したパラメータ化セルによる性能駆動SRAMマクロ設計手法
張 宇中武繁寿北九州市大VLD2013-1
ナノスケール·プロセスでは、
Shallow Trench Isolation(STI)ストレスとウェル... [more]
VLD2013-1
pp.1-6
IE, SIP, ICD, VLD, IPSJ-SLDM
(共催) [詳細]
2012-10-19
14:30
岩手 ホテルルイズ(盛岡)【変更】 幾何学計画法によるSRAMマクロ合成手法
張 宇董 青中武繁寿北九州市大)・楊 波李 静設計アルゴリズム研VLD2012-54 SIP2012-76 ICD2012-71 IE2012-78
本研究では、幾何学計画法(Geometric Programming) に基づき、超微細プロセスにおける6T-SRAM ... [more] VLD2012-54 SIP2012-76 ICD2012-71 IE2012-78
pp.77-82
IPSJ-SLDM, VLD
(連催)
2012-05-31
10:20
福岡 北九州国際会議場 GP最適化法に基づくSTI制約を考慮したコンパレータ回路エネルギーモデルの提案
陳 功張 宇楊 波董 青中武繁寿北九州市大VLD2012-8
低電力アナログ回路設計においては、STI ストレスによる電流ばらつきは無視できない。この論文では、
プリアンプとラッチ... [more]
VLD2012-8
pp.43-48
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会