お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 49件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, RCS
(併催)
2019-12-20
09:00
徳島 徳島大学 通信事業者及びバックホール事業者を考慮したMECセルラネットワークの設計
中里 仁中村 誠ユ タオ李 宗典タン ザカン阪口 啓東工大NS2019-150 RCS2019-253
近年,セルラネットワークを利用するデバイス数の増加により,モバイルトラヒックが増加している.これに対してアクセス側でトラ... [more] NS2019-150 RCS2019-253
pp.83-88
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
13:35
北海道 函館アリーナ ミリ波メッシュバックホールネットワークにおける干渉低減法に関する研究
中村 誠タン ザカン阪口 啓東工大RCC2018-53 NS2018-77 RCS2018-122 SR2018-53 ASN2018-47
近年,モバイルトラヒックが急速に増加しており,快適な通信環境を構築するために5Gでは高速通信の実現が要求されている.高速... [more] RCC2018-53 NS2018-77 RCS2018-122 SR2018-53 ASN2018-47
pp.123-130(RCC), pp.197-204(NS), pp.205-212(RCS), pp.151-158(SR), pp.139-146(ASN)
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
09:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]Machine Learning Based Regression of Fingerprint Database for Unknown Radio Localization
Azril HanizGia Khanh TranKei SakaguchiJun-ichi TakadaTokyo Tech)・Toshihiro YamaguchiTsutomu MitsuiShintaro ArataKoden ElectronicsSR2017-129
 [more] SR2017-129
pp.81-88
SR, SRW
(併催)
2017-10-23
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]Deterministic and Probabilistic Fingerprint-based Localization utilizing RSS and Phase-difference
Azril HanizGia Khanh TranKei SakaguchiJun-ichi TakadaTokyo Tech)・Toshihiro YamaguchiTsutomu MitsuiShintaro ArataKoden ElectronicsSR2017-69 SRW2017-22
 [more] SR2017-69 SRW2017-22
pp.11-18(SR), pp.17-24(SRW)
SR, SRW
(併催)
2017-10-23
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]Robust and Low Complexity Signal Detection Method based on Power Spectrum under Noise Uncertainty
Hiroyuki Kamata・○Gia Khanh TranKei SakaguchiKiyomichi ArakiTokyo TechSR2017-73 SRW2017-25
 [more] SR2017-73 SRW2017-25
pp.25-26(SR), pp.29-30(SRW)
RCS 2016-10-20
13:50
神奈川 YRP(横須賀) [依頼講演]ミリ波を用いる5Gセルラネットワークを実現するために
タン ザカン阪口 啓荒木純道安藤 真広川二郎府川和彦張 裕淵高田潤一齋藤健太郎松澤 昭岡田健一宮原正也東工大RCS2016-167
東京工業大学では次世代セルラシステムのアーキテクチャとしてミリ波ヘテロジニアスネットワークを推奨してきた. 本稿では東京... [more] RCS2016-167
pp.83-88
SR, SRW
(併催)
2016-05-17
14:00
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]Dynamic Tracking of Unknown Emitters in Urban Environments using Particle Filters
Azril HanizGia Khanh TranKentaro SaitoKei SakaguchiJun-ichi TakadaTokyo Tech)・Daisuke HayashiToshihiro YamaguchiShintaro ArataKoden ElectronicsSR2016-24 SRW2016-21
 [more] SR2016-24 SRW2016-21
pp.83-90(SR), pp.71-78(SRW)
SR, SRW
(併催)
2016-05-17
14:00
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]Sub-optimal and Low complexity Signal Detection method based on Power Spectrum under Noise Uncertainty
Hiroyuki Kamata・○Tran Gia KhanhKei SakaguchiKiyomichi ArakiTokyo Tech.SR2016-26 SRW2016-23
 [more] SR2016-26 SRW2016-23
pp.93-94(SR), pp.81-82(SRW)
RCS 2016-04-21
14:25
青森 弘前市・星と森のロマントピア C-RANに基づく5G HetNetにおけるユーザ満足度を満たすスモールセル基地局の動的ON/OFF制御
タン ザカン下平英和阪口 啓荒木純道東工大RCS2016-2
本稿ではエネルギー効率bits/Wを目的関数としてC-RANに基づく5Gヘテロジニアスセルラネットワークにおける総消費電... [more] RCS2016-2
pp.7-12
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-04
11:40
東京 東京工業大学 屋内環境における連携型APによる測位システムの構築および実験検証
小坂亮太タン ザカン阪口 啓荒木純道東工大SR2015-113
近年,位置情報サービスの普及により屋内における位置推定技術が注目されている.屋内位置推定システムとしてWi-Fiシステム... [more] SR2015-113
pp.145-150
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-04
13:15
東京 東京工業大学 [依頼講演]ミリ波OFDMシステムにおける簡易サブキャリア間干渉補償スキーム ~ チャネル推定法を考慮したPER評価 ~
張 裕淵タン ザカン阪口 啓荒木純道東工大SR2015-114
 [more] SR2015-114
pp.151-156
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-04
14:05
東京 東京工業大学 [依頼講演]Fingerprint-based Localization of Unknown Radio Emitters in Non Line-of-Sight Environments
Azril HanizGia Khanh TranKentaro SaitoKei SakaguchiJun-ichi TakadaTokyo Tech)・Daisuke HayashiToshihiro YamaguchiShintaro ArataKoden ElectronicsSR2015-116
 [more] SR2015-116
pp.163-170
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-04
15:55
東京 東京工業大学 60 GHz帯室内環境における公平性を考慮したマルチユーザMIMOシステムの設計 ~ プロポーショナルフェアなユーザスケジューリングに関する検討 ~
櫨 紗也子張 裕淵タン ザカン荒木純道東工大RCS2015-397
近年のデータトラヒックの増加に伴い,第5世代無線通信システム『5G』では,広帯域を確保でき,免許不要で使用可能な60GH... [more] RCS2015-397
pp.375-380
AP, RCS, WPT, SAT
(併催)
2015-11-05
14:35
沖縄 沖縄県立博物館・美術館 [依頼講演]ミリ波帯MU-MIMOシステムのユーザスケジューリング方式の一検討 ~ 小会議室チャネルモデルと3セクタ・アクセスポイントによる評価 ~
張 裕淵廣田佳祐タン ザカン阪口 啓荒木純道東工大AP2015-135 RCS2015-220
近年,60 GHzミリ波帯は従来に比べ大きな帯域を確保することができ,免許不要で運用が可能なので,60 GHz帯における... [more] AP2015-135 RCS2015-220
pp.145-150(AP), pp.181-186(RCS)
SR, SRW
(併催)
2015-10-27
09:30
東京 構造計画研究所(本所新館) [ポスター講演]Inter-carrier Interference Compensation Scheme for Millimeter Wave OFDM Systems
Yuyuan ChangGia Khanh TranKei SakaguchiKiyomichi ArakiTokyo Tech.SR2015-48 SRW2015-29
 [more] SR2015-48 SRW2015-29
pp.17-18
SR, SRW
(併催)
2015-10-27
09:30
東京 構造計画研究所(本所新館) [技術展示]Hardware Demonstration of Wi-Fi Fingerprint based Millimeter Wave Beamforming
Ehab Mahmoud MohamedOsaka Univ.)・Gia Khanh TranKei SakaguchiTokyo Tech)・Seiichi SampeiOsaka Univ.SR2015-62 SRW2015-43
 [more] SR2015-62 SRW2015-43
pp.59-60
RCS 2015-10-01
15:45
神奈川 YRP(横須賀) [依頼講演]5Gに対する東京工業大学の取組み ~ ミリ波ヘテロジニアスネットワークを実現するために ~
阪口 啓タン ザカン荒木純道安藤 真広川二郎府川和彦張 裕淵高田潤一齋藤健太郎松澤 昭岡田健一宮原正也東工大RCS2015-172
東京工業大学では大容量通信を実現する第5世代セルラシステムのアーキテクチャとしてミリ波ヘテロジニアスネットワークを推奨し... [more] RCS2015-172
pp.83-88
AP, SANE
(併催)
2015-08-27
11:55
茨城 茨城大学 水戸キャンパス [依頼講演]WiFi位置指紋を用いたミリ波連携ビームフォーミング
タン ザカン岩田亮介東工大)・エハブ マフムード モハメッド阪大)・阪口 啓東工大AP2015-62 SANE2015-35
WiGigにおいて伝搬損失の増加や遮蔽物の影響を受けやすいため, 利得を稼ぐビームフォーミング技術が導入されている. し... [more] AP2015-62 SANE2015-35
pp.7-12
RCS, SR, SRW
(併催)
2015-03-05
09:50
東京 東京工業大学 【MiWEBA】クラウド連携ヘテロジニアスネットワークにおける基地局動的ON/OFF制御の一検討
タン ザカン下平英和東工大)・阪口 啓阪大)・荒木純道東工大SR2014-127
近年のスマートフォンやタブレットの普及に伴い,ネットワークを流れるトラヒックは今後10 年で1000 倍になると予測され... [more] SR2014-127
pp.93-100
MW 2014-12-18
14:15
東京 青山学院大 青山キャンパス ミリ波OFDM送受信機局部発振器に起因する位相雑音を補償するための低演算量周波数領域信号処理
松本光平張 裕淵タン ザカン荒木純道東工大MW2014-158
OFDM (直交周波数分割多重) は高い周波数利用効率や遅延波への耐性を持つため,無線LAN,LTE (Long Ter... [more] MW2014-158
pp.53-58
 49件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会