電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2020-12-22
10:00
ONLINE オンライン開催 不揮発メモリデバイスを対象とするデータベース演算の実行コスト測定方式に関する検討
吉岡弘隆合田和生喜連川 優東大DE2020-23
近年不揮発性メモリ(NVM)が注目を浴びている.SSD/HDDのように不揮発性でありながらDRAMのように高速にバイト単... [more] DE2020-23
pp.36-41
SIS, ITE-BCT
(連催)
2020-10-01
13:40
ONLINE オンライン開催 画素ごとに最適化した複数構造要素を用いたモルフォロジカル勾配に基づく画像の正則化
岡 広高・○棟安実治吉田 壮関西大)・中静 真千葉工大SIS2020-15
画像の正則化においてモルフォロジカル勾配を正則化項とし,さらにこれに用いられる構造要素を最適化し,画像復元する手法が提案... [more] SIS2020-15
pp.29-34
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2020-09-05
15:50
ONLINE オンライン開催 不揮発メモリデバイスの性能評価のためのマイクロベンチマークに関する初期検討
吉岡弘隆合田和生喜連川 優東大DE2020-14
近年不揮発性メモリ (Non-Volatile Memory (NVM)) が注目を浴びている.SSD/HDD のように... [more] DE2020-14
pp.7-12
ITE-BCT, SIS
(連催)
2019-10-24
15:30
福井 福井県国際交流会館 画素ごとの構造要素最適化を用いたモルフォロジカル勾配とTotal Variationに基づく画像の正則化
大原翔矢・○岡 広高棟安実治吉田 壮関西大)・中静 真千葉工大SIS2019-17
モルフォロジカル勾配を正則化項とし,これに用いられる構造要素を遺伝的アルゴリズム(GA)によって最適化し,画像復元する手... [more] SIS2019-17
pp.47-52
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター ソースルーティングマルチキャスト転送プロトコルの大規模網への適用性向上に関する一検討
妹尾龍馬熊川成正高橋 賢吉岡弘高NTTNS2018-235
ソースルーティングプロトコルは,柔軟なトラヒック制御を実現しつつ,そのスケール性により注目を集める転送プロトコルであり,... [more] NS2018-235
pp.249-254
IN, NS
(併催)
2019-03-05
13:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター 高スケール・高信頼なCLOS型スイッチファブリック制御アーキテクチャ
平澤崇佳小池良典吉岡弘高NTTNS2018-264
 [more] NS2018-264
pp.415-420
IN, NS
(併催)
2019-03-05
13:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター オープンネットワークOSにおける経路スケール向上に関する検討と実装
熊川成正平澤崇佳高橋 賢吉岡弘高NTTNS2018-265
多様なネットワークサービスを迅速に提供することが求められている.なかでもホワイトボックススイッチをはじめとした汎用装置は... [more] NS2018-265
pp.421-426
ICSS, IA
(共催)
2018-06-26
10:15
愛媛 愛媛大学 南加記念ホール 広域マルチサービスIP網の運用課題に対するSDN適用の一検討
福田亜紀入野仁志小池良典吉岡弘高NTTIA2018-11 ICSS2018-11
 [more] IA2018-11 ICSS2018-11
pp.67-72
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2018-06-08
11:10
北海道 定山渓ビューホテル 複数構造要素とその最適化を用いたモルフォロジカル勾配に基づく画像の正則化
岡 広高大原翔矢棟安実治吉田 壮関西大)・中静 真千葉工大SIS2018-7
画像復元のための先見情報としてモルフォロジカル勾配を用い,さらにその構造要素を遺伝的アルゴリズム(GA)によって最適化す... [more] SIS2018-7
pp.63-68
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 複数ノードの論理ノード化に関する高信頼化の一検討
平澤崇佳入野仁志吉岡弘高NTTNS2017-172
本稿では,従来キャリアを中心に用いられてきた専用装置を,Over The Topを中心に活用されているデータセンタ用途の... [more] NS2017-172
pp.27-32
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-27
09:55
福岡 九州工業大学 マルチ蛍光プローブポリマーフィルムを用いた匂いの可視化
上野翔太吉岡大貴佐々文洋林 健司九大MBE2017-70
現存の匂いセンサでは匂いの空間分布や痕跡形状を検知することは難しい.そこで,本研究では複数の蛍光プローブを含んだポリマー... [more] MBE2017-70
pp.25-27
NS, IN
(併催)
2017-03-03
11:40
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 仮想化ネットワーク適用に向けたホワイトボックススイッチ制御用ソフトウェアの実装
熊川成正入野仁志高橋 賢岩井隆典吉岡弘高NTTNS2016-195
キャリヤネットワークにおいてより柔軟な転送基盤を提供するため,任意のソフトウェアで制御可能なホ
ワイトボックススイッチ... [more]
NS2016-195
pp.217-222
MBE 2017-01-27
14:00
福岡 九州大学 分子認識蛍光マイクロビーズによる光学的な植物BVOC情報の測定
王 皓宇商 亮吉岡大貴佐々文洋林 健司九大MBE2016-69
 [more] MBE2016-69
pp.1-4
NS 2017-01-27
13:50
鹿児島 鹿児島市町村自治会館 分散処理における振分制御の効果の一評価
岩井隆典入野仁志吉岡広高NTTNS2016-152
NFV/SDNの進展により,従来の高機能装置に代えて,汎用ハードウェアを用いた汎用装置の大規模ネットワークへの適用の検討... [more] NS2016-152
pp.65-70
OCS, NS, PN
(併催)
2016-06-23
13:20
北海道 北海道大学 [奨励講演]複数の論理ネットワーク環境における経路集約アルゴリズムの一検討
横井俊宏齋藤公利高橋 賢吉岡弘高岩井隆典NTTNS2016-33
(事前公開アブストラクト) ネットワークの効率利用や運用性向上のためにVPN等の論理ネットワークを複数構築し、1つの共通... [more] NS2016-33
pp.29-34
NS 2015-10-15
10:00
秋田 秋田大学 リソース有効活用のための自動経路集約システムと障害復旧方式の提案 ~ NetroSphere構想実現に向けて ~
横井俊宏高橋 賢吉岡弘高岩井隆典NTTNS2015-87
 [more] NS2015-87
pp.1-6
MBE 2015-01-23
11:15
熊本 熊本大学 匂い可視化のための分子認識能を持つ蛍光ナノビーズの開発
岩田和也吉岡大貴劉 傳軍林 健司九大MBE2014-109
本研究において,我々は,周囲の匂いの空間情報を可視化するための匂い可視化システムを提案した.匂い可視化システムの匂い検知... [more] MBE2014-109
pp.83-88
MBE 2014-01-24
16:50
佐賀 佐賀大学 匂い空間のマルチスペクトルイメージング
吉岡大貴横山諒平劉 傳軍小野寺 武内田誠一中野幸二林 健司九大MBE2013-104
匂いは目に見えないが,危険信号として重要な情報を持つ.匂いは気体であるため,匂い情報として匂い物質の種類,濃度,空間分布... [more] MBE2013-104
pp.53-56
SDM, ED
(共催)
(ワークショップ)
2012-06-28
10:40
沖縄 沖縄県青年会館 [ポスター講演]Dependence of Schottky barrier height on the junction size of bcc-metal/n-Ge(111) contacts
Hirotaka YoshiokaKenji KasaharaToshihiro NishimuraShinya YamadaMasanobu MiyaoKohei HamayaKyushu Univ.
 [more]
NLC 2006-02-03
13:45
滋賀 ラフォーレ琵琶湖 相対表現からの統計情報の導出と提示
今岡裕貴桝井文人河合敦夫井須尚紀三重大
本論文では,動向情報の抽出と可視化を目的とし,同一文書からより多くの情報を導出するために,「相対表現」の役割について調査... [more] NLC2005-120
pp.37-42
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会