電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2017-11-24
10:20
大阪 関西大学 梅田キャンパス 線形サンプリング法によるコア間遅延時間差の高時間分解能個別測定
荒川拓也河野直人伊藤文彦島根大)・飯田大輔真鍋哲也NTTOFT2017-50
(事前公開アブストラクト) 伝送容量拡大に向けた検討として、マルチモードファイバ(MMF)やマルチコアファイバ(MCF)... [more] OFT2017-50
pp.33-36
OFT 2017-05-25
16:50
島根 島根大学(松江キャンパス) [ポスター講演]位相雑音補正線形サンプリング法による4コア光ファイバの高ダイナミックレンジインパルス応答測定
荒川拓也鷺坂優介河野直人伊藤文彦島根大)・飯田大輔真鍋哲也NTTOFT2017-16
(事前公開アブストラクト) ピコ秒レベルの時間分解能と70dB程度のダイナミックレンジでインパルス応答測定が可能な位相雑... [more] OFT2017-16
pp.71-75
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2016-11-11
13:35
長崎 長崎商工会議所 コヒーレンス回復を用いた高ダイナミックレンジ線形サンプリングによる光ファイバのインパルス応答測定
河野直人伊藤文彦島根大)・飯田大輔真鍋哲也NTTOFT2016-33
線形サンプリング法は信号パルスとそれよりも幅の狭いローカルパルスの干渉を利用した光サンプリングの技術であり、信号パルス波... [more] OFT2016-33
pp.45-50
OFT 2015-12-11
15:15
東京 電気通信大学 線形サンプリング法による2モード光ファイバ群遅延差の高時間分解能測定
河野直人伊藤文彦島根大)・丸山 遼松尾昌一郎フジクラOFT2015-50
(事前公開アブストラクト) 2台の独立なパルスレーザを用いた線形サンプリング法によって、2モード光ファイバの群遅延時間差... [more] OFT2015-50
pp.23-28
IEE-CMN, ITE-BCT
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-11-13
13:50
愛媛 松山市民会館 2つの独立パルスレーザを用いた線形サンプリング測定における位相雑音補正法
伊藤文彦河野直人島根大)・飯田大輔真鍋哲也NTTOFT2015-44
(事前公開アブストラクト) 光ファイバの送信側および受信側にそれぞれ独立に周期発振するパルスレーザを設け、コヒーレントサ... [more] OFT2015-44
pp.61-66
IN, NV
(併催)
2011-07-21
14:55
北海道 北海道大学 [招待講演]NGNがもたらすIPv6インターネット時代の幕開け
相原正夫・○河野治人NTT東日本IN2011-52
インターネットの世界規模の普及によるIPv4アドレス枯渇によりIPv6インターネットの必要性が高まってきた。NGNでは顧... [more] IN2011-52
pp.41-43
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会