お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 2件中 1~2件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-24
11:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 CUDAを用いたハッシュ関数Keccakに対応するレインボーテーブル生成の高速化
グェン ダット トゥオン岩井啓輔松原 隆黒川恭一防衛大VLD2019-84 CPSY2019-82 RECONF2019-74
本稿では,GPU用統合開発環境CUDAを用いたハッシュ関数Keccakに対応するレインボーテーブル生成の高速化実装を提案... [more] VLD2019-84 CPSY2019-82 RECONF2019-74
pp.181-186
ISEC 2015-09-04
11:20
東京 機械振興会館 ハッシュ関数のGPUへの高速化実装
グェン ダット トゥオン岩井啓輔田中秀磨黒川恭一防衛大ISEC2015-27
個人情報や秘匿性の高い情報を保護するためには,暗号化技術やハッシュ関数が欠かせない.そこで,ハッシュ関数の高速処理が求め... [more] ISEC2015-27
pp.15-19
 2件中 1~2件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会