お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN 2017-05-26
09:55
東京 東大 生産技術研究所 地震加速度の周波数スペクトルを考慮した圧縮センシングに関する一考察
藤原孝洋東海林智也河合博之函館高専ASN2017-6
地震による大規模災害時,構造物に印加される地震加速度をモニタリングするため,無線センサネットワークの活用が検討されてきた... [more] ASN2017-6
pp.27-30
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-08
13:35
沖縄 名桜大 画像優位性効果と連想語を用いた音声認証における「なりすまし」の評価
河合博之納富一宏神奈川工科大)・斎藤恵一国際医療福祉大IMQ2015-71 IE2015-170 MVE2015-98
近年,コンピュータセキュリティの分野において生体認証が注目を集めている.本稿では,中でも画像を用いた音声認証システムにつ... [more] IMQ2015-71 IE2015-170 MVE2015-98
pp.243-244
ET, SITE
(共催)
IPSJ-CE, IPSJ-CLE
(併催)
(連催) [詳細]
2015-12-04
16:25
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA6階 601(ABC)研修室 音声認証システムへの画像優位性効果の適用
河合博之納富一宏神奈川工科大)・斎藤恵一国際医療福祉大SITE2015-51 ET2015-79
本稿では,画像を用いた音声認証システムについて述べる.画像は言語に比べ覚えやすく,また言語に比べ忘れにくいという「画像優... [more] SITE2015-51 ET2015-79
pp.59-64
AP 2014-06-12
15:45
東京 機械振興会館 スモールセルにおけるアンテナビームチルトの容量増加効果
吉田 翔吉原龍彦川合裕之井原泰介瀧口貴啓柳生健吾NTTドコモAP2014-47
近年、移動通信におけるトラヒック容量を増大させる技術の一つとして,マクロセル内のユーザが集中するエリアに比較的送信電力の... [more] AP2014-47
pp.41-46
ICD 2014-01-28
15:00
京都 京都大学時計台記念館 [ポスター講演]動作環境の動的変動を考慮した動作マージン拡大機能を有する自律制御キャッシュ
木美雄太中田洋平奥村俊介鄭 晋旭澤田卓也利川 托神戸大)・永田 真神戸大/JST)・中野博文藪内 誠藤原英弘新居浩二河合浩行ルネサス エレクトロニクス)・川口 博神戸大)・吉本雅彦神戸大/JSTICD2013-125
車載など誤動作が人命に関わる分野に用いられるプロセッサには高い信頼性が求められる.一方で,プロセッサの高性能化・高集積化... [more] ICD2013-125
p.59
RCS, AP
(併催)
2013-11-22
13:00
島根 松江テルサ [チュートリアル講演]移動通信用基地局アンテナの開発と現状
井原泰介川合裕之吉原龍彦吉田 翔NTTドコモAP2013-122 RCS2013-200
移動通信用基地局アンテナに求められる条件について,開発した5周波共用基地局アンテナを例に紹介する.また,LTE-Adva... [more] AP2013-122 RCS2013-200
pp.127-132(AP), pp.153-158(RCS)
ICD 2013-04-12
15:55
茨城 産業技術総合研究所 つくばセンター [依頼講演]0.3Vマッチ線センスアンプを用いた65nm CMOS 250MHz動作18Mb TCAM
林 勇天野照彦渡邊直也矢野祐二黒田泰人白田真也堂阪勝己新居浩二野田英行河合浩行ルネサス エレクトロニクスICD2013-22
0.3Vマッチ線センスアンプ方式を用いた18Mbit TCAMを65nm バルクCMOSで設計、試作した。ダイサイズは9... [more] ICD2013-22
pp.115-120
ICD 2012-12-18
09:55
東京 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール SRAMのランダムアドレスエラーを用いたPUFの安定化向上手法
藤原英弘藪内 誠塚本康正中野裕文大和田 徹河合浩行新居浩二ルネサス エレクトロニクスICD2012-114
 [more] ICD2012-114
pp.91-95
ICD 2012-04-24
15:40
岩手 つなぎ温泉清温荘(岩手県) [依頼講演] SRAMとオンチップメモリビストを用いたチップID生成回路
藤原英弘藪内 誠中野裕文河合浩行新居浩二有本和民ルネサス エレクトロニクスICD2012-17
 [more] ICD2012-17
pp.91-95
AP 2012-01-20
10:15
福岡 九州工業大学 LCXを用いた列車内MIMOスループット特性の検討
川合裕之北尾光司郎今井哲朗NTTドコモAP2011-172
LTE (Long Term Evolution)など複数の送受信アンテナを用いたMIMO (Multiple-Inpu... [more] AP2011-172
pp.147-152
RECONF 2011-09-27
09:50
愛知 名古屋大学(NCES) リモートからのLUT書き換えによる動的部分再構成の基礎検討
川合浩之浜松ホトニクス)・安永守利筑波大RECONF2011-34
本研究では,FPGA の動的部分再構成をリモートから実行するための基礎実装を行う.はじめに,FPGAボードをイーサネット... [more] RECONF2011-34
pp.69-74
SDM, ICD
(共催)
2011-08-26
14:40
富山 富山県民会館 細粒度アシストバイアス制御によるR/W動作マージン改善を図ったディペンダブルな低電圧SRAM
新居浩二薮内 誠藤原英弘中野博文石原和哉河合浩行有本和民ルネサス エレクトロニクスSDM2011-91 ICD2011-59
 [more] SDM2011-91 ICD2011-59
pp.103-108
RECONF 2010-09-16
11:00
静岡 静岡大学(工学部2号館) 動的部分再構成を利用したオンチップパターン認識システムの開発
川合浩之安永守利筑波大RECONF2010-18
本論文では,FPGAを用いてオンチップパターン認識ハードウェアを構築する.本システムは,Xilinxが提供するソフトCP... [more] RECONF2010-18
pp.1-6
RECONF 2009-05-15
12:40
福井 福井大学文京キャンパス 高速パターン認識システムのための動的な再構成手法の評価と比較
川合浩之山口佳樹・○安永守利筑波大RECONF2009-13
本論文では、既に提案されているDDI(Direct Data Implementation) を拡張し,新たにDynam... [more] RECONF2009-13
pp.73-78
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-18
13:25
福岡 北九州学術研究都市 動的部分再構成を用いた高速パターン認識ハードウェア ~ 画像認識を対象としたプロトタイプシステムの構築 ~
川合浩之山口佳樹安永守利筑波大)・Kyrre GletteJim Toressenオスロ大RECONF2008-50
本稿では, 動的部分再構成を利用したパターン認識システムをFPGA (Field Programmable Gate A... [more] RECONF2008-50
pp.63-68
RECONF 2008-09-26
13:20
岡山 岡山大学 書き換え可能ハードウェアを用いた耐故障性能向上手法の研究
金丸敦礼川合浩之・○山口佳樹安永守利筑波大RECONF2008-36
近年,書き換え可能ハードウェアである FPGA (Field Programmable Gate Array) の部分回... [more] RECONF2008-36
pp.81-86
RECONF 2008-05-22
13:00
福島 会津大学 部分回路再構成を利用した耐故障性向上アーキテクチャの提案とその実装
金丸敦礼川合浩之山口佳樹安永守利筑波大RECONF2008-1
集積回路の誤動作・故障は,集積回路部品の交換が困難な宇宙空間や高高度におけるシステムの長期運用において,極めて重要な問題... [more] RECONF2008-1
pp.1-6
NS, RCS
(併催)
2007-07-20
14:20
北海道 北見工業大 Evolved UTRA下りリンクにおける共通制御チャネルに適した送信ダイバーシチ法
森本彰人田岡秀和川合裕之NTTドコモ)・樋口健一東京理科大)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2007-50
 [more] RCS2007-50
pp.127-132
RCS 2007-06-29
14:35
愛知 豊橋技科大 Evolved UTRA上りリンクにおける周波数スケジューリングを考慮した閉ループ型アンテナ選択ダイバーシチ法の評価
川合裕之田岡秀和NTTドコモ)・樋口健一東京理科大)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2007-25
 [more] RCS2007-25
pp.85-89
RCS, NS
(併催)
2006-07-21
18:10
北海道 北海道大学 Evolved UTRA上りリンクのスケジューリングを用いるパケットアクセスにおけるセル間マクロダイバーシチ特性の比較評価
川合裕之森本彰人樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2006-103
 [more] RCS2006-103
pp.263-268
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会