電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
14:35
高知 高知工科大学 鍵更新機能付き共通鍵型検索可能暗号の一実現方式
松崎なつめ穴田啓晃長崎県立大
 [more] ISEC2019-54 SITE2019-48 BioX2019-46 HWS2019-49 ICSS2019-52 EMM2019-57
pp.353-356
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
15:00
高知 高知工科大学 第9回バル=イラン大学冬季暗号学スクール参加報告
穴田啓晃長崎県立大
本技報では,著者が参加した第9回バル=イラン大学冬季暗号学スクールの内容を部分的にご紹介する.当該のスクールはイスラエル... [more] ISEC2019-55 SITE2019-49 BioX2019-47 HWS2019-50 ICSS2019-53 EMM2019-58
pp.357-361
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
16:10
東京 電気通信大学 群依存バンドル言語に対する非対話証明システム
穴田啓晃長崎県立大
本技報では,群依存言語の直積のバンドル言語を提案する.
次いで,バンドル言語に対する非対話証明システムを構成する.
... [more]
IT2018-114 ISEC2018-120 WBS2018-115
pp.243-248
ISEC 2018-09-07
10:20
東京 機械振興会館 ZKBooプロトコルのAND/OR合成について
穴田啓晃長崎県立大
ZKBooプロトコルはシグマプロトコルの一種であり,USENIX Security '16で発表された.発表以来,耐量子... [more] ISEC2018-53
pp.23-24
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-09
16:30
京都 京都産業大学むすびわざ館 複数の鍵発行権限機関がある設定における匿名属性認証スキーム
穴田啓晃長崎県立大)・有田正剛情報セキュリティ大
単一のユーザが複数の鍵発行権限機関からユーザの属性に対する属性証明書及びその鍵を付与される設定において,認証方式はそれら... [more] ISEC2017-59 SITE2017-41 LOIS2017-36
pp.63-70
ISEC 2017-05-12
10:00
東京 機械振興会館 鍵更新可能な検索可能暗号の一提案 ~ 検索可能代理人再暗号化の適用について ~
松崎なつめ穴田啓晃長崎県立大)・渡邉洋平電通大
検索可能暗号は,高機能暗号の中でも最も実用化に近い技術として盛んに研究されている.我々は,検索可能暗号におけるクライアン... [more] ISEC2017-1
pp.1-6
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
11:45
東京 東海大学 高輪キャンパス 対角線上証拠識別不可能な証明システム
穴田啓晃長崎県立大)・有田正剛情報セキュリティ大
本稿で我々は,証拠識別不可能な証明システムの並列合成の一種で,
証拠識別不可能の自由度が対角線上のみに限定された証明シ... [more]
IT2016-121 ISEC2016-111 WBS2016-97
pp.145-148
ISEC 2016-09-02
10:10
東京 機械振興会館 知識の証明のバンドリングとそのデジタル署名への応用
穴田啓晃長崎県立大)・有田正剛情報セキュリティ大
複数の知識の証明プロトコルを``バンドルする''ことを考察する.知識抽出機により抽出される各 witness が,タグと... [more] ISEC2016-39
pp.9-14
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2015-11-07
10:55
神奈川 神奈川大学 1号館804会議室 NTRUの群環を用いた拡張とその応用
安田貴徳穴田啓晃九州先端科学技研)・櫻井幸一九大
 [more] ISEC2015-52 SITE2015-39 LOIS2015-46
pp.103-109
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2015-07-02
10:15
愛知 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール Attribute-Based Two-Tier Signatures
Hiroaki AnadaISIT)・Seiko AritaIISEC)・Kouichi SakuraiKyushu University
属性ベース署名スキームは 2008年に Maji らによって提案されたデジタル署名スキームである.
メッセージは署名ポ... [more]
ISEC2015-9 SITE2015-7 ICSS2015-19 EMM2015-17
pp.1-8
IA, ICSS
(共催)
2015-06-12
11:30
福岡 九工大 百周年中村記念館 国際会議NDSS2015参加報告
穴田啓晃九州先端科学技研)・川古谷裕平NTTi3)・須崎有康産総研
国際会議NDSS (Network and Distributed System Security Symposium)... [more] IA2015-12 ICSS2015-12
pp.63-68
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-04
11:15
長野 信州大学長野(工学)キャンパス 同時発生的中間者攻撃に対し安全な2ラウンドの認証スキーム
穴田啓晃有田正剛情報セキュリティ大
我々は高い効率と強い安全性で特徴付けられる離散対数ベースの認証スキームを与える.実際,対話証明の効率の良さを保ちつつ,そ... [more] IT2009-76 ISEC2009-84 WBS2009-55
pp.31-38
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会