お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2011-10-17
15:50
海外 Udayana University, Bali, Indonesia ジオスペース探査ERG衛星計画
小野高幸東北大)・浅村和史JAXA)・三好由純名大)・高島 健JAXA)・平原聖文名大)・小原隆博JAXA)・笠羽康正熊本篤志東北大)・松岡彩子JAXA)・小嶋浩嗣京大)・塩川和夫関 華奈子名大)・藤本正樹JAXA)・長妻 努NICT)・ERGワーキンググループ SANE2011-74
 [more] SANE2011-74
pp.57-61
NC 2008-01-16
11:40
北海道 北海道大学(100年記念会館) SOM2のFPGA実装 ~ システムへの組込みを目指したアルゴリズム開発 ~
小埜貴之田中利康九工大)・田向 権東京農工大)・古川徹生九工大NC2007-103
高階のSOMであるSOM$^n$は,データを高階の積空間にマップする自己組織化アルゴリズムである.
SOM$^n$はデ... [more]
NC2007-103
pp.97-102
EA 2006-10-26
11:00
新潟 長岡技術科学大学 (新潟県長岡市) 超小型スピーカアレイを用いた円筒波合成法に関する検討
大野隆之穗刈治英島田正治長岡技科大)・大平郁夫アシダ音響
近年,欧州を中心に波面合成(Wave Field Synthesis:WFS)に
関する研究が盛んに行われている.
... [more]
EA2006-56
pp.7-12
RECONF 2006-05-18
15:15
宮城 東北大学 Matrix Processing Engineのメディア処理アプリケーションによる性能評価
大野隆行熊本大)・山崎博之ルネサステクノロジ)・飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大
近年,携帯電話やデジタルカメラなどの普及によりマルチメディアデータ処理における処理性能の向上が求められるている.株式会社... [more] RECONF2006-6
pp.31-36
EA 2005-10-21
12:30
石川 金沢大学角間キャンパス 密閉型スピーカと各種バッフルとの放射特性の検討
杉山 精東京工芸大)・大野隆之穂刈治英島田正治長岡技科大
スピーカの放射特性を解析する場合、通常無限大バッフルが使用されてきた。スピーカの正面前方の解析には十分であるが、側面ある... [more] EA2005-62
pp.31-36
NS, IN
(共催)
2005-03-04
13:50
沖縄 残波岬ロイヤルホテル(沖縄) インフォーマルコミュニケーションを支援するプレゼンス技術
小野孝之三村 和川原圭博森川博之青山友紀東大
分散オフィスや在宅勤務などが機能するためには,「顔の見えない」所にいる相手と信頼関係を構築することが重要であり,日常生活... [more] NS2004-296 IN2004-296
pp.259-264
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会