電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2017-10-26
16:40
大阪 大阪府立大学 I-siteなんば [招待講演]ハイパフォーマンススポーツにおけるネットワークがつなぐ人と情報
楠本一樹全日本テコンドー協会)・角一哲児ニシ・スポーツ)・加藤千穂全日本テコンドー協会)・山田裕生日本スポーツ振興センター)・久野峻幸阪体育大)・神田明典全日本テコンドー協会)・澤田泰輔スポーツセンシング)・橋口 寛ユーフォリア)・小田俊明兵庫教大)・大橋卓生金沢工大NS2017-107
ハイパフォーマンススポーツの強化現場における、スポーツPDCAサイクルを円滑に回す1例として、ネットワークを利用した人と... [more] NS2017-107
p.81
OPE, LQE, OCS
(共催)
2012-10-26
11:40
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎) RSOAに対する瞬時電流印加手法を用いたコヒーレントWDM-PONにおける10.3Gbps QPSK信号の80km伝送実験
佐野貴之縣 亮KDDI研)・K. Y. ChoU. H. HongKAIST)・西村公佐KDDI研)・Y. C. ChungKAISTOCS2012-65 OPE2012-116 LQE2012-82
変調帯域3.2 GHzの反射型半導体光増幅器(RSOA)を用い、変調信号に対してシンボル遷移時に瞬時電流を重畳することに... [more] OCS2012-65 OPE2012-116 LQE2012-82
pp.125-128
OCS, OFT
(併催)
2010-08-26
14:05
北海道 旭川ときわ市民ホール 長距離コヒーレントWDM-PONにおける偏波安定化技術
佐野貴之田中和樹KDDI研)・K.Y. ChoKAIST)・縣 亮堀内幸夫鈴木正敏KDDI研)・S. P. JungJ. H. ChangY. TakushimaY. C. ChungKAISTOCS2010-40
RSOAを用いたWDM-PON方式において,上り信号の偏波を安定化する技術に関する実験を伝送速度2.5Gb/s,伝送距離... [more] OCS2010-40
pp.27-30
EMCJ 2008-01-25
11:00
佐賀 佐賀大学 遠方界曝露による成人および小児の体内深部温度上昇
浅野貴幸平田晃正藤原 修名工大EMCJ2007-107
計算機性能の飛躍的な発展に伴い,電波を人体に照射した場合の吸収電力は云うに及ばず温度上昇も数値解析が可能となり,電波の健... [more] EMCJ2007-107
pp.7-11
CPM, LQE, OPE, EMD
(共催)
2007-08-24
15:30
北海道 北海道大学 フォトリフラクティブ増幅器を用いたホログラフィックROMの高速複製システム ~ コピーホログラムの回折効率の均一化 ~
高橋伸弘岡本 淳佐野貴之伊藤輝将北大EMD2007-54 CPM2007-75 OPE2007-92 LQE2007-55
ホログラフィックROMを短時間で複製することを目的として,フォトリフラクティブ増幅器(PRA)を用いた高速複製システムを... [more] EMD2007-54 CPM2007-75 OPE2007-92 LQE2007-55
pp.133-137
EMCJ 2006-12-15
09:30
愛知 名古屋工業大学 遠方界曝露による体内温度上昇の不確定性解析
浅野貴幸平田晃正藤原 修名工大EMCJ2006-82
近年,計算機の発達に伴い,人体が電波を浴びた場合のSAR値を計算し,その値を熱源とした温度上昇に関する研究がなされている... [more] EMCJ2006-82
pp.7-12
EMCJ 2006-06-12
10:35
北海道 北海道大学学術交流会館 遠方界曝露による体内温度上昇のFDTD計算
浅野貴幸平田晃正藤原 修名工大EMCJ2006-9
 [more] EMCJ2006-9
pp.1-5
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会