お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-02
13:50
愛知 名古屋大学(IB電子情報館) 端末の幾何学的配置構造を利用した非正則フレームレスALOHA
追永 大石橋功至電通大SeMI2019-124
逐次干渉除去を用いた既存のフレームレスALOHA方式では,全ユーザに対し共通の送信確率が与えられており,自律的な送信確率... [more] SeMI2019-124
pp.65-70
SR 2019-11-05
10:50
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]Received-Power-Aware Frameless ALOHA for Non-Orthogonal Multiple Access
Masaru OinagaShun OgataKoji IshibashiUECSR2019-84
 [more] SR2019-84
p.51
RCS 2019-06-21
10:20
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 確率的送信電力制御を用いた非正則繰り返しスロット化ALOHAのエネルギー効率を考慮した設計に関する一検討
岡部 亮追永 大尾形 駿石橋功至電通大RCS2019-87
非直交多元接続に基づく非正則繰り返しスロット化 ALOHA(IRSA-NOMA: Irregular Repetitio... [more] RCS2019-87
pp.291-296
RCS 2018-06-22
11:00
長崎 長崎大学 ZigZag復号可能な符号化スロット化ALOHA
追永 大尾形 駿石橋功至電通大RCS2018-71
本稿では,逐次干渉除去 (SIC: Successive Interference Cancellation) を用い... [more] RCS2018-71
pp.213-218
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会