お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS 2021-12-03
15:05
ONLINE オンライン開催 低レベルガウス雑音推定法におけるブロックサイズ最適化の検討
鈴木貴士マイクロ・テクニカ)・辻 裕之木村誠聡神奈川工科大SIS2021-28
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SIS2021-28
pp.37-42
SIS 2020-03-05
12:30
埼玉 埼玉会館
(開催中止,技報発行あり)
虚二次体を用いた楕円曲線暗号の比較
長沼一輝鈴木貴士辻 裕之木村誠聡神奈川工科大SIS2019-37
 [more] SIS2019-37
pp.1-6
SIS 2020-03-05
14:40
埼玉 埼玉会館
(開催中止,技報発行あり)
ロバスト推定を用いた文字列傾き補正手法
土井 猛鈴木貴士辻 裕之木村誠聡神奈川工科大SIS2019-43
 [more] SIS2019-43
pp.35-38
SIP 2019-08-29
15:10
東京 東京理科大学 葛飾キャンパス講義棟304 ガウス整数による有限体上の楕円曲線暗号のExcel上への実装
長沼一輝鈴木貴士辻 裕之木村誠聡神奈川工科大SIP2019-42
楕円曲線暗号とは RSA 暗号より安全性が高いとされる公開鍵暗号である.これを Excelに実装するに当たって,現段階で... [more] SIP2019-42
pp.17-22
SDM 2016-01-22
10:40
東京 東京大学 山上会館 [招待講演]常温12年応力変動の結果から銅配線のストレスマイグレーションメカニズムの再考
松山英也ソシオネクスト)・鈴木貴志中村友二富士通研)・塩津基樹江原英郎三重富士通セミコンダクターSDM2015-109
 [more] SDM2015-109
pp.5-8
MI 2015-07-15
14:30
北海道 函館市勤労者総合福祉センター(サン・リフレ函館) 術中リアルタイムカメラキャリブレーションによる脳神経外科用顕微鏡重畳表示システムのための術具検出の検討
山本翔太佐藤生馬藤野雄一公立はこだて未来大)・鈴木孝司医療機器センター)・村垣善浩正宗 賢東京女子医科大MI2015-44
脳腫瘍摘出術において,術中のナビゲーションシステム(以下 ナビ)からの術具位置情報を確認時にナビのモニタと術野を見比べる... [more] MI2015-44
pp.69-72
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2014-09-11
14:15
山形 庄内産業振興センター(山形県鶴岡市) 画像情報に基づいたガウス雑音の標準偏差の推定
鈴木貴士辻 裕之神奈川工科大)・田口 亮東京都市大)・木村誠聡神奈川工科大SIS2014-56
データ依存型の雑音除去フィルタでは加法雑音の標準偏差等をフィルタ処理に用いる場合も多い.当然,加法雑音の標準偏差等は未知... [more] SIS2014-56
pp.39-44
QIT
(第二種研究会)
2012-11-27
11:20
神奈川 慶応大学 日吉キャンパス 量子秘密分散プロトコルを利用した量子リレープロトコル
鈴木貴士富田章久北大
量子リレーは,中継者を介在して,量子鍵配布による2者間の鍵共有を実現するものであるが,中継者が信頼できるという制約が存在... [more]
MI 2012-09-04
15:45
東京 東京大学 [特別講演]手術工程解析のための多種情報記録・解析装置 ~ システム開発と臨床応用 ~
鈴木孝司吉光喜太郎小西良幸村垣善浩伊関 洋東京女子医科大MI2012-46
脳腫瘍摘出手術では,がん細胞の除去と脳機能の温存の両立が必要である.東京女子医科大学病院インテリジェント手術では手術室内... [more] MI2012-46
pp.35-39
ET 2011-07-16
16:50
北海道 室蘭工業大学 非接触ICカードを用いた出席登録システム
須田憲人鯉沼辰弥帝京大)・鈴木 崇SMATグループ)・熊澤弘之帝京大ET2011-35
我々はこれまで学生の出席登録・管理の簡易化を目的に,携帯端末を用いるシステムを研究開発・運用してきた.たとえば,個別認証... [more] ET2011-35
pp.65-70
OPE 2010-12-17
13:05
東京 機械振興会館地下3階2号室 オンチップ光配線用MZI型シリコン光変調器およびInGaAs MSM-PDの小型集積化技術の開発
大平和哉小林賢太郎飯塚紀夫吉田春彦鈴木 隆鈴木信夫江崎瑞仙東芝OPE2010-131
オンチップ光配線の実現に向けた、Si導波路に集積した光変調器および受光素子の小型集積化術について報告する。Si上に作製し... [more] OPE2010-131
pp.1-6
ET 2010-01-23
11:05
茨城 筑波技大 QRコード・携帯端末IDを用いた出席登録システムの開発
齊藤優貴袴塚亜衣久野貴司帝京大)・鈴木 崇SMATグループ)・熊澤弘之帝京大ET2009-94
帝京大学宇都宮キャンパスでは,携帯電話を使った出席登録システム(Mobile-MARS)により,出席登録や小テストを実施... [more] ET2009-94
pp.13-18
PRMU 2009-01-12
17:35
東京 国立情報学研究所(学術総合センター) [招待講演]外科医の新しい目・手・脳を創る
伊関 洋村垣善浩丸山隆志東京女子医科大)・中村亮一千葉大)・鈴木孝司東京女子医科大PRMU2008-207
 [more] PRMU2008-207
pp.107-108
EA 2008-12-05
12:45
福島 アルパイン サブバンドピークホールド処理を用いた音源方向推定の検討
鈴木 敬金田 豊東京電機大EA2008-113
本報告では,音源方向推定技術の妨害要因である反射音への対策として,サブバンドピークホールド処理を用いた手法を検討する。こ... [more] EA2008-113
pp.71-76
ET 2008-07-19
14:30
福島 福島大学 街なかブランチ QRコードを利用した出席登録管理システムの開発
高橋朋子八重樫恵美帝京大)・鈴木 崇SMATグループ)・熊澤弘之帝京大ET2008-24
従来我々は携帯電話を講義に有効活用するため,携帯端末から行える出席登録・管理システムを開発・運用してきた.これまでの運用... [more] ET2008-24
pp.39-44
LQE, OPE, OCS
(共催)
2007-11-01
09:50
福岡 九州工業大学 InP Optical Switches Operating in 2 nanoseconds and their Applications for Optical Packet Networks and Optical Routers
Katsuya IkezawaShinji IioMasayuki SuehiroShin-ichi NakajimaYoshiyuki AsanoShigeo UnemeHiroki YamaguchiTakashi SuzukiSadaharu OkaTsuyoshi YakiharaMorio WadaAkira MiuraYokogawa ElectricOCS2007-41 OPE2007-96 LQE2007-82
化合物半導体(InP)技術を用いた光スイッチを開発した。この光スイッチは2ns以下で動作し、Cバンド内では波長依存性がな... [more] OCS2007-41 OPE2007-96 LQE2007-82
pp.11-14
EA 2007-08-10
11:30
宮城 東北大学工学部 ヒートストレスによる音響外傷からの内耳保護メカニズム
村越道生吉田尚弘橘内葉子飯田浩司熊野 峻鈴木 崇小林俊光和田 仁東北大EA2007-49
前もって高温環境下で体温を上昇させること(ヒートストレス)により,音響外傷による聴力低下が抑制されることが報告されている... [more] EA2007-49
pp.19-24
PRMU, MI
(共催)
2007-05-25
10:40
三重 三重大学 講堂小ホール 非等方拡散を利用した骨部強調によるPET/CT画像からの腫瘍骨転移抽出手法
鈴木貴士新田修平本谷秀堅名工大)・深見忠典湯浅哲也赤塚孝雄山形大)・呉 勁武田 徹筑波大)・織内 昇遠藤啓吾群馬大)・渡辺順久山形済生病院PRMU2007-18 MI2007-18
本稿では、非等方拡散によりCT 画像中の骨部位を強調し、PET/CT 画像中の腫瘍の骨転移部位を自動抽出する手法を提案す... [more] PRMU2007-18 MI2007-18
pp.97-102
MoNA, IPSJ-MBL
(共催)
2007-05-17
08:35
沖縄 沖縄青年会館 携帯端末におけるWebフォーム自動入力エンジンのユーザビリティ評価
神山 剛鈴木 敬野田千恵竹下 敦NTTドコモ
近年では,携帯端末のブラウザを用いたショッピングサイトの利用など,ユーザ情報をWebフォームへ入力する機会が増えている.... [more] MoMuC2007-1
pp.1-6
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会