お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 81件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2022-03-07
13:15
ONLINE オンライン開催 データ語書換え系の正則保存性とそのプロトコル検証への応用
坂尾優斗関 浩之名大SS2021-46
 [more] SS2021-46
pp.25-30
COMP 2022-03-06
10:00
ONLINE オンライン開催 重み付き文脈自由文法の曖昧さ階層について
井上裕介橋本健二関 浩之名大COMP2021-31
重み付き文脈自由文法(WCFG)とは, 文脈自由文法(CFG)の重み付きの拡張であり, その性質について盛んに研究が行わ... [more] COMP2021-31
pp.1-7
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2021-12-27
10:50
ONLINE 国立情報学研究所(NII)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
木分解の圧縮および解集合プログラミングによる問合せ
小島和之関 浩之名大DE2021-16
グラフの木分解は,グラフデータへの問合せ処理に対する有効なアプローチであるが,木分解自体に大きな計算量を要することが多い... [more] DE2021-16
pp.7-12
SS, DC
(共催)
2021-10-19
15:25
ONLINE オンライン開催 レジスタオートマトンと能力等価な凍結演算子付きmu-計算の部分クラス
大西 晃仙田涼摩名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大SS2021-17 DC2021-22
有限オートマトンに,データ値を扱えるレジスタを追加して拡張したレジスタオートマトン (RA)は,所属問題や空問題が判定可... [more] SS2021-17 DC2021-22
pp.23-28
SS 2021-03-03
10:00
ONLINE オンライン開催 重み付き多重文脈自由文法とその性質について
井上裕介関 浩之名大SS2020-28
多重文脈自由文法(MCFG)は文字列の組を生成できるようにCFGを拡張した形式文法であり, 構文記述, 生物系列解析等へ... [more] SS2020-28
pp.1-6
SS 2021-03-03
10:25
ONLINE オンライン開催 レジスタオートマトンに変換可能な凍結演算子付き線形時相論理の部分クラス
大西 晃仙田涼摩名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大SS2020-29
有限オートマトンに,データ値を扱えるレジスタを追加して拡張したレジスタオートマトン (RA)は,所属問題や空問題が判定可... [more] SS2020-29
pp.7-12
MSS, SS
(共催)
2021-01-27
15:25
ONLINE オンライン開催 レジスタをもつ計算モデルが表現する言語に対するポンプの補題
中西凜道仙田涼摩名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大MSS2020-41 SS2020-26
レジスタオートマトン, レジスタ文脈自由文法, レジスタ木オートマトンは, 従来の計算モデルおよび文法にレジスタを追加し... [more] MSS2020-41 SS2020-26
pp.72-77
DC, SS
(共催)
2020-10-19
13:25
ONLINE オンライン開催 LTL Model Checking for Register Pushdown Systems
Ryoma SendaNagoya Univ.)・Yoshiaki TakataKUT)・Hiroyuki SekiNagoya Univ.SS2020-6 DC2020-23
A pushdown system (PDS) is known as an abstract model of rec... [more] SS2020-6 DC2020-23
pp.7-12
SS, MSS
(共催)
2020-01-14
16:55
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス モデル計数に基づく動的QIF解析法の提案と評価
福田大地関 浩之名大MSS2019-49 SS2019-33
プログラムのセキュリティ強度を表すために、情報の漏洩量の尺度として、量的情報流(QIF) が注目されている。
QIF ... [more]
MSS2019-49 SS2019-33
pp.49-54
DC, SS
(共催)
2019-10-24
14:30
熊本 熊本大学 Computing Optimal Weight in Weighted Register Automata and Related Decision Problems
Reo YoshimuraNagoya Univ.)・Yoshiaki TakataKochi-tech.)・Hiroyuki SekiNagoya Univ.SS2019-16 DC2019-44
 [more] SS2019-16 DC2019-44
pp.19-24
RCS 2019-06-21
16:25
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 5G超高密度分散アンテナシステムにおける大容量化技術の実験的検証 ~ 最大32ストリーム伝送における協調無線リソーススケジューリングアルゴリズムの検証 ~
小林崇春熊谷慎也筒井正文秋山千代志伊達木 隆関 宏之箕輪守彦富士通)・奥山達樹増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2019-99
第5世代移動通信システム(5G)では,送信点(TP)を高密度に配置することにより,システム容量を大幅に増加する技術が必要... [more] RCS2019-99
pp.365-370
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
10:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 5G実現に向けた超高密度マルチバンド・マルチアクセス多層セル構成による大容量化技術の研究開発
箕輪守彦・○関 宏之富士通)・奥村幸彦須山 聡NTTドコモ)・寺田 純重松智志鷹取泰司NTT)・浅野弘明パナソニック)・平野幸男三菱電機)・山尾 泰電通大)・安達文幸中沢正隆東北大RCS2018-323
著者らは,総務省が「平成27年度における電波資源拡大のための研究開発」として公募した研究開発課題の一つである「第5世代移... [more] RCS2018-323
pp.207-212
SS 2019-03-04
17:35
沖縄 沖縄産業支援センター 動的情報漏洩量の解析および適応的制御入力最適化
三輪竜矢関 浩之名大SS2018-68
プログラムのセキュリティの尺度として動的情報漏洩量が提案されている.本稿ではまず,与えられたプログラムの機密入力と観測出... [more] SS2018-68
pp.97-102
MSS, SS
(共催)
2019-01-16
09:00
沖縄 沖縄県青年会館 重み付きレジスタオートマトンの最小重み実行問題
吉村玲勇関 浩之名大MSS2018-66 SS2018-37
レジスタオートマトン(RA)とは有限オートマトンにレジスタを加えてデータ値を扱えるようにした計算モデルである.近年,遷移... [more] MSS2018-66 SS2018-37
pp.61-66
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
11:00
沖縄 沖縄産業支援センター 5G超高密度分散アンテナシステムにおける送信点の配置およびアンテナ構成に関する検討
大山哲平熊谷慎也瀬山崇志富士通)・秋山千代志富士通研)・伊達木 隆関 宏之箕輪守彦富士通)・奥山達樹増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2018-207
筆者らは,5G移動通信の大容量化技術として,ホットスポットに送信点(TP)を高密度に配置し,集約ベースバンド基地局から協... [more] RCS2018-207
pp.167-172
RCS 2018-10-18
10:30
東京 機械振興会館 5G超高密度分散アンテナシステムにおける大容量化技術の実験的検証 ~ リアルタイム伝送装置を用いた8送信点協調MU-MIMO屋内実験結果 ~
筒井正文小林崇春伊達木 隆関 宏之箕輪守彦富士通)・秋山千代志椎崎耕太郎富士通研)・奥山達樹増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2018-154
 [more] RCS2018-154
pp.25-30
RCS 2018-10-19
13:30
東京 機械振興会館 [依頼講演]リアルタイム伝送装置を用いた5G超高密度分散アンテナシステムの実験の取り組み
瀬山崇志大山哲平伊達木 隆関 宏之箕輪守彦富士通RCS2018-171
スマートフォンの普及に伴い,モバイルデータトラフィックは急速に増加し続けている.2020年には月あたり30エクサバイトに... [more] RCS2018-171
p.113
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-18
11:05
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 状態遷移学習による分散協調システムの異常診断法
渡邉陽介名大)・佐藤守一豊田中研)・関 浩之結縁祥治名大SS2018-3 KBSE2018-13
IoT(Internet of Things)の普及やつながるクルマの進展により,複数のシステムの連携が拡大している.シ... [more] SS2018-3 KBSE2018-13
pp.13-18
IN, RCS, NV
(併催)
2018-05-10
10:25
神奈川 慶應義塾大学 5G超高密度分散アンテナシステムにおける大容量化技術のアルゴリズム検討 ~ 共通BFの切替制御に基づく協調クラスタ間干渉制御の検討 ~
実川大介瀬山崇志熊谷慎也大山哲平伊達木 隆富士通)・松山幸二富士通研)・関 宏之箕輪守彦富士通RCS2018-23
5G移動通信の大容量化技術として,ホットスポットに送信点を高密度に配置した超高密度分散アンテナシステムによる協調MU-M... [more] RCS2018-23
pp.7-12
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
15:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 5G超高密度分散アンテナシステムにおける大容量化技術のアルゴリズム検討 ~ チャネル推定タイミングからの低遅延スロットへの移動UE優先スケジュール ~
瀬山崇志熊谷慎也大山哲平実川大介伊達木 隆富士通)・松山幸二富士通研)・関 宏之箕輪守彦富士通RCS2017-337
第5世代移動通信システム(5G)では,TP(Transmission Point)を高密度に配置することによりシステム容... [more] RCS2017-337
pp.113-118
 81件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会