お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]日本人による英語自然発声を対象とした流暢さの高精度自動スコアリングの実現
安ヵ川彩乃安藤慎太郎紺野瑛介林 振超井上雄介齋藤大輔峯松信明東大)・斉藤一弥UCLEA2019-134 SIP2019-136 SP2019-83
世界的にアイデンティティや多様性が重視されるようになり, 語学のスピーキング教育においてもネイティブらしい発音より伝わり... [more] EA2019-134 SIP2019-136 SP2019-83
pp.189-194
PEM
(ワークショップ)
2019-11-18
- 2019-11-19
三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市観光文化会館) 28 GHz-Band Antenna-Coupled Electrode Electro-Optic Modulators for 5G Mobaile comunication Systems and Antenna Mesurement Systems.
Hiroto YokohashiMie Univ)・Sayaka MatsukawaAIST)・Yui OtagakiKing's college London)・Hidehisa ShiomiOsaka Univ)・Masahiro SatoYoshikazu TobaSEIKO GIKEN Co.Ltd)・Satoru KurokawaAIST)・Hiroshi MurataMie Univ
Antenna-coupled electrode electro-optic (EO) modulators oper... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
11:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン Relative entropy bounds for general quantum networks
Luca RigovaccaImperial College London)・Go KatoNTT)・Stefan BaeumlTU Delft)・M. S. KimImperial College London)・W. J. Munro・○Koji AzumaNTT
 [more]
MBE, NC
(併催)
2017-11-24
15:20
宮城 東北大学 実環境での車いす駆動中の上肢負担の評価に関する基礎研究
小林大亮渡邉高志東北大)・ニック タイラー鈴木立人U.C.L.MBE2017-48
 [more] MBE2017-48
pp.9-12
TL 2017-07-23
10:00
東京 国立国語研究所 Inflectional Directionality in Morphological Productivity
Yohei OsekiNYU)・Yasutada SudoUCL)・Hiromu SakaiWaseda)・Alec MarantzNYUTL2017-27
In this paper, we investigate a hitherto unexplored possibil... [more] TL2017-27
pp.73-78
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-17
09:55
沖縄 沖縄産業支援センター ヴァーチャルリアリティ空間でロボットの心を読みたくなる?
古見文一学振/神戸大/UCL)・アントニア ハミルトンUCLHCS2017-28 HIP2017-28
 [more] HCS2017-28 HIP2017-28
pp.183-188
MI 2017-01-18
14:15
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) Influence of Voxel-Connection Structure in Organ Segmentation Based on Conditional Random Field
Ying YangMasahiro OdaNagoya Univ.)・Kazunari MisawaAichi Cancer Center Hospital)・Daniel RueckertImperial College London)・Kensaku MoriNagoya Univ.MI2016-112
 [more] MI2016-112
pp.157-162
QIT
(第二種研究会)
2016-11-24
13:00
茨城 高エネルギー加速器研究機構 小林ホール [ポスター講演]ドット間斥力を有する2重量子ドット系の低エネルギー状態でのSU(4)対称性出現に関する考察
西川裕規阪市大)・オリバー カートンアレックス ヒューソンダニエル クロウヨハネス バウアーICL
 [more]
TL 2016-07-23
16:00
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス [招待講演]TBA
Yasutada SudoUCL
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2016-05-30
13:00
高知 高知工科大学永国寺キャンパス [ポスター講演]ユニバーサル線形光学回路の開発
松田信幸小熊 学井藤幹隆橋本俊和NTT)・Jacques CarolanChristopher HarroldChris Sparrowブリストル大)・Enrique MartinLopezNokia Technologies)・Nicholas J. RussellJoshua W. Silverstoneブリストル大)・Peter J. ShadboltImperial College London)・Graham D. MarshallMark G. ThompsonJonathan C. F. Matthews他 2名ブリストル大
石英系平面光波回路(PLC)を用い、経路符号化された光量子状態に対する任意に再構成可能なユニタリー変換回路を実現した。 [more]
MI 2015-03-03
16:48
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ 腹腔鏡下手術ナビゲーションにおける血管と臓器情報を用いた術中のレジストレーション手法に関する初期検討
林 雄一郎森田千尋名大)・ホークス デイビット名大/UCL)・三澤一成愛知県がんセンター)・森 健策名大MI2014-118
 [more] MI2014-118
pp.321-325
SR
(第二種研究会)
2014-10-30
- 2014-10-31
海外 I2R, Singapore [Requested Talk] Achievable Ergodic Secrecy Rate for MIMO SWIPT Wiretap Channels
Jun ZhangChau YuenSUTD)・Chao-Kai WenNSYSU)・Shi JinSEU)・Kai-Kit WongUCL
In this paper, we study the multiple-input multiple-output (... [more]
RECONF 2014-09-19
10:10
広島 杜の宿 CPU-FPGA環境におけるソフトウェア-ハードウェア混在パイプラインの構築
宮島敬明慶大)・デビッド トーマスインペリアル)・天野英晴慶大RECONF2014-27
Courier-FPGAは、CPU-FPGA環境でアプリケーション(バイナリ)の高速化を行う為のツールである。まず、実行... [more] RECONF2014-27
pp.57-62
RECONF 2013-09-19
13:25
石川 北陸先端科学技術大学院大学 PEACH2におけるパイプライン実行の検討
宮島敬明久原拓也慶大)・塙 敏博筑波大)・デビッド トーマスインペリアル)・天野英晴慶大RECONF2013-33
PEACH2 (PCI-Express Adaptive Communication Hub 2) は、筑波大学を中心と... [more] RECONF2013-33
pp.79-84
QIT
(第二種研究会)
2013-05-27
- 2013-05-28
北海道 北海道大学 [ポスター講演]A ferro-spin filter for photonic polarization qubits
Rikizo IkutaOsaka Univ.)・Sahin K. OzdemirWashington Univ.)・Mark TameICL)・Toshiyuki TashimaLMU/MPI)・Yoritoshi AdachiTakashi YamamotoOsaka Univ.)・Masato KoashiUniv. of Tokyo)・Nobuyuki ImotoOsaka Univ.
 [more]
RECONF 2013-05-21
15:10
高知 高知県民文化ホール TCAノードにおけるランタイムバイナリアクセラレーションの検討
宮島敬明久原拓也慶大)・塙 敏博筑波大)・デビッド トーマスインペリアル)・天野英晴慶大RECONF2013-18
我々は、Courierと呼ぶランタイムバイナリアクセラレーション(RBA)のためのツールチェインと、Trailblaze... [more] RECONF2013-18
pp.97-102
ITS, IEE-ITS
(連催)
2013-03-11
13:00
京都 京都大学 Simulation Studies on the Benefit of Route Guidance Generated from Imperfect Traffic Data
Zilu LiangUniv. of Tokyo)・John PolakImperial College London)・Yasushi WakaharaUniv. of TokyoITS2012-62
 [more] ITS2012-62
pp.37-42
QIT
(第二種研究会)
2012-11-28
13:20
神奈川 慶応大学 日吉キャンパス [招待講演]Electron and nuclear spin qubits using donors in silicon
Stephanie SimmonsUniversity College London
 [more]
CPSY 2012-10-12
11:10
広島 広島大学 OpenCVとGPUを対象としたラインタイムバイナリアクセラレーションの試作と評価
宮島敬明慶大)・デビッド トーマスImperial College London)・天野英晴慶大CPSY2012-37
ランタイムバイナリアクセラレーションは、実行中のバイナリ(実行ファイル)の解析結果を元に... [more] CPSY2012-37
pp.37-42
RECONF 2012-05-30
11:25
沖縄 沖縄県男女共同参画センター ランタイムバイナリアクセラレーションに向けたドメイン固有言語とツールチェインの提案
宮島敬明慶大)・デビッド トーマスImperial College London)・天野英晴慶大RECONF2012-22
計算集約的なアプリケーションは、該当部分をFPGAやGPUへ処理をオフロードす ることで実行時間を劇的に短縮することがで... [more] RECONF2012-22
pp.125-130
 37件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会