お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 85件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMD, R, LQE, OPE, CPM
(共催)
2022-08-25
16:00
千葉 千葉工業大学津田沼キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
選好度付きセットベース設計手法を用いたロバスト設計 ~ 回路設計への適用(その3) ~
萓野良樹上 芳夫肖 鳳超電通大
 [more]
EMD, WPT, EMCJ, PEM
(併催)
2022-07-15
16:15
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Stochastic Galerkin法を用いた伝送線路の伝送特性の統計的解析
萓野良樹上 芳夫肖 鳳超電通大
 [more]
EST 2022-05-19
13:25
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
NGnetを用いたトポロジー最適化によるFSS電波吸収体の設計に関する検討
佐藤裕汰萓野良樹上 芳夫肖 鳳超電通大)・伊藤桂一秋田高専EST2022-2
 [more] EST2022-2
pp.6-11
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2021-10-08
15:20
ONLINE オンライン開催 ニューラルネットワークを用いた差動伝送線路の設計に関する基礎検討
北原 廉萓野良樹肖 鳳超上 芳夫電通大EMCJ2021-52 MW2021-64 EST2021-54
 [more] EMCJ2021-52 MW2021-64 EST2021-54
pp.123-128
R, LQE, OPE, CPM, EMD
(共催)
2021-08-27
16:20
ONLINE オンライン開催 選好度付きセットベース設計手法を用いたロバスト設計 ~ 回路設計への適用(その2) ~
萓野良樹上 芳夫肖 鳳超電通大R2021-29 EMD2021-10 CPM2021-19 OPE2021-30 LQE2021-9
 [more] R2021-29 EMD2021-10 CPM2021-19 OPE2021-30 LQE2021-9
pp.39-44
EMD 2020-07-17
15:25
北海道 千歳アルカディア・プラザ 1階多目的ホール 選好度付きセットベース設計手法を用いたロバスト設計 ~ 回路設計への適用 ~
萓野良樹上 芳夫肖 鳳超電通大EMD2020-7
 [more] EMD2020-7
pp.23-28
EMCJ, EMD, WPT
(併催) [詳細]
2020-07-03
15:25
ONLINE オンライン開催 選好度付きセットベース設計手法を用いた電気接点用片持ち梁のロバスト設計
萓野良樹電通大)・宮永和明富士通コンポーネント)・井上 浩電通大EMD2020-2
 [more] EMD2020-2
pp.7-12
EMD, R
(共催)
2020-02-14
15:25
静岡 静岡大学 選好度付きセットベースデザイン手法を用いたフィルタ回路の設計 ~ ロバスト性の評価 ~
萓野良樹上 芳夫肖 鳳超電通大R2019-58 EMD2019-58
 [more] R2019-58 EMD2019-58
pp.23-28
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2019-10-25
10:05
宮城 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) 多項式カオス展開を用いた差動伝送線路の伝送特性の解析
川村 協萓野良樹上 芳夫肖 鳳超電通大EMCJ2019-57 MW2019-86 EST2019-65
 [more] EMCJ2019-57 MW2019-86 EST2019-65
pp.109-114
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2019-10-25
16:55
宮城 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) メタモデリングにRBF補間を用いたPSDによるデカップリングキャパシタ実装の一検討
川上雅士秋田県立大)・萓野良樹肖 鳳超電通大)・戸花照雄秋田県立大)・上 芳夫電通大)・秋元浩平礒田陽次秋田県立大EMCJ2019-70 MW2019-99 EST2019-78
本報告では,集合論的設計手法である選好度付セットベース設計(PSD)手法を用いた電源設計手法を提案している.
提案手法... [more]
EMCJ2019-70 MW2019-99 EST2019-78
pp.187-191
EMD 2019-06-14
15:05
東京 機械振興会館 選好度付きセットベース設計手法を用いた負の群遅延線路の設計法に関する一検討 ~ 粒子群最適化手法との比較 ~
萓野良樹上 芳夫石川晴雄肖 鳳超井上 浩電通大EMD2019-10
 [more] EMD2019-10
pp.19-24
EMD 2019-05-17
14:25
宮城 東北大学 サイバーサイエンスセンタ 電気接点用片持ち梁のPSDによる多目的最適化
萓野良樹電通大)・宮永和明富士通コンポーネント)・井上 浩上 芳夫電通大EMD2019-3
 [more] EMD2019-3
pp.13-18
EMD 2019-03-01
13:45
東京 電通大附属図書館306室 GHz帯における損失を含む差動線路のFDTD解析に関する一検討
山極大葵長野高専)・富岡雅弘秋田大)・北原 廉長野高専)・中村 篤UTI)・萓野良樹電通大)・春日貴志長野高専EMD2018-66
本研究では,GHz帯における差動線路の伝送特性の解析精度を向上させるため,基板材料の誘電損失をFDTD法に組み込んだ解析... [more] EMD2018-66
pp.35-39
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2018-10-19
14:25
青森 八戸商工会館(青森県八戸市) PSD手法を用いた差動伝送線路用EMIフィルタの多目的設計
萓野良樹川上雅士上 芳夫石川晴雄肖 鳳超井上 浩電通大EMCJ2018-55 MW2018-91 EST2018-77
 [more] EMCJ2018-55 MW2018-91 EST2018-77
pp.127-132
EMCJ, EMD
(共催)
IEE-SPC, PEM
(併催) [詳細]
2018-07-26
14:10
東京 機械振興会館 選好度付きセットベースデザイン手法を用いたEMIフィルタの多目的設計に関する一検討
萓野良樹川上雅士上 芳夫石川晴雄肖 鳳超井上 浩電通大EMCJ2018-16 EMD2018-14
 [more] EMCJ2018-16 EMD2018-14
pp.1-6
EMD 2018-06-15
15:30
東京 機械振興会館 選好度付きセットベースデザイン手法を用いた伝送線路型フィルタの設計法に関する一検討 ~ (その3)フィルタ理論による設計との比較 ~
萓野良樹上 芳夫石川晴雄肖 鳳超井上 浩電通大EMD2018-12
 [more] EMD2018-12
pp.25-30
EMCJ, MICT
(併催)
2018-03-16
09:30
東京 機械振興会館 選好度付きセットベースデザイン手法を用いた伝送線路型フィルタの設計法に関する一検討 ~ (その2) メタモデリングに実験計画法を用いた場合 ~
萓野良樹上 芳夫石川晴雄肖 鳳超井上 浩電通大EMCJ2017-106
 [more] EMCJ2017-106
pp.7-12
EMCJ 2017-11-22
10:50
東京 機械振興会館 SRR構造を利用した線路上近傍磁界の抑制に関する検討
佐藤 陸秋田大)・萓野良樹電通大)・田中元志秋田大EMCJ2017-67
近年,電磁波を制御する技術としてメタマテリアルと呼ばれる人工材料を用いた研究が盛んである.本研究では,近傍磁界において低... [more] EMCJ2017-67
pp.17-22
WPT, EMCJ
(併催)
2017-11-21
10:30
東京 機械振興会館 選好度付きセットベース設計手法について
上 芳夫萱野良樹石川晴雄肖 鳳超電通大EMCJ2017-59
背反性を含む多種の要求性能を同時に満たす複数の設計パラメータを求める課題は広い意味での多目的最適化問題である.石川の選好... [more] EMCJ2017-59
pp.1-6
WPT, EMCJ
(併催)
2017-11-21
10:55
東京 機械振興会館 選好度付きセットベースデザイン手法を用いた伝送線路型フィルタの設計法に関する一検討
萓野良樹上 芳夫石川晴雄肖 鳳超井上 浩電通大EMCJ2017-60
 [more] EMCJ2017-60
pp.7-12
 85件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会