お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-15
09:30
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 性能診断レポートにおける分析自動改善手法
内海哲哉齋藤悠司渡辺幸洋富士通研ICM2018-28
ICTシステムの運用者にとって,システムの状態や問題点などを分析した結果が分かり易くまとめられた性能診断レポートは,シス... [more] ICM2018-28
pp.21-26
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
11:30
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 非負値行列因子分解を用いた成分分解に基づく稼働データの傾向分析手法
齋藤悠司内海哲哉渡辺幸洋富士通研ICM2018-32
ICTシステムにおいて,CPU使用率等の稼働データを分析し傾向を把握することは,システムの改善検討に役立つ.その際,機器... [more] ICM2018-32
pp.45-50
SC 2013-06-17
16:50
東京 国立情報学研究所 決定木を用いたクラウドインフラ設定パラメータの自動生成
内海哲哉北島信哉菊池慎司松本安英富士通研SC2013-7
近年,増加し続けるユーザのリソース要求に応えるために,クラウドベンダーは多数のクラウドインフラを素早く正確に構築すること... [more] SC2013-7
pp.35-40
AN, USN, SR, RCS
(併催)
2010-10-29
09:30
大阪 大阪大学 パイロットとウィナーフィルタを用いる繰り返しチャネル推定のシングルキャリアHARQスループット特性
内海哲哉武田一樹安達文幸東北大RCS2010-128
複数受信ブロックにわたるサイズのウィナーフィルタをスライディングさせながらチャネル推定を行う,パイロットとウィナーフィル... [more] RCS2010-128
pp.139-144
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2010-03-05
09:00
神奈川 YRP 重畳型パイロットを用いるウィナーフィルタに基づくチャネル推定
内海哲哉武田一樹安達文幸東北大RCS2009-306
重畳型パイロットを用いるチャネル推定(SI-PACE)はフェージング変動への高い追従能力を期待できるが,データチャネルか... [more] RCS2009-306
pp.279-284
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会