お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2021-08-21
11:20
ONLINE オンライン開催 頭部運動機能を用いた複数人対話における対話参加者の主観的印象の予測
大土隼平横浜国大)・石井陽子NTT)・中谷桃子東工大)・大塚和弘横浜国大HCS2021-20
対話中に表出される頭部運動の機能と対話者の主観的印象との関連性を探るため,頭部運動の機能に関する特徴量を用いた対話者の主... [more] HCS2021-20
pp.19-24
NLP, CAS
(共催)
2014-10-17
09:20
愛媛 愛媛大学 自立心を持つ粒子群最適化による最短経路探索とその有効性の評価
石井陽子松下春奈香川大CAS2014-70 NLP2014-64
最短経路探索問題(SPP)は、グラフ理論において最も基本的な問題である。以前、従来法である粒子群最適化法(PSO)を使用... [more] CAS2014-70 NLP2014-64
pp.95-98
NLP 2013-10-29
16:45
香川 サンポートホール高松 自立心を持つ粒子群最適化を使用した複雑ネットワークの最短経路探索
石井陽子松下春奈香川大NLP2013-109
最短経路探索問題 (SPP) は、グラフ理論において最も基本的な問題である。本報告では、従来法である粒子群最適化法 (P... [more] NLP2013-109
pp.211-214
MVE 2006-09-12
14:00
北海道 北海道大学 Palm Display Interface: 情報の付加価値を生み出すインタフェース
石井陽子小林 稔NTT
 [more] MVE2006-48
pp.31-36
MVE 2005-09-02
14:00
北海道 はこだて未来大学 情報との出会いを演出する手の平表示インタフェース
石井陽子小林 稔中山 彰NTT)・細田真道NTT東日本
情報を雨にたとえ,情報が降り注ぐ様を床面に投影し,その情報の雨滴を手の平で受け止める動作を行うことで,ユーザの手の平へ情... [more] MVE2005-42
pp.89-93
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会