お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2020-12-04
15:50
愛媛 愛媛大学周辺
(主:現地開催,副:オンライン開催)
An Improved Deterministic Parameterized Algorithm for Cactus Vertex Deletion
Yuuki AoikeYokohama City Univ.)・Tatsuya GimaNagoya Univ.)・Tesshu HanakaChuo Univ.)・Masashi KiyomiYokohama City Univ.)・○Yasuaki KobayashiYusuke KobayashiKyoto Univ.)・Kazuhiro KuritaNII)・Yota OtachiNagoya Univ.
 [more]
US 2020-05-18
15:00
ONLINE オンライン開催 超音波変位ベクトル観測と時空間多次元スペクトル解析を用いたずり波伝搬の高精度な詳細観測および分離と合成
炭 親良小林優介上智大US2020-11
 [more] US2020-11
pp.19-24
COMP 2019-12-13
17:00
群馬 群馬大学 伊香保研修所 交互閉路による完全マッチングの最短遷移
伊藤健洋東北大)・垣村尚徳慶大)・神山直之九大/JSTさきがけ)・小林佑輔京大)・○岡本吉央電通大/理研COMP2019-42
本研究では,完全マッチング多面体における隣接性を背景として,交互閉路による完全マッチングの最短遷移問題を考察する.これは... [more] COMP2019-42
pp.93-100
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2019-05-11
16:40
熊本 熊本大学 Subgraph Isomorphism on Graph Classes that Exclude a Substructure
Hans L. BodlaenderUtrecht Univ.)・Tesshu HanakaChuo Univ.)・Yasuaki KobayashiYusuke KobayashiKyoto Univ.)・Yoshio OkamotoUEC)・○Yota OtachiKumamoto Univ.)・Tom C. van der ZandenUtrecht Univ.COMP2019-9
 [more] COMP2019-9
pp.103-104
COMP 2018-12-12
11:30
宮城 東北大学 [招待講演]A weighted linear matroid parity algorithm
Satoru IwataUniv. Tokyo)・○Yusuke KobayashiKyoto Univ.COMP2018-34
 [more] COMP2018-34
p.21
AP 2017-03-17
14:25
岩手 岩手大学 車載ミリ波レーダを用いた合成開口レーダイメージングの実験的検討
小林佑輔美濃谷 潤山田寛喜山口芳雄新潟大)・杉山裕一富士通テンAP2016-197
近年,先進安全運転技術のような自動運転技術が盛んに研究されている.濃霧,豪雨や豪雪などの悪天候でも安全運転を実現できるた... [more] AP2016-197
pp.109-114
SAT, RCS
(併催)
2016-08-18
10:20
宮城 東北学院大学 Gamma-Gammaフェージングの影響下における単一光子検出器を用いた通信シミュレーション
小林優輔芝浦工大)・國森裕生遠藤寛之藤原幹生北村光雄伊藤寿之佐々木雅英NICT)・清水亮介電通大)・青木隆朗早大)・行田弘一芝浦工大)・豊嶋守生NICTSAT2016-38
宇宙光通信における課題の一つとして,大気の擾乱が通信品質の劣化を引き起こす問題が挙げられる.本研究では,大気の擾乱の影響... [more] SAT2016-38
pp.31-36
SAT, RCS
(併催)
2016-08-18
10:45
宮城 東北学院大学 光通信地上局における超伝導ナノワイヤー単一光子検出器(SSPD)の性能と衛星受信試験
國森裕生三木茂人山下太郎寺井弘高遠藤寛之藤原幹生佐々木雅英NICT)・青木隆朗早大)・小林優輔行田弘一芝浦工大)・中園純一三技協イオス)・豊嶋守生NICTSAT2016-39
宇宙光通信の一つの有望な検出器としてNICTインハウスで開発したSSPD単ピクセル,アレイタイプの2機種を光通信地上局に... [more] SAT2016-39
pp.37-42
SAT, RCS
(併催)
2016-08-18
13:40
宮城 東北学院大学 [依頼講演]空間光衛星通信におけるReed-Solomon-Spinal連接符号適用の検討
佐伯尚哉岡本英二名工大)・竹中秀樹國森裕生Kolev Dimitar遠藤寛之小林優輔豊嶋守生藤原幹生佐々木雅英NICT)・青木隆朗早大)・行田弘一芝浦工大SAT2016-40 RCS2016-133
近年高速通信の需要が高まっており,これを実現する重要なインフラの一つとして光衛星通信が注目を集めている.空間光通信は深宇... [more] SAT2016-40 RCS2016-133
pp.43-48(SAT), pp.25-30(RCS)
AP, SAT, SANE
(併催)
2016-07-22
11:35
北海道 小樽マリーナ 圧縮センシングを用いた車載ミリ波SARに関する基礎検討
小林佑輔山田寛喜山口芳雄新潟大)・杉山裕一富士通テンSANE2016-30
安心安全な自動運転を実現するため,ACCに代表されるようなADASが開発されている.中でも,ミリ波は他の方式と比べて様々... [more] SANE2016-30
pp.47-52
CNR, IPSJ-ITS
(併催)
2013-06-14
15:50
神奈川 慶應大学、来往舎 車載機を利用した冠水エリア情報が高齢ドライバに与える影響に関する検討 ~ 豪雨時におけるVICSを活用した冠水エリアのポリゴン表示と画像提示 ~
小林祐介大門 樹慶大)・林 和光VICSセンターCNR2013-7
VICS(道路交通情報通信システム)を利用して、豪雨による冠水エリアに関する災害情報を高齢ドライバに提供する際の影響をド... [more] CNR2013-7
pp.37-40
MI 2013-01-25
13:10
沖縄 ぶんかテンブス館 X線CTにおける近接スプリッティングを用いた統計的画像再構成法
小林祐介工藤博幸鈴木大三筑波大MI2012-116
低線量CTでは統計雑音による影響が大きくなり画質が劣化するため,統計的画像再構成法を用いる必要がある.従来手法にはCON... [more] MI2012-116
pp.281-285
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
16:00
東京 玉川大学 短時間刺激による聴覚定常応答の遷移状態の検討
小林勇介・○小林孝成田中慶太栗城眞也内川義則東京電機大MBE2011-120
聴覚定常応答(ASSR)とは1 s以上持続するAM変調音(変調周波数41 Hz)を呈示したときに誘発される大脳聴覚野の反... [more] MBE2011-120
pp.65-70
SS 2011-03-08
10:15
沖縄 沖縄県青年会館 GameFrameWork CeriumにおけるSequentialなGame Programの分割と動作の検証
小林佑亮河野真治多賀野海人金城 裕琉球大SS2010-71
本稿では Sequential なゲームプログラムを 逐次実行した時と、Task に分割し実行した時の動作 が同一である... [more] SS2010-71
pp.109-113
LQE, OPE, OCS
(共催)
2010-10-28
16:30
福岡 門司港レトロ・港ハウス 無反射コーティングを付加した多層膜型偏波制御素子の波長特性
山内潤治・○小林勇介若林 佑中野久松法政大OCS2010-66 OPE2010-102 LQE2010-75
多層膜型偏波制御素子(偏光子及び偏波スプリッタ)を有限差分時間領域法により解析し, 波長特性を評価する. 入出力端面で生... [more] OCS2010-66 OPE2010-102 LQE2010-75
pp.67-72
SDM 2009-12-04
09:20
奈良 奈良先端大 物質創成科学研究科 マイクロ波焼成によるZnS系無機EL蛍光体の発光特性の改善
小林祐輔奈良先端大)・田口信義イメージテック)・須崎昌己阪府高専)・堀田昌宏奈良先端大)・浦岡行治奈良先端大/JSTSDM2009-151
我々はマイクロ波焼成により作製したZnS系蛍光体の光学特性を調査した.今回,2種類の紛体サイズのZnS粉末とZnS+Cu... [more] SDM2009-151
pp.1-4
IN, NS, CS
(併催)
2009-09-10
10:00
宮城 東北大学 健康支援システムにおける生体情報の効果的な獲得手法の設計
小林有佑和泉 諭高橋秀幸菅沼拓夫木下哲男白鳥則郎東北大IN2009-39
本研究では,生体情報のデータストリームをリアルタイムで解析して観測対象者
の健康状態の推測を行い,その結果に基づいて各... [more]
IN2009-39
pp.1-4
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
14:15
北海道 公立はこだて未来大学(函館) クリッピング攻撃耐性を有するLDPC符号化による音楽電子透かし方式とその自己同期復号-抽出アルゴリズム(2)
阿部 功小林佑介マルチネス ノリエガ ラウル山口和彦電通大IT2008-106 ISEC2008-164 WBS2008-119
音楽電子透かしに対する深刻な問題の一つとして,クリッピング攻撃がある.クリッピング攻撃とは, デジタルデータの一部分を切... [more] IT2008-106 ISEC2008-164 WBS2008-119
pp.415-420
CS, IN, NS
(併催)
2008-09-11
14:50
宮城 東北大学 共生コンピューティングに基づく利用者にやさしい見守り型健康支援システムの設計
和泉 諭小林有佑高橋秀幸菅沼拓夫木下哲男白鳥則郎東北大IN2008-51
生体・位置情報,映像情報,環境情報,健康知識などの実環境からの多様な情報を効果的に取得・活用して中・高齢者の健康維持・管... [more] IN2008-51
pp.45-50
SS 2007-10-22
15:15
宮城 宮城大学 QOCの相対的重みに関する表現能力欠如を解決するRational Decision Makingを用いた設計根拠獲得手法
小林祐介櫨山淳雄学芸大SS2007-31
近年,ソフトウェア設計において,設計根拠獲得の重要性が広く認識されている.そして,設計根拠獲得のためにQOC (Ques... [more] SS2007-31
pp.7-12
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会