お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 69件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, VLD
(共催)
2019-02-27
13:55
沖縄 沖縄県青年会館 選択的な端子対接続による集合対間配線手法
赤木佳乃佐藤真平高橋篤司東工大
集合対間配線問題に対し,最大配線長と配線長差の小さい配線パターンを効率よく生成する手法を提案する.提案手法は,まず,最大... [more] VLD2018-99 HWS2018-62
pp.37-42
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2019-01-30
10:30
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 一般同期性能を向上させる遅延最適化に関する検討
佐々栄治郎佐藤真平高橋篤司東工大
 [more] VLD2018-72 CPSY2018-82 RECONF2018-46
pp.1-6
NC, MBE
(併催)
2018-12-15
15:30
愛知 名古屋工業大学 次世代シーケンサーを用いた一塩基多型解析におけるロジスティック回帰による解析精度向上手法の提案
東 銀史近畿大)・高橋 篤国立循環器病研究センター)・大星直樹近畿大
ゲノム解析において最も高頻度に観測される変異として, 一塩基多型(Single Nucleotide Polymorph... [more] NC2018-37
pp.51-55
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-07
14:10
広島 サテライトキャンパスひろしま 0-1二次計画法によるプロセスばらつきを考慮したモデルベースマスク補正手法
東 梨奈小平行秀会津大)・松井知己高橋篤司東工大)・児玉親亮野嶋茂樹東芝メモリ
半導体製造における回路パターンの限界寸法の縮小のため,光リソグラフィによる半導体加工技術の進歩が求められている.光リソグ... [more] VLD2018-70 DC2018-56
pp.209-214
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-08
15:30
熊本 くまもと県民交流館パレア 集合対間配線における目標端子対選択法に関する一検討
赤木佳乃佐藤真平高橋篤司東工大
 [more] VLD2017-59 DC2017-65
pp.235-240
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2017-06-20
15:30
新潟 新潟大学五十嵐キャンパス 中央図書館ライブラリーホール 演算器の可変レイテンシ化による処理性能と回路面積のトレードオフに関する評価
右近祐太佐藤真平高橋篤司東工大
データセンタにおいて想定されるサービスには高い精度を必要とせず,かつ計算量の多い処理が多数ある.そのため,少ないリソース... [more] CAS2017-23 VLD2017-26 SIP2017-47 MSS2017-23
pp.119-124
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2017-05-10
16:05
福岡 北九州国際会議場 [招待講演]IEEE CEDA 日本チャプター発足とその役割
高橋篤司東工大
日本におけるEDA分野の更なる活性化を目的として,IEEE the Council on Electronic Desi... [more] VLD2017-3
pp.13-16
VLD 2017-03-02
10:30
沖縄 沖縄県青年会館 TPLのための半正定値計画緩和に基づくレイアウト分割手法のポリゴン集合クラスタリングによる高速化
半田昌平佐藤真平高橋篤司東工大
 [more] VLD2016-111
pp.55-60
VLD 2017-03-02
11:20
沖縄 沖縄県青年会館 LELEダブルパターニングにおけるFMアルゴリズムを用いた効率的なパターン局所修正手法
尾頭 篤佐藤真平高橋篤司東工大
現在の半導体設計では,高品質で短時間の設計が求められている.
近年の最先端のリソグラフィ技術では,デザインルールに従う... [more]
VLD2016-113
pp.67-72
VLD 2017-03-02
11:45
沖縄 沖縄県青年会館 単層プリント基板における目標等長配線を実現するための部分配線修正手法
杉原 舜佐藤真平高橋篤司東工大
プリント基板における各ネットの配線は遅延やノイズなどの要求を満たすため、
それぞれ目標とする配線長を達成する必要がある... [more]
VLD2016-114
pp.73-78
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-25
09:25
神奈川 慶大日吉キャンパス 典型的な回路を用いた近似演算における入力系列の演算精度への影響の調査
佐藤真平右近祐太高橋篤司東工大
集積回路において,可変レイテンシを仮定すると回路はタイミングエラーが発生する可能性のあるクロッ
ク周期で動作させること... [more]
VLD2016-95 CPSY2016-131 RECONF2016-76
pp.165-170
MBE, NC
(併催)
2016-03-22
10:55
東京 玉川大学 皮膚電気刺激における高周波ブロックの試み
高橋 篤二見亮弘福島大
バースト状の低周波(主刺激)と高周波(副刺激)の刺激波形を重ね合わせて用いる際、2組の電極を使い空間的に合成する手法と,... [more] MBE2015-106
pp.17-20
VLD 2016-03-02
10:30
沖縄 沖縄県青年会館 Self-Aligned Quadruple Patterningのための3色グリッド上の異色ネットを考慮した配線手法
本江俊幸高橋篤司東工大
Self-Aligned Quadruple Patterning(SAQP)は半導体の微細化限界を超える為の有望な技術... [more] VLD2015-135
pp.137-142
VLD 2016-03-02
13:50
沖縄 沖縄県青年会館 動的タイミングエラー検出を用いた可変レイテンシ化による一般同期式回路の高性能化
中塚裕志高橋篤司東工大
完全同期方式に代わる設計方式として提案された一般同期方式では,フリップフロップへのクロックの同時到達性を仮定しない.一般... [more] VLD2015-140
pp.167-172
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2015-06-17
16:20
北海道 小樽商科大学 [パネル討論]システムと信号処理サブソサイエティの役割 ~ 学会活動と就職活動 ~
高橋篤司東工大)・金子美博岐阜大)・松永裕介九大)・宝珠山 治中村祐一NEC
システムと信号処理サブソサイエティを構成する4研専は,平成22年から合同研究会を年1回開催している.この合同研究会の意味... [more] CAS2015-12 VLD2015-19 SIP2015-43 MSS2015-12
p.65
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2015-05-14
10:05
福岡 北九州国際会議場 折れ曲がり制約を含む配線問題のNP完全性
本江俊幸高橋篤司東工大
次世代リソグラフィ技術の一つである側壁プロセスを2回用いるSAQP(Self-Aligned Quadruple Pat... [more] VLD2015-3
pp.13-18
VLD 2015-03-02
13:25
沖縄 沖縄県青年会館 側壁プロセス配線におけるカットパターン削減手法
高橋紀之井原岳志高橋篤司東工大
側壁プロセスによるダブルパターニング(SADP)によって実現可能な配線パターンを,
効率よく生成するために,二色配線グ... [more]
VLD2014-154
pp.7-12
VLD 2015-03-04
13:00
沖縄 沖縄県青年会館 エラー検出回復方式を導入した乗算器の性能検証
大月郷史高橋篤司東工大
現在のデジタル集積回路の主流方式では,フリップフロップ間の信号伝搬遅延の最大値が回路性能を決める.そのため最大遅延の削減... [more] VLD2014-181
pp.159-164
ICD, SDM
(共催)
2014-08-04
13:55
北海道 北海道大学 情報教育館(札幌市) [招待講演]混載メモリ適用に向けたスピン注入型MRAMの開発
杉井寿博射場義久青木正樹能代英之角田浩司畑田明良中林正明山崎裕一高橋 厚吉田親子超低電圧デバイス技術研究組合
本論文では,エレクトロニクス機器に使用されるシステムLSIの混載メモリに関する課題を取り上げ,不揮発,無限回書き換え,高... [more] SDM2014-68 ICD2014-37
pp.35-38
VLD, IPSJ-SLDM
(連催)
2014-05-29
11:30
福岡 北九州国際会議場 11会議室 半正定値緩和法を用いたLELECUTトリプルパターニングのためのレイアウト分割手法
小平行秀会津大)・松井知己東工大)・横山陽子児玉親亮東芝)・高橋篤司東工大)・野嶋茂樹田中 聡東芝
次世代リソグラフィ技術として,2つのマスクをパタン形成のために,3つ目のマスクを形成したパタンを削除するためのカットとし... [more] VLD2014-6
pp.27-32
 69件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会