お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2017-10-05
16:40
長崎 長崎総合科学大学 非写実性と質感を考慮した絵画風画像の進化的生成
加藤洋明吉田大海飯國洋二阪大IE2017-55
 [more] IE2017-55
pp.49-54
MICT 2016-11-04
15:30
大阪 大阪国際交流センター IoT/ウェアラブルセンサに適用するエナジーハーベスティング給電技術の研究
五藤優貴加藤宏明平林伸太郎宮崎陶太畑 かおり川島 信中部大MICT2016-53
近年,IoT(Internet of Things)への注目が高まっている. IoT市場の拡大に伴い,これを形成するセン... [more] MICT2016-53
pp.29-34
EA 2015-07-03
11:00
東京 電気通信大学 創立80周年記念会館 超解像度を用いた音声信号復元の試み
西村竜一榎本成悟加藤宏明NICTEA2015-4
 [more] EA2015-4
pp.17-22
MVE 2014-10-10
14:20
北海道 洞爺湖文化センター 角膜イメージング法によるリモート注視点推定システム
沖野祐介大泉建人加藤大暁中澤篤志西田豊明京大MVE2014-48
視線情報はマーケティング・心理学・ユーザーインターフェース・コミュニケーション解析などの様々な分野の分析に多く利用されて... [more] MVE2014-48
pp.133-137
MVE 2014-06-07
15:00
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科棟 アクティブマーカを用いた注視判別システム
加藤大暁中澤篤志西田豊明京大MVE2014-11
視線情報はマーケティング・心理学・コミュニケーション解析などの様々な分野の分析に多く利用されている.様々なアプローチによ... [more] MVE2014-11
pp.117-122
IT 2012-07-20
09:30
愛知 豊田工業大学 一般化準巡回符号の探索とその計算量評価
丹山翔太松井 一加藤弘明豊田工大IT2012-17
 [more] IT2012-17
pp.51-56
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2012-06-15
09:30
宮城 東北大学 Nd2Fe14B/a-Fe界面における交換結合の評価
小川大介小池邦博山形大)・水上成美大兼幹彦安藤康夫宮崎孝道東北大)・加藤宏朗山形大MR2012-6
 [more] MR2012-6
pp.31-34
SCE, MW
(共催)
2012-04-20
13:50
東京 機械振興会館地下3階2号室 NMR検出コイル試作に向けたHTS薄膜のマイクロ波特性評価
佐藤秀哉本間拓也佐藤敬介渡辺真伸齊藤 敦小池邦博加藤宏朗大嶋重利山形大SCE2012-3 MW2012-3
NMR検出コイルを超伝導体で作製することによる測定感度の向上が期待されている。本研究ではNMR検出コイルの超伝導化に向け... [more] SCE2012-3 MW2012-3
pp.11-14
SP 2012-03-08
11:00
埼玉 理化学研究所脳科学総合研究センター 促音挿入判断に着目した韓国語母語話者による日本語促音の知覚特性 ~ 韓国語の濃音化との関連性を中心に ~
鮮于 媚上智大/早大)・田嶋圭一法政大)・加藤宏明NICT)・匂坂芳典早大SP2011-156
本研究の目的は日本語を母語としない話者が日本語の音声を習得する際の問題点を把握するとともに,その原因を探ることで日本語音... [more] SP2011-156
pp.7-12
EA, US
(併催)
2012-01-26
16:00
大阪 関西大学 [招待講演]3D音響技術の実用化へ向けた研究の現状 ~ 情報通信研究機構での取り組み ~
西村竜一榎本成悟加藤宏明カラン明子木村敏幸竹本浩典Parham MokhtariNICTUS2011-94 EA2011-112
立体音響技術の実用化に向けては,解決しなければならない研究課題が多くある.その中で,情報通信研究機構では,知覚的な側面と... [more] US2011-94 EA2011-112
pp.47-52(US), pp.49-54(EA)
EMM 2011-11-15
15:00
宮城 東北大通研 スペクトル距離相関と正中面音像定位の関係性
西村竜一加藤宏明竹本浩典Parham MokhtariNICTEMM2011-54
立体音響技術は,従来のステレオやサラウンド技術と比較して,より豊かな空間情報を音響メディアに与えることができ,コンテンツ... [more] EMM2011-54
pp.83-88
SP 2009-06-25
09:00
北海道 北海道大学クラーク会館 日本人学習者による英語のリズム制御におけるモーラの影響
中村 静早大)・加藤宏明NICT/ATR)・匂坂芳典早大/NICT/ATRSP2009-31
我々は、日本人学習者の英語音声におけるリズム制御に対する客観評価法について研究してきた。この研究の経過で、日本語を母語と... [more] SP2009-31
pp.45-50
EA 2008-12-04
14:45
福島 アルパイン ヘッドホン聴取時における外耳道伝達関数について
西村竜一竹本浩典加藤宏明NICT/ATREA2008-104
頭部伝達関数は,一般に外耳道をふさいだ状態における,音源から外耳道入口までの特性で与えられる.しかし,実環境と同じ聴感を... [more] EA2008-104
pp.19-24
SP 2008-10-23
17:00
熊本 熊本大 Model-based duration analysis on English natives and Thai learners
Chatchawarn HansakunbuntheungWaseda Univ.)・Hiroaki KatoATR)・Yoshinori SagisakaWaseda Univ.SP2008-62
This paper presents an English timing evaluation method to c... [more] SP2008-62
pp.37-40
EA 2008-08-05
09:30
宮城 東北大学 聴覚手がかりによる話し手の向きの知覚
加藤宏明竹本浩典西村竜一NICT/ATR
聴覚を手がかりとして話し手の向きがどれほどの精度で分かるかを調査した。無響室の中で,1名の男性話者が回転椅子にすわり,8... [more]
SP 2008-06-27
- 2008-06-28
北海道 北海道医療大 日本人英語学習者音声の時間制御特性客観評価
中村 静早大/ことばの科学研)・松田繁樹加藤宏明NICT/ATR)・津崎 実京都市芸術大)・匂坂芳典早大/ことばの科学研/NICT/ATRSP2008-28
日本語を母語とする学習者の英語音声に対する,タイミング制御客観評価モデルの検討結果を紹介する.客観評価には,これまで用い... [more] SP2008-28
pp.49-54
OFT 2007-01-26
10:05
三重 三重大学 プッシュプル伝送方式による光ファイバ波長分散歪みの補償性能
蟹江知彦加藤弘晃野呂雄一竹尾 隆三重大OFT2006-65
光ファイバ伝送で発生する波長分散二次歪みを補償するための簡易な方式としてプッシュプル伝送システムを提案し,このシステムに... [more] OFT2006-65
pp.65-70
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会