電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED, THz
(共催) [詳細]
2019-12-23
14:05
宮城 東北大学・電気通信研究所 水平寄生電流リークを低減することにより高出力THz QCLの進展
林 宗澤王 利理研)・王 科南京大)・平山秀樹理研ED2019-78
Terahertz quantum cascade lasers (THz QCLs) are a promising ... [more] ED2019-78
pp.9-12
KBSE 2019-01-26
16:05
東京 国立情報学研究所 複数レビューサイト間の整合性を利用したスパムレビュー検出法
姚 楚豪王 家宏児玉英一郎岩手県立大KBSE2018-51
近年,アマゾンや楽天市場,食べログに代表とされるユーザのレビュー情報を記載したサイトが広く普及している.購買行動に影響を... [more] KBSE2018-51
pp.49-54
KBSE 2018-03-01
10:00
沖縄 石垣市民会館 中ホール センチメント分析を用いたスパムレビューの検出手法
姚 楚豪王 家宏児玉英一郎岩手県立大KBSE2017-39
近年,楽天市場や食べログを代表とするユーザのレビューを載せているサイトが広く普及している.購買行動に影響を与える重要な要... [more] KBSE2017-39
pp.1-6
WBS, RCC, ITS
(共催)
2016-12-02
09:15
香川 サンポートホール高松 Pedestrian Positioning with the aid of Google Earth and Google Maps Street View
Haitao Wang・○Yanlei GuShunsuke KamijoUTokyoWBS2016-67 ITS2016-34 RCC2016-56
 [more] WBS2016-67 ITS2016-34 RCC2016-56
pp.113-118
NS, RCS
(併催)
2015-12-17
11:25
愛媛 松山市総合コミュニティセンター RAID技術を用いたオンラインストレージシステム
藤原貴正王 家宏児玉英一郎高田豊雄岩手県立大NS2015-132
近年のコンピュータやスマートフォン(以後,端末と呼ぶ)の普及により,個人で複数台の端末を所持するケースが増え,職場だけで... [more] NS2015-132
pp.31-36
ITE-ME, IPSJ-AVM, ITE-CE
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2014-08-01
10:20
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 顔認識と分類による安心情報システム
王 瀚崢青木恭太宇都宮大IE2014-23
本稿では,大規模避難により家族などが離れ離れになった時に,事前に顔画像を準備した場合及び事前の顔画像を準備なしの場合に顔... [more] IE2014-23
pp.7-12
NS 2014-01-24
09:50
沖縄 琉球大学 RAID技術を用いたセキュアオンラインストレージシステム
藤原貴正王 家宏児玉英一郎高田豊雄岩手県立大NS2013-172
近年,PCや携帯端末の普及により,個人で複数台の端末を所持するケースが増え,職場だけでなく自宅でもPCを使ってネット接続... [more] NS2013-172
pp.53-58
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2013-07-18
11:05
北海道 札幌コンベンションセンター Android OSにおけるアプリケーション導入時のユーザ補助システムの提案
小松勇毅児玉英一郎王 家宏高田豊雄岩手県立大ISEC2013-12 SITE2013-7 ICSS2013-17 EMM2013-14
近年スマートフォンと呼ばれる高機能携帯電話が世代を問わずに普及し始めている. スマートフォンが抱える問題として, 端末内... [more] ISEC2013-12 SITE2013-7 ICSS2013-17 EMM2013-14
pp.13-18
ET 2013-01-12
10:45
東京 東京農工大学(小金井地区) 学習履歴を基にした問題推薦手法の提案
加藤まい王 家宏児玉英一郎高田豊雄岩手県立大ET2012-70
教育現場には,学習の効率を向上させたいという要求が存在する.
しかしそのような学習の実現のためには,学習者の様々なデー... [more]
ET2012-70
pp.11-16
ED, LQE, CPM
(共催)
2012-11-30
09:55
大阪 大阪市立大学 DERI法を用いたInGaN系量子ナノ構造のRF-MBE成長
荒木 努上松 尚阪口順一王 科立命館大)・山口智広工学院大)・Euijoon Yoonソウル国立大)・名西やす之立命館大ED2012-78 CPM2012-135 LQE2012-106
 [more] ED2012-78 CPM2012-135 LQE2012-106
pp.55-58
CS, NS, IN
(併催)
2011-09-02
13:00
宮城 東北大学 電波漏洩の削減によるセンサネットワークのセキュリティ強化手法
孟 南王 家宏児玉英一郎高田豊雄岩手県立大NS2011-73
近年,センサネットワークが様々な分野に広く応用されるようになっている。そのため,センサネットワークにおける情報漏洩の問題... [more] NS2011-73
pp.79-84
CS 2011-07-08
11:15
沖縄 久米島 完全分散型P2P-Gridにおけるピアグルーピング手法の提案
羅 維金光永煥王 歓中里秀則早大CS2011-27
完全分散型のピア・ツー・ピア(P2P)システムによって構成するGridコンピューティング環境は,低コストで高いパフォーマ... [more] CS2011-27
pp.97-102
MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2011-03-08
13:05
長崎 やすらぎ伊王島 Web上の大量の写真を画像分類して提示する観光マップの提案
王 佳な野田雅文名大)・高橋友和岐阜聖徳学園大)・出口大輔井手一郎村瀬 洋名大IE2010-172 MVE2010-160
 [more] IE2010-172 MVE2010-160
pp.153-158
ICD 2010-12-16
15:10
東京 東京大学 先端科学技術研究センター [ポスター講演]CMOS技術を利用した不揮発フリップフロップの設計とFractional-N PLL周波数シンセサイザーへの応用
王 戈イ ジョン ギュウ桝井昇一東北大ICD2010-100
本発表では、Standard CMOSプロセスにより追加プロセスの必要がなく実現可能な不揮発フリップフロップ(NV-FF... [more] ICD2010-100
pp.31-36
IMQ
(第二種研究会)
2010-10-29
17:10
兵庫 宝塚大学(宝塚キャンパス) マルチメディアタワー 中国手話アニメーションの生成と評価 ~ 聴覚障害者の胃部レントゲン検査のための指示法について ~
王 佳佳桑原教彰森本一成京都工繊大
本研究では,医療の場でのコミュニケーションの中で胃部レントゲン検査に焦点を絞り、レントゲン検査技師と聴覚障害受検者とのコ... [more]
MVE 2010-10-22
11:00
北海道 とかちプラザ(帯広) ジオタグ付き写真を用いた風景カテゴリマップ作成手法の検討
Wang Jiani野田雅文名大)・高橋友和岐阜聖徳学園大)・出口大輔井手一郎村瀬 洋名大MVE2010-66
近年,ディジタルカメラの普及により,ユーザが撮影した大量のディジタル写真が,写真共有を行うソーシャルサイトにアップロード... [more] MVE2010-66
pp.79-84
AI 2010-01-22
10:00
東京 関学東京キャンパス 固定頻出パターン集合を持つシステムにおける頻出パターン決定時点の検出法の提案とその評価
李 思瑶王 家宏児玉英一郎高田豊雄岩手県立大AI2009-19
近年,データマイニングに関する数多くの研究が広く行われている.しかし,既存の研究は頻出パターンをいかに速く抽出するかに焦... [more] AI2009-19
pp.1-6
IE, ITS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
2009-02-05
10:50
北海道 北海道大学大学院 情報科学研究科 中心重点画像分割による色彩特徴量に基づく画像検索の比較と提案
王 克鎌原淳三神戸大ITS2008-62 IE2008-232
CBIR(Content-Based Image Retrieval)という,画像の内容に基づく画像検索技術に関する研究... [more] ITS2008-62 IE2008-232
pp.163-166
AI 2009-01-16
13:00
東京 関西学院大学 東京丸の内キャンパス 分散環境におけるサイト間の頻出パターンの関連性抽出に関する研究
畠山 陵王 家宏児玉英一郎高田豊雄岩手県立大AI2008-41
 [more] AI2008-41
pp.1-5
SANE 2006-05-26
14:20
高知 高知工科大学 On the accuracy of the empirical model for estimating forest biomass from K-distributed SAR images
Haipeng WangKazuo OuchiKochi Univ. of Tech.)・Manabu WatanabeMasanobu ShimadaJAXASANE2006-57
 [more] SANE2006-57
pp.1-6
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会