お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
14:05
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]傾斜を持つ鋼板に対する空間周波数フィルタを用いた非接触式超音波板厚測定手法の評価
上前 舜神奈川大)・虻川和紀木更津高専)・佐藤智夫松本さゆり港湾空港技研)・干場功太郎土屋健伸遠藤信行神奈川大US2020-80
港湾施設で使用される鋼矢板の厚さ測定は,損傷や劣化などの形状変化による性能低下を検査するために必要である.水中港湾鋼構造... [more] US2020-80
pp.18-23
US 2020-08-26
13:25
ONLINE オンライン開催 空間周波数フィルタを用いた非接触式超音波板厚測定手法の実測データによる評価
上前 舜神奈川大)・虻川和紀木更津高専)・佐藤智夫松本さゆり港湾空港技研)・干場功太郎土屋健伸遠藤信行神奈川大US2020-21
港湾施設で使用される鋼矢板の厚さ測定は, 損傷や劣化などの形状変化による性能低下を検査するために必要である. 水中港湾鋼... [more] US2020-21
pp.5-9
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]二つのパラメトリックスピーカを用いたオーディオスポット形成における頭部による影響
袴田拓実干場功太郎土屋健伸遠藤信行神奈川大US2019-87
 [more] US2019-87
pp.95-98
US 2019-04-15
16:15
東京 電気通信大学 時間領域差分法と放物型方程式法を組み合わせた海洋内の長距離音波伝搬解析
峰島湖隆袴田拓実・○土屋健伸干場功太郎遠藤信行神奈川大US2019-7
 [more] US2019-7
pp.31-34
EA, US
(併催)
2019-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]鰾の有無がターゲットストレングスに与える影響の解析
藤井俊一干場功太郎土屋健伸遠藤信行神奈川大US2018-85
近年,魚の魚種や魚群量の音響計測において,高い周波数が使われる傾向にある.鰾を持つ魚(有鰾魚)では鰾の大きさや形状などが... [more] US2018-85
pp.31-34
EA, US
(併催)
2019-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]エアガンが生物に与える影響についての非線形性を考慮した音波伝搬解析
峰島湖隆藤井俊一干場功太郎土屋健伸遠藤信行神奈川大US2018-86
海底資源探査に用いられるエアガンは大出力かつ低周波の音源であるため,海洋を伝搬し生物に悪影響を与えることが懸念される.ま... [more] US2018-86
pp.35-38
EA, US
(併催)
2019-01-22
10:30
京都 同志社大学 [ポスター講演]周波数特性を考慮した二つのパラメトリックスピーカによる局所的可聴領域の制御
袴田拓実山下洋佳渡邉圭祐干場功太郎土屋健伸遠藤信行神奈川大US2018-91
 [more] US2018-91
pp.61-64
US 2017-08-31
10:25
神奈川 IHI 横浜事業所 広角PE法により求めた太平洋中緯度域における伝搬波形の位相ずれの検討
峰島湖隆藤井俊一土屋健伸遠藤信行神奈川大US2017-47
海洋のような長距離の音波伝搬解析には,放物型方程式法(PE法)が用いられる.PE法は有用な解析法であるが,適 切な近似を... [more] US2017-47
pp.7-10
US 2017-08-31
10:50
神奈川 IHI 横浜事業所 骨を有する魚からの散乱波の周波数特性解析
藤井俊一峰島湖隆土屋健伸遠藤信行神奈川大US2017-48
近年,魚種識別を行うため,より高周波の音波を使用されている傾向がある.高周波を使用すると,魚の大きさや形状以外の細かい内... [more] US2017-48
pp.11-14
US 2017-08-31
15:15
神奈川 IHI 横浜事業所 [招待講演]超音波研究を振り返って
遠藤信行神奈川大US2017-55
 [more] US2017-55
pp.47-52
EA, US
(併催)
2017-01-25
10:30
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 [ポスター講演]反転位相素子構成による超音波スピーカの放射方位制御
笹川陽祐土屋健伸遠藤信行神奈川大)・松本さゆり片倉景義港湾空港技研US2016-72
超音波を利用することで音波を直線状に放射することができる超音波スピーカは,その設置後に放射音場の位置を調整することが困難... [more] US2016-72
pp.1-4
EA, US
(併催)
2017-01-25
10:30
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 [ポスター講演]鰾を内包する魚体からの散乱波の角度依存性解析
藤井俊一土屋健伸遠藤信行神奈川大US2016-89
水中の物体からの散乱波は,大きさや形状,姿勢によって変化する.
水産音響の分野では,魚種の推定などのため,魚の姿勢角や... [more]
US2016-89
pp.91-94
US 2016-08-25
15:55
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 東工大蔵前会館 ロイヤルブルーホール 広角撮像向け分極反転配列送波器の近距離音場特性
佐藤智夫虻川和紀港湾空港技研)・土屋健伸遠藤信行神奈川大)・片倉景義松本さゆり港湾空港技研US2016-42
分極反転型配列送波器の自己収束現象を実験的に検討した.この送波器は隣接する素子の分極が反転しており,連続波駆動した場合に... [more] US2016-42
pp.23-28
US, EA
(併催)
2016-01-29
15:05
大阪 関西大学 100周年記念会館 集束超音波照射時の物理パラメータの温度依存性を考慮した温度上昇解析
波田野雄一毛利裕則沈 楽辰土屋健伸遠藤信行神奈川大US2015-103
超音波を生体組織に照射すると,超音波エネルギーの減衰による発熱で生体組織内の温度が上昇する.超音波を過度に照射すると,生... [more] US2015-103
pp.111-116
US, EA
(併催)
2015-01-29
09:50
京都 同志社大学 集束超音波照射時の生体ファントム内部の温度上昇に対する血流の影響
深澤昂太清水一磨波田野雄一土屋健伸遠藤信行神奈川大US2014-85
超音波診断装置の安全性の面から生体内の超音波による熱的作用について研究が行われている.近年,超音波診断装置の高性能・高出... [more] US2014-85
pp.59-62
US 2014-08-25
14:40
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス フォノニック結晶レンズの構造パラメータによる屈折率と集束音場変化の解析
土屋健伸清水一磨穴田哲夫遠藤信行神奈川大)・松本さゆり港湾空港技研)・森 和義防衛大US2014-37
負の屈折率を持つフォノニック結晶構造体は,高い分解能を有する音響レンズを作成することができる.フォノニック結晶構造体が負... [more] US2014-37
pp.25-28
US 2014-05-26
14:45
東京 機械振興会館 血流の熱搬送効果が生体ファントム内の温度分布に与える影響
深澤昂太清水一磨波田野雄一・○土屋健伸遠藤信行神奈川大US2014-11
超音波診断装置の安全性に関する研究として超音波による生体への影響の一つである熱的作用の調査がある.熱作用を正確に推測する... [more] US2014-11
pp.19-24
US 2013-11-23
15:35
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 音響レンズを用いた周囲雑音イメージングにおける過去5年の研究の概要
森 和義小笠原英子中村敏明防衛大)・土屋健伸遠藤信行神奈川大US2013-72
自然海中雑音を音源としてターゲット映像を取得する周囲雑音イメージングを実現するため非球面レンズを用いたプロトタイプシステ... [more] US2013-72
pp.25-30
US 2012-08-27
14:00
海外 釜慶大学校(韓国、釜山) 3D-Simulation for temperature rise in tissue mimicking phantom with bone
Nobuyuki EndohTakenobu TsuchiyaYu SakumaShin TanakaKanagawa Univ.US2012-39
 [more] US2012-39
pp.27-31
US 2012-08-27
16:40
海外 釜慶大学校(韓国、釜山) 四次元水中映像取得装置の開発
松本さゆり片倉景義港湾空港技研)・南利光彦日立)・武山芸英ジェネシア)・土屋健伸遠藤信行神奈川大)・野口孝俊国交省US2012-44
水中施工,水面下の構造物の検査,海洋開発等において,濁度や照度に左右されない音響技術による空間把握の可能な水中視認と同時... [more] US2012-44
pp.53-58
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会