お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LQE, CPM, ED
(共催)
2017-12-01
15:10
愛知 名古屋工業大学 Face to Face法アニールによる AlN極性反転構造の作製と疑似位相整合 SHGへの応用
林 侑介三宅秀人平松和政秋山 亨伊藤智徳三重大)・片山竜二阪大ED2017-67 CPM2017-110 LQE2017-80
 [more] ED2017-67 CPM2017-110 LQE2017-80
pp.87-90
ICM, LOIS
(共催)
2016-01-21
13:30
福岡 福岡工業大学 光の反射スペクトルを用いた農作物に関する成分分析指標の探索
峰友佑樹村上幸一香川高専)・佐鳥 新北海道科学大)・伊藤那知北海道衛星)・中西 充香川県農試)・三崎幸典香川高専ICM2015-26 LOIS2015-48
本論文では,露地栽培における生産管理・品質評価のために破壊検査およびサンプリングを必要としない成分分析指標の探索を行った... [more] ICM2015-26 LOIS2015-48
pp.1-6
LOIS, ICM
(共催)
2012-01-20
11:00
熊本 崇城大学 加速度センサを用いた歩行状態識別におけるケプストラム分析の有効性に関する一考察
伊藤智則上原聡介笠原弘樹早大)・市野将嗣電通大)・吉井英樹ソフトバンクテレコム)・鶴丸和宏甲藤二郎小松尚久早大ICM2011-38 LOIS2011-63
本稿では,3 軸加速度センサを用いた歩行状態(平地歩行,階段上り,階段下り)識別における音声処理で使われているケプストラ... [more] ICM2011-38 LOIS2011-63
pp.39-44
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2011-05-19
11:20
東京 東京理科大(飯田橋) ライフログ利活用サービスに対する配慮原則とその対応状況
伊藤智則早大)・吉井英樹ソフトバンクテレコム)・鶴丸和宏小松尚久早大SITE2011-4
ネットワーク機器や携帯端末の高機能化に伴い,ディジタル化された個人に関する履歴であるライフ ログを活用したサービスが注目... [more] SITE2011-4
pp.17-22
IPSJ-GN, LOIS
(連催)
2011-05-19
13:00
東京 NTT武蔵野研究開発センタ 加速度データの周期性に着目した歩行状態の識別に関する一考察
笠原弘樹伊藤智則早大)・吉井英樹ソフトバンクテレコム)・鶴丸和宏小松尚久早大LOIS2011-3
本稿では,携帯端末に搭載された3軸加速度センサを用いて,通常歩行(平地),階段上り,階段下りの3種類の歩行状態の識別手法... [more] LOIS2011-3
pp.21-26
IPSJ-GN, LOIS
(連催)
2011-05-19
14:00
東京 NTT武蔵野研究開発センタ 人物移動手段の推定における携帯端末の地磁気データの有効性に関する検討
上原聡介伊藤智則早大)・吉井英樹ソフトバンクテレコム)・鶴丸和宏小松尚久早大LOIS2011-5
本稿では,携帯端末の搭載機能として標準採用されつつある三軸地磁気センサ(電子コンパス機能を含む)から取得できる地磁気デー... [more] LOIS2011-5
pp.33-38
LOIS 2011-03-04
10:55
沖縄 石垣市IT事業支援センター(沖縄県) 加速度データのLPCケプストラムを用いた歩行状態の識別に関する一考察
白井隼人笠原弘樹伊藤智則早大)・吉井英樹ソフトバンクテレコム)・小松尚久早大LOIS2010-85
本稿では,3軸加速度センサを用いた歩行状態の識別における特徴量として,音声処理で用いられる分析手法であるLPCケプストラ... [more] LOIS2010-85
pp.119-124
SDM 2009-06-19
10:20
東京 東京大学(生産研An棟) Si酸化における界面反応の第一原理計算
秋山 亨三重大)・影島博之NTT)・植松真司慶大)・伊藤智徳三重大SDM2009-28
Si酸化における界面反応過程の詳細を第一原理計算に基づき解明した。ドライ酸化を想定したO$_2$分子での界面反応では、O... [more] SDM2009-28
pp.9-13
IN, RCS
(併催)
2008-05-30
16:25
東京 機械振興会館 フィードバック情報を削減したLDPC符号化ハイブリッドARQ方式
斉藤智徳東京理科大)・○大槻知明慶大RCS2008-14
 [more] RCS2008-14
pp.81-86
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会