電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CCS 2022-03-27
16:40
北海道 北海道 ルスツリゾートホテル&コンベンション
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチパスを利用したICNコンテンツ取得に適したプロバイダ決定
塩川茂樹篠原 楓及川健太神奈川工科大
無線環境下におけるICN(Information Centric Networking)の構成ノードは,電力が限られてい... [more] CCS2021-50
pp.84-89
SeMI 2022-01-21
09:00
長野 野沢温泉スパリーナ コンベンションホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]オーバヒアを利用したICNにおける経路間干渉を考慮したマルチパスコンテンツ取得方法
篠原 楓塩川茂樹神奈川工科大SeMI2021-70
無線環境下におけるICN(Information Centric Networking)の構成ノードは,電力が限られてい... [more] SeMI2021-70
pp.65-69
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-27
17:00
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ネットワーク環境や音響がeスポーツ競技に及ぼす影響調査
塩川茂樹上田麻理岩田 一神奈川工科大
近年,eスポーツが急速に世界中で普及し始めている.2019年には国体の文化プログラムとして史上初となるeスポーツ大会も開... [more]
CCS 2021-03-29
14:50
ONLINE オンライン開催 ICNにおけるオーバヒアを利用したマルチパスコンテンツ取得方法のキャッシュ制御の改良
篠原 楓塩川茂樹神奈川工科大CCS2020-25
無線環境下におけるICN(Information Centric Networking)の構成ノードは,電力が限られてい... [more] CCS2020-25
pp.25-30
CCS 2021-03-29
15:15
ONLINE オンライン開催 情報指向型ネットワークにおける階層クラスタを用いたコンテンツキャッシュ方式
高橋大和塩川茂樹神奈川工科大CCS2020-26
複数のM2Mサービスを実現するセンサネットワークをICN(情報指向型ネットワーク)に適用することが注目されている.これま... [more] CCS2020-26
pp.31-36
CCS 2020-11-26
16:00
ONLINE オンライン開催 ICNにおけるオーバヒアを利用したマルチパスコンテンツ取得方法
篠原 楓塩川茂樹神奈川工科大CCS2020-19
無線環境下におけるICN(Information Centric Networking)の構成ノードは,電力が限られてい... [more] CCS2020-19
pp.11-15
CCS, IN
(併催)
2019-08-02
13:30
北海道 KIKI 知床 ナチュラルリゾート 情報指向型ネットワークにおけるマルチパスを利用したコンテンツ取得手法
塩川茂樹藤川丈自神奈川工科大CCS2019-21
次世代ネットワークのアーキテクチャとしてコンテンツ指向型ネットワークが注目を集めている.さらに,近年では有線ネットワーク... [more] CCS2019-21
pp.19-22
SeMI, IPSJ-ITS, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(連催)
2019-05-23
15:10
鹿児島 奄美市社会福祉センター [ポスター講演]無線給電センサネットワークにおける給電効率を考慮した経路制御方式
髙橋大和塩川茂樹神奈川工科大SeMI2019-6
無線給電センサネットワーク(WCSN)では,センサノードは環境情報の収集やデータの作成を行う.またモバイルチャージャー(... [more] SeMI2019-6
pp.99-103
SeMI, IPSJ-ITS, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(連催)
2019-05-23
15:10
鹿児島 奄美市社会福祉センター [ポスター講演]無線給電センサネットワークにおけるホットスポットを考慮した給電方式
田所真澄塩川茂樹神奈川工科大SeMI2019-7
 [more] SeMI2019-7
pp.105-108
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
14:45
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス コンテンツ指向型MANETにおけるモバイルエージェントを利用したコンテンツ取得手法の改善
藤川丈自塩川茂樹神奈川工科大ASN2018-69
次世代ネットワークのアーキテクチャとしてコンテンツ指向型ネットワークが注目を集めている.さらに,近年では有線ネットワーク... [more] ASN2018-69
pp.81-86
IN, CCS
(併催)
2018-08-02
09:50
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ 耐遅延性無線センサネットワークにおける動的スリープ制御方式
塩川茂樹楢原裕一郎神奈川工科大CCS2018-29
データ送信の遅延が許される環境の耐遅延性無線センサネットワークでは,スリープ制御を効果的に適用することで消費電力を大幅に... [more] CCS2018-29
pp.17-20
ASN, ICTSSL
(共催)
2018-05-15
09:55
広島 広島市立大学 Destination Point Scheduling Method for Mobile Charger in Wireless Rechargeable Sensor Networks
Phan Le NguyenJoji FujikawaShigeki ShiokawaKanagawa Inst. TechICTSSL2018-9 ASN2018-9
 [more] ICTSSL2018-9 ASN2018-9
pp.47-51
ASN
(第二種研究会)
2017-11-30
09:25
海外 Eastparc Hotel(ジョグジャカルタ) 耐遅延性無線センサネットワークにおけるスリープ制御方式の一検討
楢原裕一郎塩川茂樹神奈川工科大
(事前公開アブストラクト) The power source of a sensor terminal in the w... [more]
ASN 2017-11-16
11:10
山形 鶴岡市先端研究産業支援センター 耐遅延性無線センサネットワークにおけるスリープ制御方式の一検討
楢原裕一郎塩川茂樹神奈川工科大ASN2017-64
無線センサネットワークにおけるセンサ端末の電源は多くの場合電池に依存しており,有限である.また,電池の交換にもコストがか... [more] ASN2017-64
pp.13-18
CCS 2017-08-11
10:00
北海道 ピパの湯 ゆ~りん館(北海道美唄市) 耐遅延無線センサネットワークにおける結合率を考慮したスリープ制御
塩川茂樹神奈川工科大CCS2017-14
データ送信の遅延が許される環境の無線センサネットワークでは,スリープ制御を効果的に適用することでネットワーク寿命を大幅に... [more] CCS2017-14
pp.25-29
ASN
(第二種研究会)
2016-12-06
09:30
海外 ソカ シュムリアップ ホテル Dynamic Sleep Control Considering Network Connectivity in Mobile Ad-hoc Networks
Takashige InoueShigeki ShiokawaKanagawa Inst. Tech
(事前公開アブストラクト) 被災地やインフラが整っていない環境での使用が想定されるMANETではノードが蓄電池で動作する... [more]
ASN
(第二種研究会)
2016-12-06
11:20
海外 ソカ シュムリアップ ホテル Improvement of location information management system using a clustering technology in MANET
Ryosuke OtaShigeki ShiokawaKanagawa Institute of Technology
(事前公開アブストラクト) In routing protocols using location informatio... [more]
ASN 2016-11-17
10:40
愛知 名古屋大学 DTNにおける複製回数を考慮したマルチバッファ制御
杉山友記塩川茂樹神奈川工科大ASN2016-48
継続的なネットワークの接続が不可能な状態で,end-to-endの通信を可能にする劣環境ネットワークの一つとしてDTN(... [more] ASN2016-48
pp.19-23
ASN 2016-05-13
14:30
東京 構造計画研究所 本所新館 [ポスター講演]位置情報利用型ルーティングにおける動的エージェント管理の拡張
楢原裕一郎塩川茂樹神奈川工科大ASN2016-16
モバイルアドホックネットワークにおいてルーティングプロトコルは重要であり,現在,位置情報利用型ルーティングが注目されてい... [more] ASN2016-16
pp.83-88
NS, RCS
(併催)
2015-12-18
09:35
愛媛 松山市総合コミュニティセンター MANET環境下における中継ノード情報を考慮した動的スリープ方式
井上孝重塩川茂樹神奈川工科大NS2015-141
 [more] NS2015-141
pp.83-88
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会