電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS, IPSJ-ITS
(連催)
2021-05-28
09:15
ONLINE オンライン開催 ドローンを用いた無線リレーネットワークにおける不均一なユーザ分布を考慮した飛行方式
浅野博之岡田 啓ベンナイラ シャドリア片山正昭名大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
11:10
ONLINE オンライン開催 広域災害被災地におけるドローンを用いた無線リレーネットワーク ~ ボロノイ分割を利用した飛行モデルの一検討 ~
浅野博之岡田 啓ベンナイラ シャドリア片山正昭名大SeMI2020-16
広域災害被災地における臨時通信システムとしてドローンを用いた無線リレーネットワークを考える.マルチエージェントの配置を扱... [more] SeMI2020-16
pp.1-6
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
10:20
東京 日立中央研究所 アナログ1Dマップに基づく簡素なデジタルマップの解析
草野弘之斎藤利通法政大CAS2016-40 NLP2016-66
アナログマップを離散化することでデジタルマップを得ることができる。アナログマップは複雑なカオス軌道を呈してたり、周期軌道... [more] CAS2016-40 NLP2016-66
pp.11-15
NLP 2015-04-23
13:55
香川 香川県社会福祉総合センター(高松市) デジタルテントマップの格子点配置に対する動作解析
草野弘之山岡弘樹斎藤利通法政大NLP2015-7
テントマップを離散化することで格子点上で定義されるデジタルテントマップを得ることができる。テントマップは複雑なカオス軌道... [more] NLP2015-7
pp.27-32
US 2011-07-28
11:55
京都 京都電子工業株式会社 第三工場2階 大ホール ZnO圧電薄膜によるGHz域の励起フォノンを利用した高速Brillouin散乱測定
杉本剛士佐野広幸同志社大)・柳谷隆彦名工大)・高柳真司松川真美同志社大US2011-25
Brillouin散乱法は透明媒質中に伝搬している音波の音速を非破壊・非接触で測定できる技術であり,GHz域の縦波および... [more] US2011-25
pp.15-19
AI 2010-11-19
15:45
福岡 九州大学 役割に基づくWebページの分割手法とその応用について
佐野博之土井達也白松 俊大囿忠親新谷虎松名工大AI2010-41
本稿で提案するWebページ分割手法では,Webページを最小ブロックという単位まで分割した後に,最小ブロックが持つ役割に基... [more] AI2010-41
pp.61-66
US 2010-09-30
13:25
宮城 東北大学 工学部 電子情報システム・応物系 南講義棟103会議室 Brillouin散乱法による同軸共振器と圧電薄膜を用いた励起フォノンの観測
佐野広幸同志社大)・柳谷隆彦名工大)・高柳真司松川真美同志社大US2010-66
Brillouin散乱法は透明媒質中に伝搬する音波を非破壊で測定できる技術であり,微小領域の媒質中を伝搬するGHz帯の縦... [more] US2010-66
pp.99-103
US 2009-09-30
09:25
北海道 祝いの宿 登別グランドホテル 会議室 Brillouin散乱法による圧電半導体の面内方向電気特性評価に関する検討
柳谷隆彦名工大)・佐野広幸松川真美同志社大US2009-48
GaN,ZnOなどのワイドギャップ半導体のように,試料に圧電性がある場合,電気機械結合を利用して抵抗率を測定できる可能性... [more] US2009-48
pp.59-64
CPM, ICD
(共催)
2008-01-18
14:15
東京 機械振興会館 電携帯機器の落下衝撃によるはんだ接合の信頼性
雨海正純佐野裕幸日本テキサス・インスツルメンツCPM2007-144 ICD2007-155
携帯機器を落下させた場合、はんだ接合部で破壊が発生する可能性が高い。実装後の落下衝撃信頼性を評価する方法としてJEDEC... [more] CPM2007-144 ICD2007-155
pp.93-98
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会