お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2020-12-04
15:50
ONLINE オンライン開催 An Improved Deterministic Parameterized Algorithm for Cactus Vertex Deletion
Yuuki AoikeYokohama City Univ.)・Tatsuya GimaNagoya Univ.)・Tesshu HanakaChuo Univ.)・Masashi KiyomiYokohama City Univ.)・○Yasuaki KobayashiYusuke KobayashiKyoto Univ.)・Kazuhiro KuritaNII)・Yota OtachiNagoya Univ.COMP2020-25
 [more] COMP2020-25
pp.33-38
COMP 2020-10-23
17:05
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Polynomial Delay Enumeration for Steiner Problems
Yasuaki KobayashiKyoto Univ.)・○Kazuhiro KuritaNII)・Kunihiro WasaToyohashi TechCOMP2020-17
 [more] COMP2020-17
pp.39-46
COMP 2019-10-25
10:25
北海道 北海道大学 札幌キャンパス 最大クリークサイズが定数であるグラフに対する独立点集合のならし定数時間列挙
栗田和宏北大)・和佐州洋宇野毅明NII)・有村博紀北大COMP2019-19
本論文では独立点集合列挙問題について取り組む.極大な独立点集合列挙問題に対しては効率良い非自明なアルゴリズムが多く開発さ... [more] COMP2019-19
pp.11-18
COMP 2018-09-18
15:20
福岡 九州工業大学(飯塚キャンパス) 非同型な2端子直並列グラフの列挙とランダムサンプリング
伝住周平東大)・堀山貴史埼玉大)・栗田和宏北大)・中畑 裕奈良先端大)・鈴木浩史北大)・○和佐州洋NII)・山崎一明北陸先端大COMP2018-17
2端子直並列グラフとは,2つの頂点とそれらをつなぐ1つの辺からなるグラフに対して,次の2種類の操作を繰り返し適用すること... [more] COMP2018-17
pp.55-62
ISEC, COMP
(共催)
2017-12-22
14:40
高知 高知工科大学永国寺キャンパス k-縮退グラフ中の支配集合の効率良い列挙
栗田和宏北大)・和佐州洋宇野毅明NII)・有村博紀北大ISEC2017-89 COMP2017-43
支配集合はクリークや,独立点集合,s-t パス,カットのように基本的なグラフ構造の一つである.クリー ク等のグラ... [more] ISEC2017-89 COMP2017-43
pp.111-117
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会